国際

国際

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

[注目トピックス 日本株]出来高変化率ランキング(10時台)~好材料が伝わりテックファームがランクイン

2015-03-06 14:00:59 | 産業・経済

 [注目トピックス 日本株]出来高変化率ランキング(10時台)~好材料が伝わりテックファームがランクイン


 *10:37JST 出来高変化率ランキング(10時台)~好材料が伝わりテックファームがランクイン
 
 テックファーム<3625>がランクイン。年内にもカジノ向け電子マネーシステム構築事業を開始すると伝わっている。スマートフォンを使ってプレー代金を支払うシステムや入退場管理システムを提供する。また、クレジットカードの利用歴を照会し、依存症の恐れのある客には入場時に警告を出す機能なども用意するようだ。まず米国で事業を開始、カジノが解禁されれば日本でもサービスを提供する考えとしている。
 
 ■出来高変化率上位 [3月6日 10:25 現在]
 (直近5日平均出来高比較)
 
 コード⇒銘柄⇒出来高⇒5日平均出来高⇒出来高変化比率⇒株価変化率
 <5724> アサカ理研      982900  19760  4874.19% 7.23%
 <3390> USシステムズ    2681500  306580  774.65% 4.04%
 <8270> ユニー        7309400  1727660  323.08% 9.01%
 <8366> 滋賀銀        1293000  364000  255.22% -5.90%
 <3113> Oak        5071200  1451540  249.37% -10.08%
 <3046> ジェイアイエヌ    307100  93200  229.51% 12.44%
 <3625> テックファーム    167800  61260  173.91% 3.27%
 <6384> 昭和真空       246700  93780  163.06% 5.69%
 <2767> フィールズ      218000  90840  139.98% 6.94%
 <2666> オートウェーブ    15755100  6773300  132.61% 18.75%
 <8028> Fマート       839300  372660  125.22% -3.10%
 <1305> ETFTPX     499170  241160  106.99% 0.82%
 <6778> アルチザ       311200  158380  96.49% -13.08%
 <4506> 大日住薬       2114600  1097840  92.61% 7.17%
 <4564> OTS        10362700  5768380  79.65% 3.69%
 <2175> SMS        265000  147700  79.42% 5.17%
 <3779> J・エスコムHD   5694900  3415440  66.74% -12.90%
 <1593> MXS400     18080  10909.8  65.72% 0.64%
 <6974> 日インター      174600  107300  62.72% 0.47%
 <1346> MXS225     44088  27406.2  60.87% 0.99%
 <6028> テクノプロHD   645700  412460  56.55% 4.35%
 <4582> シンバイオ      333700  217220  53.62% -1.86%
 <7709> クボテック      521700  353180  47.72% 6.65%
 <6832> アオイ電子      22500  15560  44.60% 0.19%
 <8255> アクシアル      27700  20120  37.67% 0.46%
 <9973> 小僧寿し       534200  415580  28.54% 0.85%
 <8973> 積ハSI       6066  4775.4  27.03% -7.50%
 <6067> メディアF      49500  40220  23.07% -2.01%
 <8850> スターツ       177400  145120  22.24% 2.11%
 <6032> インターワークス   46200  38040  21.45% 1.58%
 
 ※出来高変化率ランキングでは、直近5日平均の出来高と配信当日の出来高を比較することで、物色の傾向など市場参加者の関心を知ることができます。
 
 
 《KO》


コメント

産経新聞、盗用の指摘受け記事を削除

2015-03-06 14:00:14 | IT・科学

 産経新聞、盗用の指摘受け記事を削除


 産経新聞がニュースサイト「産経ニュース」に掲載した記事を、盗用の疑いがあるとの指摘を受けて削除したことを明らかにした。
 
  問題となっている記事は1月27日掲載の「【スポーツ異聞】『真央ママ死亡』に泣いた心優しいソチ五輪メダリスト『コストナー』に降りかかった“ドーピング幇助疑惑”」。イタリアのスポーツサイトの記事を引用した部分に対し、同じ記事を紹介している個人ブログの筆者から「翻訳盗用にあたる」との指摘があったという。
 
  産経新聞は記事作成の経緯など事実関係を調査して厳正に対処するとしている。


コメント

橋本マナミ、体に合ったブラジャーを身に付け「世の男性に見せたい」と笑顔

2015-03-06 14:00:03 | エンタメ

 橋本マナミ、体に合ったブラジャーを身に付け「世の男性に見せたい」と笑顔


 グラビアアイドルの橋本マナミが5日、都内で行われたワコールの「シンデレラフィッティングを体験!」イベントに、ファッションプロデューサーの植松晃二とともに出席した。
 
 ワコールは、サイズの日(3・12)を前に女性に実態調査を行い、約9割が体に合っていないブラジャーをしていることがわかったことから、プロのビューティーアドバイザーが選ぶ体に合ったブラジャーをシンデレラのガラスの靴になぞらえ、『シンデレラフィッティングを体験!』の活動をスタートした。
 
 実際に、体に合ったブラジャーをプロに選んでもらい、試着した橋本は「楽で気持ちがよくて、今まではブラジャーを付けているという感じだったんですけど、今は体の一部なったような感じでフィット感が違いますね」と笑顔を見せ、「白地に大きめの花のデザインで、ちょっと清楚な感じのブラジャーを付けています」と紹介し、男性の報道陣をにやけさせた。
 
 また、下着を15着ほど持っているそうで、一番古い下着について聞かれると「10年前のものもありますね(笑)」と暴露し、植松から「捨てられないの?」と突っ込まれると、「思い出…」と捨てられない理由を明かした。さらに、勝負下着について聞かれると、「2着くらい持っていて、大事にタンスの奥にしまってあります。清楚な純白のものですね」と語り、植松から「勝負下着ってすぐ取っちゃうんじゃないの?」と言われた橋本は、「違うんですよ。男性は目で楽しむものなので、しばらくは付けてないといけないんです」と説明。これに植松は「その気持ちは分からなかった!」とコメントし会場を沸かせた。
 
 最後に、シンデレラフィッティングを見せたいと思う人の存在を聞かれた橋本は、「国民の愛人になりたので、世の男性の方に見せたいですね」と、愛人にしたいタレントNo.1と言われる橋本ならではの返しでかわした。


コメント

POLYSICS ハヤシ、HEN愛企画第二弾“ただ、ラスポテトを作る”公開

2015-03-06 13:58:48 | エンタメ

 POLYSICS ハヤシ、HEN愛企画第二弾“ただ、ラスポテトを作る”公開


 3月25日にミニアルバム『HEN 愛 LET’S GO!』をリリースするPOLYSICSのハヤシが、同作にちなんで自身が編愛するモノ・コトに挑む企画を特設サイトにて公開している。
 
 【その他の画像】POLYSICS
 
 ミニアルバム『HEN 愛 LET’S GO!』は、リーダー・ハヤシのHEN愛(偏愛)するモノが各楽曲のテーマとなっており、特設サイトでは『7つのHEN愛企画~ハヤシのHEN愛ラプソディー~』と銘打たれた、楽曲のテーマと連動した企画が行われている。
 
 第一弾「バンジータンメン」では、ハヤシがバンジージャンプでタンメンを食べようとする様子が描かれ、波紋を呼んだ本企画。第二弾となる今回は、「ただ、ラスポテトを作る」と題して、現在、国内で食べられるお店が激減している、幻のフライドポテト・ラスポテトをハヤシが自作する模様が描かれている。
 
 『7つのHEN愛企画~ハヤシのHEN愛ラプソディー~』は、約1週間ごとに各曲に関連した企画がアップされていくとのことなので、お楽しみいただきたい。
 
 ■『7つのHEN愛企画~ハヤシのHEN愛ラプソディー~』
 
 『HEN 愛 LET’S GO!』特設サイトにて、約1週間ごとに更新!
 http://www.polysics.com/hen-ai-lets-go/
 
 ■ミニアルバム『HEN 愛 LET’S GO!』
 
 2015年3月25日(水)発売
 KSCL-2564/¥2,160(税込)
 <収録曲>
 1. Dr Pepper!!!!!
 2. Homo Sausager
 3. GT (Great Tan-men)
 4. DTMK未来
 5. I’m Hard Boiled
 6. ラスポテトメモリーズ
 7. Ski Ski Die Ski(n)


コメント

注目の日本映画を一挙上映するイベントが今年も開催

2015-03-06 13:58:46 | エンタメ

 注目の日本映画を一挙上映するイベントが今年も開催


 日本映画の秀作を一挙に上映する恒例のイベント“第15回ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち”が今年も3月20日(金)から3日間、所沢市民文化センター ミューズ マーキーホールで開催される。
 
 その他の画像
 
 本イベントは、日本だけでなく海外でも注目を集めている最新の日本映画を厳選して上映し、監督や出演者を呼んで作品について深く知ることができるイベントとして、映画ファンに愛され続けている。
 
 15回目となる今年は、大根仁監督の『恋の渦』、前田敦子が主演を務める『Seventh Code』と『もらとりあむタマ子』、平成26年度文化庁映画賞文化記録映画部門で大賞を受賞した『ある精肉店のはなし』、浅野忠信と二階堂ふみが共演した『私の男』、三吉彩花が初主演を務めた『旅立ちの島唄~十五の春~』、本年度の映画賞を数多く受賞した『そこのみにて光輝く』、巨匠監督、森崎東の最新作『ペコロスの母に会いに行く』を上映する。
 
 また、「日本映画とは何か?」という疑問にこたえるべく、ジャ・ジャンクー監督が手がけた日本と中国の合作映画『罪の手ざわり』を上映。題材、製作国、言語などが多様化し、様々な交流が行われている日本映画界の“現在”を見つめる。
 
 会期中には上映作品の監督や出演者、ゲストが来場。作品についてじっくりと語り合うほか、ロビーでサイン会も実施する。
 
 第15回ミューズ シネマ・セレクション 世界が注目する日本映画たち
 3月20日(金)
 15:15 『罪の手ざわり』
 18:30 『恋の渦』 ゲスト:大根仁監督
 3月21日(土)
 11:00 『ある精肉店のはなし』 ゲスト:纐纈あや監督
 14:15 『Seventh Code』
     『もらとりあむタマ子』 ゲスト:齋見泰正プロデューサー
 18:00 『私の男』 ゲスト:河井青葉、西ヶ谷寿一プロデューサー
 3月22日(日)
 11:00 『旅立ちの島唄~十五の春~』 ゲスト:吉田康弘監督
 14:15 『そこのみにて光輝く』 ゲスト:高田亮さん(脚本)、星野秀樹プロデューサー
 17:30 『ペコロスの母に会いに行く』 ゲスト:浜田 毅さん(撮影)、山根貞男さん(映画評論家)
 
 会場:所沢市民文化センター ミューズ マーキーホール


コメント