夢と笑顔が宝物☆

mokaの、きまま、そのまま、わがまま日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『あかり』も晴れ着で♪

2011-12-31 21:31:46 | 日記
みなさま
もう少しで、今年も終わりですね。

あかりも、お母さんに晴れ着を作ってもらったの
つとむ兄ちゃんと…
 

一人でご挨拶できるよ
 来年もよろしく
コメント (2)

来年の主役♪

2011-12-30 22:35:27 | 日記
来年は辰年、私の年である。

(何度めの?  …知る人ぞ知る…

今年も押し迫り、というような忙しさはなく、
のんびりと休日を楽しんでいる。

来年の準備も着々と、
先ずは、ショーアップカーテン 

『龍』


アップで

ブータン国王ご夫妻が、被災地で『龍』の話をされ、
子どもたちを励ましてくださったエピソードも、耳新しいが、
私がこの龍のパペットで何ができるか?

いかつい顔してるけど、この子は女の子、
名前はまだない。
…実は、台本はこれから考える。

動かしてみると結構可愛く、カッコよく、面白いんだよ!
楽しみにしててね

コメント

ブログにまつわるエトセトラ

2011-12-29 20:33:49 | 日記
ブログの効果は、けっしてプラス面ばかりではないだろう。
不特定多数の人に見られているという意識を、忘れてはならない。

不用意な言葉が、誰かを傷つけることがあるかもしれない。

昨今は『個人情報保護』にも厳しい。
ひとり言のようにつぶやいても、多くの人の目に触れる。

楽しかったことや、ほんわかと心温まることは、
見た人が「な~んだ、つまらない」と感じても、
先ずは問題ないだろう。

ブログやツイッターでの発言がもとで、
起こったトラブルもきく。

ネット世界は、カオスの世界。
混沌としていて、廃屋のくもの巣のような恐怖感もある。

便利さと引き換えに、気持ちを置き忘れないよう…
希望や夢や笑顔が広がる、『ツール』でありたい。
イメージは『万華鏡』かな?
 
コメント

ブログ効果☆

2011-12-28 21:37:07 | 日記
ブログを始めたのは、いつだったかな?
もう一年以上にはなるけれど…。

大阪の友人は、いつも見てるよってお手紙をくれるし、
会社のM課長は、
(同い年で郷里も同じ、何だか親戚みたいに気持ちが楽になる存在)
このブログを紹介したら、とても気に入ってくださって、
『なんか、いいよ…』って、
買ったばかりの慣れないスマートフォンで、見てくれているとのこと

ありがたいね

アクセス数を見ると、平均して70~80くらいかな?
今これを読んでくださっているあなたは、どんな人ですか?

ブログに日記を書くようになって、
物事を多方面から見ることができるようになった気がする。

例えば、
朝の通勤時、道端の草木が、妙に目に入るようになったし、
すれ違う人の、顔の表情とか、声のトーンとか、
ネタになりそうな、レポーターのような気分になっている。

いつも渡る踏切も、なんで「踏切」っていうのかな?とか、
ママチャリの前後に子供が座って、
もう一人おんぶしているママの、今朝のごはんは何だったろう?とか…

行きかう人と、たまたま目があったりすると、
今日出会った人として、カウントするか否か?なんて思って、
楽しく、おかしくなったりね

わかるかなぁ~

同じことでも、どれだけそこから広がるかで、
自分のアンテナの調子がわかるようになるの。
簡単に言うと、「刺激」とか「反応」といった感覚器、
感覚機能が活性化するんじゃないかな?

(ハイボケ防止とも言う

ブログは、生活にちょっとアクセントが増えるシロモノです。
あなたも、ど~ぞ

コメント

今年もあと4日…

2011-12-27 23:30:04 | 日記
~もういくつ寝ると、お正月…

月日の経つのは、早いものですね。

お正月というと、何もかも新しくなって、
またスタート地点に立っているような、
リセットできるような気分になれるから、
ありがたい

私の仕事は29日までで終わり、
来年は5日から始まる。

巷では、年末ぎりぎりまで働く人や、
休みなしっていう人もいることだろう。

さぁ!もう一息がんばって、
良い年を迎えよう                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   
コメント