大分大学と大分大学医学部医事課から嫌がらせを受けています。

治療に通っているだけなのにこんな目に遭いました。本当に最低な大学です、偏差値全国最低が全てを表しています。

医療ミス、人権侵害を告発したら大分大学から嫌がらせを受けています、脅されています。

2018-06-10 01:38:58 | 真実、事件
また、大分大学トップたちは陰で嫌がらせや押さえつけをしています。

副学長兼整形外科教授のツムラ君は自ら手を出すと私から指摘がいくので、

部下に命じて色々しています。

まるで日大アメフト監督と同じです。パワハラで押さえつけです。ツムラ君=日大アメフト監督内田だ。

上層部は医療ミスを隠し、医療ミス情報リークは部下である医師を疑い、医師は医師で医療ミスを犯し、

医療ミスを隠して色々する上層部の間違いについて意見を言うことができない。

大分大学は学生に学問を教える機関であるが大分大学がしている事は偏差値全国最下位の学生はいずれ

医療ミスを犯す事を考え医療ミスを完全に隠す方法を学生の時から教えている。

学問など教えていない、だからレントゲン、MRI画像診断出来ない医師が多い。

部下を信じれない大分大学トップスリーはかわいそうであり、部下を信じることができないのであれば直ちにトップを辞めるべきだ。

日本医療機能評価機構(医療ミスを届ける機関)の内容を見るにはIDとパスワードが必要だ。

それらを持ち合わせているのは下っ端の医師や職員ではない。つまり私の担当医たちには見る事が出来ない。

普通に考えればそれぐらいの事はわかるはずだが頭の悪い北野正剛や津村弘、門田淳一らは全く理解していない、頭の悪さを露呈している。

日本医療機能評価機構の内容を知っている私は大分大学の下っ端から内容を知り得たのではない。

日本でも有数な調査機関から情報をすべて得ている。

いずれ裁判の場にそれらの資料を提出すれば裁判官もびっくりすることになるだろう。

再三大分大学トップスリーには辞表と退職金をかけて勝負をしようと伝えているが未だに回答なし、

しかし影ではこそこそと女の腐ったように未だに色々している。

これが教壇に立つ教授や学長のすることであろうか?

教授や学長なら大学職員や医師たちのしたことに対して責任を取る立場にあることをわかっていない。

上司とは責任を取るのが職責である。

いくら偏差値が全国最下位の大学とは言え教授や学長がバカでは仕方ない。

偏差値最下位の大分大学ではまた医療ミスが起きることは間違いない、そしてそれを馬鹿なトップたちが隠すのだろうがそうはさせない。

それで裁判にでもなれば私のブログに大分大学のことをいろいろ書いていることが大分大学がしてきたこととして証拠としてネットに残っていることが全ての証拠となる。

それが今後起きる大分大学医療ミス裁判の参考資料になるだろう。

そのことも顧問弁護士河野浩氏が大学に対して何も助言していないのだろう。

きっとこの顧問弁護士も世間を騒がせている日本大学の出身ではないかと思う。

少しは顧問弁護士として当たり前の仕事をしてほしいものだ。

この顧問弁護士は私の前彼女が大分銀行支店長にレイプされた事件の際に私を脅して失敗をした。

それでクライアントの大分銀行人事部長に土下座をさせた顧問弁護士である。

口は災いの元と言うことを全く知らない。

顧問弁護士料も税金から払われています。無駄使い。

いつも脅すだけではなく有言実行で私のことを訴えたらどうですか期待してますよ。

最近の大分大学の不祥事と言えばほとんどが整形外科である。

その整形外科のトップである教授が津村弘氏ことツムラ君である。大分大学副学長でもある。

その教授兼副学長が全く責任を取らない。

責任を取らないだけではなく不祥事を隠して告発をした私に対して嫌がらせや脅しを陣頭指揮している。

学長の北野正剛氏もしているはず。

淫行で逮捕され解雇された医師、人権侵害をした医師、ふざけながら手術をして全身マヒにして逃げた医師、適当に手術をして患者の体内にガーゼを残した医師、

すべて整形外科教授兼大分大学副学長津村弘氏の部下であるが津村弘氏は一切の責任を取っていない。

その上司の学長、北野正剛氏も同様である。

その上、告発をした私に対し嫌がらせを継続している。

私を脅し嫌がらせを続けている医事課相談員櫻木孝雄は現在も大学病院正面玄関受付に入る。

普通お客さん(患者)に対して問題を起こした関係者は配置換えをするのが当たり前だが、医事課課長代理高山千寿子、大分大学学長北野正剛等に対してクレーム及び配置替えを要求したが改善されない。

それどころか櫻木孝雄がいる受付を正面玄関真ん前に新設置したのは、私に対する最大の嫌がらせを継続していることだ。これは大分大の嫌がらせしか思えない。

その上、いつも仕事らしき事をしていない。いつも隣にいる守衛と話しをしている。

大分大学トップにいくら言っても無駄、大分大学は仕事をしない関係者に無駄に賃金を払い、退職金を払っている。

税金の無駄使いだ。

偏差値最下位の大分大学医学部を受験する際はストレートで合格しない限り、医師になる資格がないと言う法律を作ってもらいたいものだ。

この法律が出来れば少しは不良品医師が減ると思う。

偏差値全国最下位の大学にストレートで合格できない学生には医師になる資格事態が無いと思う。

ストレートで合格できないなら頭の容量がオーバーしているのでその人に命を預けるのはとても怖い事である。

九州大学、長崎大学から大分大学に左遷?で来られ、現在学長、副学長兼整形外科教授、病院長をされている方々の

大分大学に対する愛情を見れば分かる事だ。

とにかく自分の肩書だけを大事にして、患者さんの命など軽視している。

患者さんあっての病院、大学と言う事を無視している。ここは国立大学です。

私利私欲の病院ではありません。

大分大学の医師、看護師、職員等も大分大学トップたちに意見具申しろよ!!!!

日大と同じでトップたちが人事権等を行使してるのでトップたちに対して文句が言えない。

学長、副学長、教授、病院長は死語だと思います。

昔なら学長、副学長、教授、病院長から何か言われると、水戸黄門が印籠を出したように感じたかもしれないが?

現在は声をあげて言える世界です。

現に私の事を生活弱者と馬鹿にしていた大分大学トップ連中や医事課連中は何も出来ない状況です。

出身校の違いですかね?頭の内部組織の違いですかね?常識の違いですかね?

大分大学だけに馬鹿に付ける薬はない、また「新薬も」存在しない。

大分大学で自分たちに投薬できる新薬を開発すればノーベル賞もらえるかもね?

イグノーベル賞も無理です。

馬鹿な自分たちに「述べる賞」なら貰えるかもね





全国で左遷されている医師の方々は大分大学に来ればそこそこのポジションにつけますよ。

国立の大学病院であれば全国どこでも給料は変わらないはず、それならば楽に仕事ができる大分大学附属病院にすれば間違いない。

大学に内緒にしてバイト先に入りびたりしていても給料を払ってくれます。

おまけに、医療ミスをして逃げる際にも退職金を払い、医療ミスを隠してくれます。

日本医療機能評価機構にも医療ミスを届けず隠してくれます。

大分県民としては困りますが。

クーデターを起こしてトップや経営陣を斬首しないと大分大学は最下位のままです。

大分大学の医師や職員の方がたは他の大学や中央官庁が大分大学の事をどのように評価しているのか?

知っているはずです。

追伸

ツムラ君、どうしても責任を取らないのであればせめて肩書きを1つにしたらどうですか?

整形外科教授か?副学長か?



ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« 大分大学の医療ミスを告発し... | トップ | 貴方たちには辞める資格があ... »

コメントを投稿

真実、事件」カテゴリの最新記事