大宮蕨通信-The Orange Time-

大宮アルディージャについていろいろと・・・

第19節vs川崎フロンターレ

2012-07-29 22:53:42 | サッカー

等々力陸上競技場で行われた(28日)試合は、川崎フロンターレ-1大宮アルディージャで負けてしまいました。

前半、立ち上がりから攻勢に出たアルディージャ19分カルリーニョスクロス、飛び込んだ長谷川シュートはそのままゴールに吸い込まれ先制します。ところが、前半ロスタイム中途半端な守備からこぼれ球を押し込まれ失点、前半を折り返します。

後半、47分、急襲を止められずPKを与え失点してしまうアルディージャ。ここから何とか反撃にでなけければならない場面でしたが、「前へ」の力は生まれず、逆に、69分、71分失点、負けてしまいました。

まず、前半ロスタイムの失点、自陣から遠ざける守備をしなければならないのに、無理に繋ごうとするあまり逆に自陣に引き込む守備。次に、フリーでも前向かない消極的な攻撃。まったくもって「プロ意識」の低い試合だったと思います。

コメント

第18節vsヴィッセル神戸

2012-07-15 00:56:31 | サッカー

NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ2-2ヴィッセル神戸ドローでした。

前半リズムよく試合を進めるアルディージャ20分、隙を突かれ失点、先制を許してしまいましたが、26分、CKのこぼれ球を清水が押し込みゴール(リーグ戦プロ初ゴール)、前半を折り返します。

後半攻勢に出た神戸に押し込まれる場面を作られるも自分たちのリズムを崩さないアルディージャ67分片岡クロスのこぼれ球を渡部が豪快に叩き込みゴール(プロ初ゴール)、逆転に成功します。2人の初ゴールを何とか勝利で祝いたいアルディージャでしたが、74分に痛恨の失点、そのままドローに終わりました。

オリンピックに向けてを添えてやろうというベルデニック監督を塗った・・そんな試合だったと思います。チャンスはことごとくつぶし、(東の)攻守の切り替えの悪さでできたスペースを使われ失点(74分)。本当に調子が悪いのか、怪我を恐れたのか、残念な結果でした。

それでも、2人(清水、渡部)の初ゴールは嬉しかったです。特に渡部選手ユース時代から応援してきただけに嬉しかった。生で、目の前で観れました。

コメント

プリンス関東2部vs八千代高

2012-07-08 20:00:49 | ユース(サッカー)

NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャユース-1八千代高校で勝利しました。

前半、やや相手にボールを持たれながらも自分たちのリズムで試合を進めるアルディージャユース14分大山スルーパスに反応した中山が飛び出し先制すると、44分にも大山からのボールを中山が持ち込みゴール、前半を折り返します。

後半48分、中山ハットトリックとなるゴールを決め、さらに53分にはPK(得点菊池八千代GKレッドカード)を獲得し4-0としたアルディージャユース。しかし、これで落ち着いてしまったのかミスからピンチを招くシーンが目立ち始めると85分失点、試合はそのまま逃げ切り勝利はしたものの少し後味が悪いものになってしまいました。

結果的には快勝でしたが、最後の失点が気になります。4-0ですから「時間を使いながら・・・」は分かりますが、とにかくリズムが悪い、これが今シーズンの失点パターンだけに課題です。

FW 中山 大山

MF 菊池 中家 溝口 小野

DF 高野 髙山 鯉沼 山崎

GK 川田

得点 14分中山 44分中山 48分中山 53分菊池 85分失点

交代 中山→小澤

    菊池→林崎

    大山→小島

    溝口→菅原

    高野→飛奈

コメント

第17節vs鹿島アントラーズ

2012-07-08 00:46:26 | サッカー

カシマサッカースタジアムで行われた試合は、鹿島アントラーズ-0大宮アルディージャで負けてしまいました。

前半、良いリズムで試合を進めるアルディージャでしたが、決定的場面を何度か作るも決めきれず前半を折り返します。

後半、前半同様リズムは良くても決定機を決めることができないアルディージャ74分、思わぬ落とし穴がありました、オーバーラップしてきた相手選手を捕まえられず失点してしまいます。何とか同点、逆転を狙いたいアルディージャでしたが、相手好守にも阻まれ負けてしまいました。

決定機に決めれないと得てしてこういう試合になることが多い・・セオリー通りの試合になってしまいました。「もったいない」試合だったと思います。

コメント

第16節vs清水エスパルス

2012-07-01 01:11:27 | サッカー

NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ-0清水エスパルスで勝利しました。

前半清水サイド攻撃苦戦を強いられるアルディージャ。何度か決定的場面を作られますが、江角の神がかった好セーブにも助けられ前半を折り返します。

後半、前半同様思うようなサッカーができないアルディージャ57分に早々とラファエルを投入し打開を図りますが、清水固い守備を崩すことができません。引き分けムードが漂い始めた90+1分ラファエルスルーパスに反応したのは渡邉大剛、GKの股下をすり抜けたボールはそのままゴールに吸い込まれ決勝ゴールアルディージャが勝利しました。

チャンスは潰すは、守備はしないは、全く覇気のない(これでロンドンに行くつもり?)ではなく、チョ・ヨンチョルを下げたことで、難しい試合をさらに難しくしてしまいました。それでも今日は90分「前へ」姿勢を忘れませんでした。それが勝利につながったと思います。

コメント

広告17

広告

e87.com(千趣会イイハナ)

広告6

ビックカメラ.com