大分大学と大分大学医学部医事課から嫌がらせを受けています。

治療に通っているだけなのにこんな目に遭いました。本当に最低な大学です、偏差値全国最低が全てを表しています。

あおり運転にはドライブレコーダー、大分大学には隠しカメラ 翔んで大分県

2019-08-20 13:25:30 | 医療問題、医療ミス、国立大学、大分大学、ハラスメント
今回もブログにアクセスありがとうございます。

読み終わりましたら必ず拡散をお願いします。

毎週ブログ更新をしますので宜しくお願いします。



大分大学不足(附属)ふそく(ふぞく)病院は今回も不祥事を公開していない。

大分大学ふそく病院はひらがなでてんてんが有ると無しでは全然違う。

大分大学不足病院は医師資格を持つ連中はたくさん居るがまともな医師は極わずかだ。

医師の数だけ揃えていれば国立大学として国からの補助金が満額貰えるからである。

医師の経歴、犯歴など一切関係ない。

大分大学不足病院に来る医師は誰でも良いのだ。

落第医師から普通の医師まで多種多様である。

名医は全くいない、居るのは迷医である。

それも国立大学医学部偏差値全国最下位と医師、学生のレベルと人間性が全て原因である。

それに大分大学を牛耳る北野正剛と津村弘が最大の問題点である。

北野、津村は九州大学卒業であるが問題を解決する能力が全くない。

九州大学を追い出されて国立大学偏差値最下位の大学に救われた運が良いだけの両者である。

その結果、大分大学附属病院から大分大学不足病院に名前を改名するべきだ。



大分大学の世界では通用しても世間では通用しない事を大分大学に今教えないといけない。



現在、世間を騒がしている「あおり運転の宮崎容疑者と喜本奈津子容疑者」は大分大学の北野正剛と津村弘及び大分大学と同類である。



あおり運転にはドライブレコーダー、大分大学には隠しカメラが必要である。

すぐに脅して来る、また顧問弁護士である河野浩もすぐに脅して来る。

その全てを記録に残す為に隠しカメラが必要である。



大分大学学長と副学長は変な所で呼吸があっている馬鹿コンビである。

あおり運転の宮崎容疑者は逮捕寸前に警官に囲まれた際にあおり運転の際に助手席に同乗していた喜本容疑者の名前を何度も呼んだ。

北野正剛も津村さん、津村さんと叫ぶのだろうか?

津村弘も北野さん、北野さんと叫ぶのだろうか?

何か問題があると北野正剛は「津村さん手を繋いで」津村弘は「北野さん手を繋いで」と叫ぶのだろうか?

往生際の悪さはあおり運転の宮崎容疑者とそっくりだ。

私からこれだけ公表されているのに大分大学からは全く公表をしない。

宮崎容疑者はあおり運転をする際に標的を模索していたようだ、そして狙うのがソフトターゲットである。

ソフトターゲットを狙う行為は大分大学と同じである。

大分大学のソフトターゲットとは弱い立場の患者たちである。

大分大学北野正剛と津村弘、医事課と顧問弁護士河野浩らは弱い人物(ソフトターゲット)には脅し嫌がらせをしてくるが権力がある人物及び反社会勢力にはお腹を上にして甘える猫状態になる。

卑怯極まりない連中であり、行為である。



これが全国偏差値最下位の大分大学の現状だ。

今までは脅し嫌がらせをすれば被害者が泣き寝入りをしていたが私の場合はネットに大分大学の医療ミス、不祥事を公表したので表向きには何も反論出来ず恥ずかしい事から医療ミスまで公表されても黙り込むしか出来ない馬鹿大学である。

上司が馬鹿だと不倫、淫行から金銭問題、医療ミスまで公表される。

私が不祥事を起こした人物らの名前を実名でブログに公表した後に津村弘が名前を出された人物らの事情聴取しているようだが不祥事は一切公表しない。

宮崎と言えば大分大学不足(附属)病院整形外科にも業者からの寄付金を流用している人物が居た。

私が指摘した事が虚偽であるならば名誉棄損で訴えれば良いが全て真実なので訴える事も出来ないし無能な顧問弁護士がいるだけで何も出来ない。

この弁護士は大分銀行の顧問弁護士でもある。

大分の大学、銀行は無能な弁護士を顧問弁護士として雇う、これが大分の風土である。

仕事のできない人物を雇用するのも大分の風土である。

だから大分県は全ての項目で最下位が大好きである。



宮崎容疑者のあおり運転画像の次に大分県玖珠で夜間軽がトラックをあおり運転しているのが全国に流れている。

トラックが止まると軽の運転手は鉄の棒を持ってトラックに近寄って来た。

トラック運転手はドライブレコーダーで録画している事、警察を呼んだ事を軽運転手に伝えると軽運転手は逃げた。

逃げるくらいならあおるな。

軽がトラックをあおって事故になった際に結末がどうなるのか?考えないのか?

被害が大きい方がトラックより小さい軽だと分かっていない!!!

ただ、心配なのはあおり運転をされて警察を呼んでもここは大分県大分県警が来ると言うことだ。

全国ワースト5の警察が来るYAYAYAだ。

昼間でも仕事をしない大分県警は夜間だと一段と仕事をしない。

夜10時を過ぎるとおねむの時間になるのだろう。

また、大分県庁で職員が好意を持つ女性の車に10数箇所傷を入れて判決が出ても懲戒免職にならないのが大分県。

これが大分県。

翔んで大分県だ。

コメント   この記事についてブログを書く
« 大分大学で殺された患者お盆... | トップ | 国立大学医学部偏差値は都道... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

医療問題、医療ミス、国立大学、大分大学、ハラスメント」カテゴリの最新記事