違憲下自衛隊 ⇔合法⇒菊印皇軍虎威借る狐「上官命令≒天皇陛下命令」前法2項刑法裁判⇒軍法裁判自民9条3項=後法優先削除同

違憲カジノ=政府利害関係者=背任罪=入場規制無⇔「市県府道民税・電気ガス水道完納」貧困ギャンブラー家庭子供生活環境保全無

退任安倍前首相が靖国参拝7年ぶり ⇔【位階令】品位保てなければ返上=無条件降伏天皇⇒人間11宮家消滅

2020年09月20日 | 尊敬される御先祖様と成るの

:電話回答:内閣府賞勲局答弁:「極東国際軍事裁判⇒゛日本国内の死刑判決では★無い”」 ⇔東条英機■【位階令】禁固三年以上⇒従二位失う!■【チダツ・勲章褫奪令】⇒金鵄勲章

◆『ホタル・火垂るの墓』戦火の下、親を亡くし、引き取り先の叔母と険悪な仲にあった14歳の兄と4歳の妹が、終戦前後の混乱の中を兄妹で独立して生き抜こうとするが、結果誰にも相手にされなくなり★栄養失調で無残な死・・・

■【位階令】第七條 有位者其ノ★品位ヲ保ツコト能ハス又ハ其ノ體面ヲ汚辱スル失行アリタルトキハ情状ニ依リ其ノ禮遇ヲ停止若ハ禁止シ又ハ位ヲ★失ハシム.

第八条 有位者死刑、懲役又ハ無期若ハ三年以上ノ禁錮ニ処セラレタルトキハ其ノ位ヲ★失フ

第十二條 有位者其ノ品位ヲ保ツコト能ハサルトキハ位ノ★返上ヲ請願スルコトヲ得

昭和天皇『ウィキペディア(Wikipedia)

 敗因に対する考え[

昭和天皇は戦後間もない1945年(昭和20年)9月9日に、栃木県奥日光疎開していた長男、皇太子の継宮明仁親王(現:上皇)へ送った手紙の中で、戦争の敗因について次のように書き綴っている。

★敗因について一言いはしてくれ 我が国人が あまりに皇国を信じ過ぎて 英米をあなどつたことである 我が軍人は 精神に重きをおきすぎて ★科学を忘れたことである・・・軍人が★バッコして大局を考へず 進むを知つて 退くことを知らなかつた(一部抜粋)[50]

 ◆跋扈(読み)バッコ×跋×扈 ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。

◆「軍閥の跋扈」 明治以後、軍事力を背景に政治的権力を掌握した軍上層部の勢力。薩摩(さつま)長州の出身者を中心とし、統帥権の独立などにより特権的地位を独占したが、★敗戦により崩壊

天皇の親拝停止[編集]【A級戦犯合祀問題】

昭和天皇は、戦後は数年置きに計8度、靖国神社に親拝したが、1975年11月21日を最後に親拝が行われなくなり、明仁も天皇在位中親拝を行わなかった。この理由については、昭和天皇が★A級戦犯の合祀に不快感をもっていたことを理由とする主張(合祀は1978年昭和53年)10月17日であり、昭和天皇親拝停止三年後である。)と1975年当時の三木武夫首相が同年の終戦の日の参拝の後、「総理としてではなく、星個人として参拝した」と発言した事を理由とする主張とがあった。昭和天皇が合祀に不快感をもっていたことを記録した★「富田メモ」や、内容を裏付ける★『卜部亮吾侍従日記』に基づき、松岡洋右と白鳥敏夫の合祀が天皇の親拝を妨げていたと考える説もある。

 ◆安倍前首相が靖国参拝 7年ぶり、退任「英霊に報告」2020年09月19日20時02分

 自民党の安倍晋三前首相は19日、東京・九段北の靖国神社を同日参拝したことを自身のツイッターで明らかにした。モーニング姿で昇殿して参拝する写真を添え、「16日に首相を退任したことをご英霊にご報告致しました」と午前中に投稿した。安倍氏の靖国参拝は首相在任時の2013年12月以来。

小泉氏ら4閣僚が靖国参拝 現職4年ぶり、政権最多―安倍首相は玉串料

 安倍氏は第1次政権で参拝を見送ったことを「痛恨の極み」とし、第2次政権発足からちょうど1年の節目となった13年12月26日に参拝。中国や韓国が猛反発し、当時のオバマ米政権も「失望」を表明した。
 それ以降、安倍氏は外交上の配慮を優先させ、春と秋の例大祭に祭具の「真榊(まさかき)」を、8月の終戦記念日に合わせて玉串料を、それぞれ毎年納めるにとどめてきた。首相の座から降りたことを受け、封印してきた宿願を果たした形だ。


コメント   この記事についてブログを書く
« IR応募サンシティ和歌山事... | トップ | 「0.1%の奇跡!逆転無罪ミ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

尊敬される御先祖様と成るの」カテゴリの最新記事