夢と笑顔が宝物☆

mokaの、きまま、そのまま、わがまま日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノートルダム大聖堂

2010-11-01 19:54:38 | 旅行
さて、パリと言えば、是非行ってみたかった『ノートルダム大聖堂

昔見た映画で、特に印象深かったのだ(私っていったい何歳なの?)


入口には、日本人向けに、…ようこそ…とあったが、はじめは、よこそ と 「う」が抜けていたようだ。

ステンドグラスなどの、きれいな画像はリンク先でお楽しみくださいまし。

世界平和と、家族の幸福を祈り記帳する私。(奥の髪の長い若い人が、わ・た・し
 聖堂の中心へ

ろうそくをささげて、お祈りしました。


聖堂の前の植え込みには、観光客に餌付けされて、恐れを知らない平和なハトと雀が日向ぼっこしていました。
 

素晴らしい大聖堂を観ながら、同時に郷里長崎の浦上天主堂を思い出していました。
私はこの浦上天主堂の近くに住み中学・高校時代を過ごしたのでした。
コメント (2)

旅で出会った人々

2010-10-29 19:47:11 | 旅行
今日は旅行シリーズ、予告を覆し、『人』シリーズ

かわいい子供たち
 

娘が撮ったバス停で見た子供
   ご老人

ポスターでみたすてきな?ひと
マシュウー・マコノヒー(個人的趣味で撮影:シャルルドゴール空港免税店にて)
私はウエディング・プランナーに出た時の彼がすきだな


②ココリコ田中さんに似たひと、上にいる人も誰かに似ている(モンパルナス駅で見たポスター)


パリの観光地には、物乞いをする人やホームレスと思われる人も多く見かけた。
いきなり「小銭をくれ!」と言ってきた若者もいた。
華やかさの裏側には、厳しい現実もあり複雑な気持ちになった。

ふと、
仕事がきついとか、上司が気に入らないとか、時々不平不満を言う自分が、
いかに幸せ者かとズキンとした。

みなさまごめんなさい

みなさまありがとう
コメント

ふたたび旅 たびたび旅、またたび!?

2010-10-28 23:36:23 | 旅行
サントゥスタッシュ教会の前には大きな顔のモニュメントがあり

その後頭部からのアングルで証券取引所が見える。


本来は雑貨屋を捜しにいったのだが、道を間違えてたどりついた場所なのだった

面白いモニュメントつながりで、シャンゼリゼ大通りを抜けたあたりの公園内に

横から見ると顔をかくされている女性の胸像があったふしぎ?

顔つながりで、駅構内にあったミニ美容院 一回の整髪料10€

オープンなカプセルのような中で、シャンプー・カット・メイクなど老若男女が利用していた。
日本にもあるQBカット1000円の感覚かな?

旅シリーズは、つづく・・・

次回予告:ノートルダム大聖堂
コメント (1)

ボンヌフ PONT NEUF

2010-10-24 21:54:52 | 旅行
もう旅行記はたくさんだぞーって、飽きちゃったかも?
(でもまだまだあるのです

ボンヌフの恋人という映画を観たことがありますか?
フランス映画というと、あまり明るい感じがしないのですが、この映画もちょっぴり暗い…。
地下鉄や絵描さんがでてくるのですが、パリの華やかなイメージの、裏側・影を観るような感じがしたものです。

でも、実際にフランスに行ったら見たいと思っていた橋です。

映画の撮影時に比べると、補強工事がされて綺麗になっています。
ボンヌフは直訳すると『新橋』
そう言えば、東京の新橋駅(汐留口)近くに
『ボンヌフ』という喫茶店があります。


この橋がかかるセーヌ川でディナークルーズというのがあり、
今回の旅行にセットされていました。

東京の屋形船にのって隅田川クルーズみたいなものかな?(違うか

ディナーを紹介します。
サーモンのカルパチオ・豚フィレのステーキ・デザート(途中で何チャラ?チーズも出た)


そして貸切でしたが、私たちツアーのメンバーにこんなイケメン君もいました。


「美しいということ」は、観光地も、食事も、人も、それだけで周りを幸せにしてくれますね。

多くは望めませんが、私も心だけは美しくありたいと思います。


コメント

マルシェ

2010-10-22 22:02:54 | 旅行
マルシェとは市場のこと

旅行最終日はモンパルナスのマルシェに行きました。

八百屋さんは、ここがきれいだから撮って!とすすめられ・・・
 

お肉やさんには、ウサギちゃんも


お花屋さん


雑貨やさん


日本では事務用品(個人情報シュレッダーハサミ)がみじん切り用調理ハサミとして、実演販売されていました。
(もしかして、日本での使用方法が違うのかも?)


どこも市場は活気があり、陽気な店主、きさくな人々がいました。
何だか、ホントのパリを見たような気がしました。

私たちは、チャイニーズと思われたようで、時々ニイハオ!と声かけられました。
コメント