夢と笑顔が宝物☆

mokaの、きまま、そのまま、わがまま日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナースキティちゃん♡

2018-05-31 15:49:52 | 日記

ナースキティぬいぐるみが当たりました!!

開けてみると…

かわいい!!

ちゃんとネームプレートが付いています。

可愛いポイントは随所に…

うしろ姿

しっぽと足の裏も
 


昨年末で看護職からは離れていますが、
ナースキティちゃんのように、
皆様に愛される、かわいい看護師でありたいと思います。

静かにエールを送られているような…嬉しいプレゼントが届きました。
コメント

日課

2018-05-25 23:07:45 | 日記
今月娘のイラストは、
我ながら「かわいい!!」とニンマリした、
母との車いす散歩をニャンズが見送るの図です💛

介護保険で車いすのレンタルを受けて2ヶ月半、
車いすの散歩が日課になって、母も外出を喜んでいることがわかった。
母が先日、ケアマネTさん来訪時に『散歩が楽しい』と話していた。

私と母は、散歩時にほとんど話をすることがない。
母の難聴のせいもあり、
車いすを押している時、頭上からの距離での会話は無理なので、
信号待ちをしている時に耳元で「寒くないか?」「大丈夫か?」くらいの会話である。
母の表情も見えないし、淡々とひたすら歩くだけである。

それでも夕方の日が陰ってきたころから、1時間~1時間半ほど近所を歩き回っている。
自宅から一駅分くらいを、毎回少しづつ経路を変えながら歩いている。

散歩の途中、先日知り合いの人にばったり出会った。
車いすを止めて挨拶し、母の様子を見ると、満面の笑みを浮かべている。
その方は介護福祉士の女性で一時期一緒に仕事をしていたことがあった。
私と母の様子をみて「良い姿だわ~」と褒めてくださったので、
とても嬉しかった。

車いすを利用するようになって気が付いたことは、
道路の表情も様々ということ・・・
アスファルト、タイル、マンホール、点字ブロック、
気を遣うのは横断歩道のはじめとおわりの段差、
傾斜や凸凹も、普段何気なく歩いていたが、こんなにすごかったのかと驚いてしまう。

一番怖いのは、やはり歩きスマホの歩行者や、
自転車に乗りながらのスマホを使っている人の多いこと!!
本当に危険なのでやめてほしい。

車いす散歩が日課になって、当面の目標はクリアできた。
いろいろな不自由はあるが、平和で穏やかな生活という実感はある。
少しづつ少しづつ、また目標達成できるようにがんばろう!
コメント

それぞれの暮らし

2018-05-16 16:20:34 | 日記
娘たちの友人に画家がいます。

個展を開いたり、芸術家協会に出展したり、頑張っています。
自宅での絵画教室や高齢者施設でも、絵の指導をしているそうです。

私が直接目にするのは毎年娘への直筆の年賀状が主ですが、
もう20年以上のお付き合いになるでしょうか?

先日娘が銀座のギャラリー檜での個展を観に行きました。
写真はその際の案内状を紹介しました。


現在私は母の介護に専念していますが、
人はそれぞれの持ち場で、自分の生活をしています。

社会から遠のいてしまったような、
取り残されてしまったような寂しさを感じる時は、
手紙を書いたり、講習会に参加したり、いろいろなイベント事に顔を出したりします。
それは、
時として自分のいろいろなコンプレックスと向き合うことになりますが、
まだまだ知らない世界の多いことにも気付かされ、
環境・年齢・立場は違っても、この同じ時間に必死で頑張っている人がいる!と
振り返ることができます。

一枚の絵からも、
完成までの工程やその時々の感情を想像して、感服してしまいます。

あたりまえですが、何でも簡単なことばかりではありませんね。

それぞれの暮らしが豊かで、幸せであるように願っています。
コメント

母の日のプレゼント♪

2018-05-13 21:41:05 | 日記
『母の日』
嫁いだ二女が母の介護を交替してくれて、
長女と演劇を鑑賞してきました。
娘たちとひょんなことからご縁ができた、岸谷五朗さん・寺脇康文さんの、
ゼロトピアです。

先ずは、赤坂でランチ(写真は二人分)


岸谷さん枠の特別席を取っていただき、
未だかつてないS席で鑑賞できました。

記念に関連グッズを購入…

衣装・山本寛斎さんプロデュースでしたが、このバックの布地はその衣装のイメージ、
今を時めくマッケンユウ君(新田真剣佑)着用のジャケットに似ていました。
 
歌も踊りも圧巻!!
レボレボ・西川貴教の筋肉美もサービスショットでしたね~
立ち見のお客さんもいて、大盛況でした。

エネルギーを充電させてもらい、
帰り道はどしゃ降りの雨でしたが、清々しい気持ちでした。

なんと、娘のおかげで楽屋にも入れていただいてご挨拶させていただきました。
岸谷五朗さんとは初めてお会いしましたが、お疲れにもかかわらず、
とても気さくに、かつご丁寧な対応をしてくださいました。

他の俳優さん達もそれぞれのお客様へ、にこやかにご対応されていましたし、
スタッフの皆さまも甲斐甲斐しくテキパキとお仕事をされていました。

舞台の表も裏も、とても素晴らしく感動しました!!

そしてそして、何よりも私の娘たちの優しさに感謝です。

ゼロトピアで表現されていたのは、永遠の問いかけ…『生きる意味』だと、私は思いました。

母の日に、
「老いた母」と娘たちに助けられ、生かされている私の幸せをかみしめることができました。

ありがとう!!
コメント