散歩しながらバードウォッチング

夫婦で公園を散歩しながらの気軽な野鳥観察をはじめました。

夏の海岸

2019年09月13日 | 水辺の鳥

8月末、珍しいカモメの情報がネットに掲載され、急遽でかけることにしました。
場所が不明のため、地図を見ながらその地域の漁港を数か所ピックアップして出発。
現地2番目に訪れた漁港で運よくプロミナーをのぞいている方に出会い、その方に尋ねたところ、この漁港で間違いないらしい。「やった!」。
しかし喜び もつかの間、今日はこの場所では見当たらないということで「がっかり!」しかもテトラポットは遠く双眼鏡で探すのも困難。
海岸の方にいる可能性もあるとのことで、海岸に向かうと、そこはちょうど干潮にあたり一面に干潟が広がっていました。
見回すとはるか遠~くにウミネコの集団がおり、どうやらこの中にいるらしい。
しかし、この距離では判別不能のため、とりあえずその群れをカメラに収め、満潮になるまで4時間待機。「暑い!」
待機中、ミサゴやハヤブサ、ダイシャクシギ、キアシシギ、ソリハシシギなどが現れました。
しかし、満潮になっても、近くにできた中州には数羽のウミネコが飛んできただけでした。「残念!」(2019.8.26)

 


ミサゴ

 

 


ハヤブサ

 

 


ダイシャクシギ

 

 


キアシシギ

 

 


もう笑うしかないほど遠いワライカモメ

 

 


トリミング

 

 


セイタカシギ

 

 


セイタカシギ

 

 


アマサギ

この記事についてブログを書く
« コシジロウズラシギ | トップ | コウノトリ、コモンシギ »
最新の画像もっと見る

水辺の鳥」カテゴリの最新記事