崇教真光ゆるツッコミ

カルト的宗教団体・真光の教義や御守護談にチクッとつっこみます。気まぐれ不定期更新。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

陽光子祈言集変更箇所

2014-05-26 11:13:44 | その他
 陽光子祈言集の内容が2013年1月、20箇所変更されました。一部をご紹介します。

モウシェ釈迦 イエス孔孟皆共に
 主神拝めし権化なりけり


 『拝めし→崇めし』に変更。
 拝む(祈る)事と崇める(この上ないものとして扱う)事では、かなり意味が違います。ス神をより尊いものとして印象付けるために変更したのだと思います。それにしても、えらく傲った内容の歌ですね……。



如何ならん 世に役割を持つとても
 片時把えて真光かざせよ


 『把えて→捉えて』
 “忙しくてもちょっと時間のある時を見つけて”という意味なので、ただ“つかまえる”という意味の「捉」より、“ちょっと取る”というニュアンスを含む「把」の方が、この歌には相応しいと思いますが……なぜ変えたのでしょう。



巡礼よ 真のメッカは陽霊(ひ)の元ぞ
 五十主住川(ヤソスズがわ)の音に耳立て


 『真のメッカは→真の聖地は』
 これまた傲った内容の歌ですが……“メッカ”を削除とは、回教の方から何か言われたのかもしれませんね。

 それにしても和歌の形式で書かれたものを、しかも祖師(教祖)が書いたものを、他人が変えてしまっていいのでしょうか。教え主様が御伺いを立てたのかもしれませんが、それを他の人間が確認する術はありませんし、教え主様の判断で許可を出して変えてしまったのだとしたら、救い主様も軽んじられたものです。
 真光研修用テキストも昔の物と比べると、あちこちに変更、削除、追加がされています。こうして少しずつ変わっていって、数十年後には教義自体が変わっているかもしれませんね。
 因みに陽光子祈言集は現在は縦書きですが、昔は半分以上(神歌の部分)が横書きでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 非常識な人々・2 | トップ | こちらの方が“護り”かも »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事