ちいさな日々の物語

パンやお菓子のおいしいお話、日々の出来ごとなど、ゆるゆる書いて
いきます。

あこ酵母のチーズクッペ

2017-08-28 | あこ酵母パン

午前4時すぎに、ぱっと目を覚ます。
と、かたわらのパン生地を確認。
このまま発酵を続けると、つぎに目が覚めたとき、
過発酵になっているかもしれない…。

とりあえず冷蔵庫へ入れておこうと、寝ぼけ眼でボオルを抱え、
そして、ふらふらしながらキッチンへ。^_^;

さ、もうひと眠りよ…。
またお布団にもぐり込んだ(笑)。

 

 


今回は、理想的な硬さの生地にこね上がり、
とても扱いやすく、成形もすごく楽ちんでした。

生地の両端を、あと2センチぐらい残してクープを入れると、
ふっくら形よく焼きあがったかもしれない…。



 

ジャンル:
パン
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« お野菜たっぷりヘルシーサンド | トップ | あこ酵母の ツナマヨネーズ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ななえさん)
2017-08-28 16:55:35
教えて下さ~い🎵冷蔵庫に・・とありますが
冷蔵庫に入れると、発酵を遅らせることができるのでしょうか?いつも一気に作らないとダメだと思い込んで時間が取れるときだけ焼いていました。もしかして冷蔵庫を利用すると、発酵時間を少し調整できるのかななんて思いました。でも空豆さんだからできるのかな?それから焼いたパンは、食べちゃうのですか?冷凍保存かなんかしておくのですか?いつも出来上がったパンをうっとり見ています🎵これからも楽しませて下さいね🎵
ななえさんへ (そら豆)
2017-08-28 19:00:54
え?教えてくださいって…(汗)。
パン教室で、プロのレッスンを受講されているななえさんから、
こんな質問をいただくとは、ちょっと意外でした(笑)。

こね上がった生地を冷蔵庫に入れ、ひと晩冷蔵発酵させてもいいし、
また、発酵の完了した生地を丸めなおして(パンチ)、冷蔵庫で休ませて
おくこともできます。
冷蔵庫で休ませておいたパン生地は、作りたい時間に合わせ、あらかじめ
室温に戻してから使います。翌日ぐらいなら大丈夫です。

それより、パン教室の先生に直接お聞きになった方がいいんじゃない?
きっと丁寧に、より正確に指導していただけることでしょう…。

焼き上がったパンは、
粗熱がとれたら即、フリージングすることが多いです。
(食パンはスライスして)
ほぼ焼き立てに近い状態が保てます。(^^)
ただ、あまり長く置くと冷凍やけするので、なるべく2週間以内に食べ
きるようにしています。

コメントを投稿

あこ酵母パン」カテゴリの最新記事