つれづれなる日々♪

アンティークが大好き♪オメガと中国時計が大好きでコレクションをしてます。

オメガCAL265

2017-09-30 18:01:33 | オメガ

ブラックダイヤルにスモセコと精悍な文字盤です

裏ブタはスナップケース

ムーブメントはCAL265

15石シリアルナンバーより1950~52年位でしょうか。

30ミリキャリバーの基本のムーブメント

コメント

楽天青山が今季初勝利、日本ハム新人堀は初黒星

2017-09-30 07:02:48 | Weblog

 

写真試合後、ナインとハイタッチする松井裕(右)(撮影・黒川智章)  
試合後、ナインとハイタッチする松井裕(右)(撮影・黒川智章)  

<日本ハム0-3楽天>◇29日◇札幌ドーム



 先発は28年ぶり高卒新人投手の対決。楽天が2回アマダーの23号ソロで先制した。日本ハムは3回まで2度満塁も無得点。


 楽天は3回以降追加点を挙げられず。日本ハムは5回2死満塁の好機に代打近藤が一ゴロに倒れ無得点。堀は5回1失点で降板。


 楽天は1-0の8回に茂木の17号2ランでリードを広げた。2番手の青山が今季初勝利、松井裕が33セーブ目を挙げた。日本ハムは5度の満塁の好機を生かせず、0封負けで堀が初黒星。

コメント

NPB通算10万号はオリックスのマレーロ!自身のベース踏み忘れのおかげで100万ゲット

2017-09-30 06:55:37 | Weblog

 

写真オリックスのマレーロ
オリックスのマレーロ
◆ 奇跡的な巡り合わせ!

 野球ファン注目の一打を放ったのは、シーズン途中加入の助っ人だった。

 オリックスのマレーロは29日、ZOZOマリンで行われているロッテ戦の6回に成田翔から第19号の2ラン。これが日本プロ野球通算10万本目の本塁打となった。
 
 28日に計8本の本塁打が飛び出し、10万号まで残り4本でスタートしたこの日。まずは札幌で楽天のアマダーが日本ハムのドラフト1位ルーキー・堀瑞輝から第23号の本塁打を放ってあと「3」とすると、続いて横浜でDeNAの戸柱恭孝が阪神・メンドーサから第9号の3ラン。徐々に大台が近づいてくる。

 すると、それから程なくして、ZOZOマリンでオリックスのT-岡田がロッテ先発・成田翔から一発。自身7年ぶりとなる第30号の2ランで、ついに10万号に王手がかかった。

 どの球場も上記の本塁打でしか得点が入らないという比較的静かな展開のなか、ついにその瞬間が訪れる。会場は再びZOZOマリン。6回表二死一塁で打席に入ったマレーロが、ロッテ先発・成田の高めのボールをレフトスタンドへ。第19号の2ランがNPB通算10万号の一発となった。

 思い返してみると、マレーロは今季途中から日本にやってきた助っ人。それも6月9日に来日初出場した試合で挨拶代わりの第1号を放つも、これがホームベースを踏み忘れて通過していたため無効に。来日第1号は幻となっていたのだ。

 もしマレーロが本塁をしっかり踏んでいたら、10万号は1つ前に打ったチームメイト・T-岡田のものだったことになる。まさに奇跡的な展開で生まれたNPB通算10万本目の本塁打だった。 

 なお、メモリアル弾を放ったマレーロには日本野球機構から賞金100万円が贈られる。

◆ クリス・マレーロ
「打ったのはストレート。少し打球は低かったけど、いい感じでとらえられたし、打った瞬間いってくれると思ったよ。いい追加点になったね!10万本ホームランまで残り4本だと知っていたし、今日打ったらその可能性が高いと思っていたからね。ラッキーだね!」

【プロ野球・通算本塁打】
1号 = 藤井 勇(タイガース/1936年)
1万号= 渡辺 清(阪急/1957年)
2万号= 井石礼司(東京/1966年)
3万号= 基 満男(太平洋/1973年)
4万号= バーニー・ウイリアムス(阪急/1979年)
5万号= 仲根政裕(近鉄/1985年)
6万号= 広永益隆(ダイエー/1990年)
7万号= 駒田徳広(横浜/1997年)
8万号= ロベルト・ペタジーニ(巨人/2003年)
9万号= ディー・ブラウン(西武/2010年)
10万号=クリス・マレーロ(オリックス/2017年)
コメント

BULOVA(ドイツムーブメント)

2017-09-29 18:55:06 | アンティーク ウォッチ
BULOVAのAT

文字盤はシルバーダイヤルはサテン柄
ブレゲインデックス・
バトンハンド

ムーブメントはドイツムーブメント
PUB CAL1660
21600振動 17石

元々のムーブメントは21石なので、
デフィチューン版になっているようです。

しかし、不思議な事に、

金色のきれいなムーブメントに仕上げられています。
コメント

阪神が2年ぶりにCS進出!能見が投打に活躍

2017-09-29 06:59:29 | Weblog

 

写真DeNAに大勝し、今季初完投した能見(右)とタッチを交わす阪神・金本監督=横浜(C)KYODO NEWS IMAGES
DeNAに大勝し、今季初完投した能見(右)とタッチを交わす阪神・金本監督=横浜(C)KYODO NEWS IMAGES
● DeNA 2 - 11 阪神 ○
<24回戦 横浜スタジアム>

 2位・阪神が3位・DeNAに11-2で勝利し、2年ぶりにCS進出を決めた。

 先発した能見篤史が、投打にわたる活躍で勝利に貢献。立ち上がりからテンポの良い投球で、DeNA打線を5回まで無失点に封じていく。6回と7回に失点したが、8回以降も打たせて取るピッチングで9回をわずか93球、4安打、2奪三振、1四球、2失点で今季初の完投勝利を挙げた。

 この日の能見は打っても、0-0で迎えた3回一死走者なしの第1打席にDeNAの先発・井納翔一からレフト前ヒットを放ち出塁。この安打を足掛かりに、この回5点を挙げるなど、バットでも貢献した。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-阪神戦』で解説を務めた大矢明彦氏は「本人も(ヒーローインタビューで)言っていましたけど、自分の気持ちを高く持っていけたし、野手にも伝わった。最初のヒットは能見が打って、ここからチャンスを作り点に繋がった。今日の流れを阪神にもっていきましたよね」と振り返った。
コメント

掛布2軍監督、ラストゲーム 胴上げは拒む

2017-09-29 06:51:56 | Weblog

 

写真ウエスタン・リーグ最終戦を終え、スタンドのファンにあいさつする阪神の掛布雅之2軍監督=日刊スポーツ
ウエスタン・リーグ最終戦を終え、スタンドのファンにあいさつする阪神の掛布雅之2軍監督=日刊スポーツ

 今季限りで退任する阪神の掛布雅之2軍監督(62)が28日、甲子園であった広島とのウエスタン・リーグ最終戦を16―4で快勝し、最後の指揮を締めくくった。退任セレモニーでは「若い選手が確実に力をつけ、1軍でも活躍してくれた。僕を若返らせてくれた」と就任からの2年間を振り返った。


 7131人が詰めかけた。掛布監督は「連日大勢のファンが、素晴らしい舞台を作ってくれた。ファンの目が若い芽を育ててくれた」と感謝した。セレモニー終了後、整列した選手一人一人と握手する姿に、ファンは現役時代におなじみだった掛布コールを送った。「背中がぞくぞくした。非常にいいものでしたね」。ただ胴上げは「優勝監督と引退選手がされるもの」と言って拒んだ。2年間の自己採点は背番号「31」にちなんで「そりゃもう、31点ということで」。


 今後は球団のアドバイザー的役職に就任する案も出ているが、「前向きに考えて結論を出したい」と話すにとどめた。

コメント

日本ハム斎藤佑樹1球に泣いた…6回2失点で降板

2017-09-28 07:24:33 | Weblog

 

写真初回を3人で抑え笑顔の斎藤(左)(撮影・黒川智章)
初回を3人で抑え笑顔の斎藤(左)(撮影・黒川智章)

<オリックス2-3日本ハム>◇27日◇京セラドーム大阪



 日本ハム斎藤佑樹投手(29)が1球に泣いた。1-1の6回1死、ロメロに139キロ直球を逆方向の右翼へ勝ち越しソロを運ばれた。マウンド上で両手に膝をつき、険しい表情で悔しさを募らせた。後続は断ったが、この回限りで降板。リードを許したまま、6回5安打2失点(自責1)でマウンドを降りた。


 7月11日オリックス戦(京セラドーム大阪)以来の先発は、序盤から快投。丁寧にボールを低めに集め、きっちりゴロを打たせてアウトを重ねた。4回は自身の失策も絡み、犠飛で先制点を献上したが、オリックスのエース金子との投げ合いで堂々と渡り合った。

コメント

平昌五輪公式サイトの地図で日本列島消える、ネットで物議 日本政府が是正申し入れ復活

2017-09-27 17:09:50 | Weblog

 

写真27日、地図に日本列島がなかった時点の平昌五輪公式サイト(Internet Archiveより)
27日、地図に日本列島がなかった時点の平昌五輪公式サイト(Internet Archiveより)

 平昌五輪の公式サイトにある世界地図の画像に日本列島が記載されていないことが、27日未明からネットで物議を醸していた。午前の内閣官房長官記者会見で菅義偉氏は韓国の在京観光大使に早急な是正を申し入れたことを発表、12時30分ごろには公式サイトの地図に日本列島が追加された。


【地図に日本が追加された様子】


 話題となっている地図は、若者向けに冬のスポーツを紹介する企画「ドリーム・プログラム」のページに掲載。白地に薄っすらと灰色で五大陸を描いたもので、イギリス、マダガスカル共和国、キューバなど各大陸の主な島国は記載されていたが、日本列島は抜け落ちていた。


 ネットでは「ひどすぎる」「さすがにわざとなのでは」と意図的な「日本列島の削除」を疑う声が多数あがった。一部では地図とまったく同じ画像をフリー素材として配布しているサイトを見つけ「これをそのまま使ってしまったのでは」と推測する声もあった。


 27日午前に菅内閣官房長官は記者会見で地図について、「(日本列島が)ホームページになかったことは承知しています。スポーツ庁から在京観光大使に指摘し、早急な是正を申し入れました。引き続き対応していきたいと思います」と報告。


 公式サイトではこれまでにも島根・竹島を「独島」、日本海を「東海」と発信としていたことがあり、これらについては「極めて不適切であって、その都度政府では抗議し、そこを是正するように求めています。政府としてはそこはしっかりやっていきたい」と述べた。27日昼以降、公式サイトの地図に日本列島は記されている。

コメント

ヤクルト監督に小川氏復帰へ=プロ野球

2017-09-27 07:04:46 | Weblog

 

写真小川淳司氏
小川淳司氏
 今季限りで退任するヤクルトの真中満監督の後任に、小川淳司球団シニアディレクター(60)が就くことが25日確実になった。小川氏は2011年から14年まで監督を務めており、4年ぶりの復帰となる。

 ヤクルトは今季開幕から低迷が続き、7月には47年ぶりの14連敗を喫した。8月22日に真中監督が辞任を表明。球団はOBを軸に人選を進めていた。

 小川氏はヘッドコーチだった2010年5月、高田繁監督の辞任に伴い監督代行となり、翌11年から監督として采配を振るった。同年2位となるなど、Aクラスに2度入った。 
コメント

マツコが「かりそめ天国」で力士姿を披露!

2017-09-27 07:01:36 | Weblog

 

写真力士顔負けの大銀杏姿を披露したマツコ(右)と、千代丸関(左)/(C)テレビ朝日
力士顔負けの大銀杏姿を披露したマツコ(右)と、千代丸関(左)/(C)テレビ朝日
9月27日(水)に放送される「マツコ&有吉 かりそめ天国」(毎週水曜夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)で、マツコ・デラックスがイケメン力士に変身する。

以前の放送でも「大銀杏を結ってみたい」と熱望していたマツコの夢が、今回相撲協会の協力の下、番組で実現。スタジオには九重部屋から一等床山の床岳と、「千代丸の幸せ顔」コーナーでおなじみの千代丸関が登場し、マツコの髪を結うことに。

わざわざスタジオに出向いてもらったことに、マツコは「(大銀杏を結いたいなんて)変なこと口走ってしまったばかりにすみません…」と恐縮しつつ、初めての大銀杏を結ってもらえることを、とても楽しみにしている様子。

九重部屋の浴衣に着替え、髪に鬢付け油を塗ってもらうマツコは「こんなことをしてしまって、本当に大丈夫かしら…。相撲協会や、大相撲ファンの方々に怒られないかしら…」としきりに不安がるが、大変身したマツコの姿を見た有吉弘行は、「いいじゃん! 本物だよ!」と驚く。千代丸関も「格好いいですよ」と絶賛した。

イケメン力士へと変身を遂げたマツコは“相撲太鼓”の音に合わせ、スタジオに入場する一幕も。

最後にマツコは、「今回は私のワガママを聞いていただいて、ありがとうございました」と恐縮しつつもあらためて深い感謝を表し、念願だった夢がかなった実感を噛み締めていた。

さらに、番組恒例の「千代丸の幸せ顔コーナー」を、スタジオで千代丸関本人と一緒に見るという貴重な体験も行われた。
コメント