シスターみみっくのなんだかわからない堂

日常のよしなしごとをつづります。正教会のお祈り、読んだ本、ハマリものなどなど。

主の迎接祭

2018-02-15 23:27:00 | 正教会及び宗教全般
2月15日はルカ福音書2:22~40に記されている、イイススの宮もうでの時の出来事を記憶した祭日です。過去記事ではちゃんと説明してなかったけどorz
2007 2008 2013


今日天の門は啓かるべし、蓋始なき父の言は其神の性を離れずして、時の始を受け、四十日の嬰児として、甘じて童貞女母に由りて律法の殿に携へらる。翁は彼を手に接けて呼ぶ、主宰よ、僕を釋して逝かしめ給へ、蓋我が目は爾の救を見たり。人類を救はん為に世に来りし主よ、光栄は爾に帰す。

今年は復活祭が早いので、迎接祭➡亜使徒聖ニコライ祭➡乾酪の主日➡赦罪の晩課➡大斎と怒濤の入りですな
いよいよですねえ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダイエットとあてくしその後 | トップ | 亜使徒聖ニコライ祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

正教会及び宗教全般」カテゴリの最新記事