奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチブルドッグ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

旅のおわり

2016-11-30 | 添乗日記


さて問題です。私は今どこにいるでしょう。って、ついこの間もこんなシチュエイションがありましたねぇ・・・



コニー : またブラウンの兄弟に会えた〜
添 : この間よりちっちゃいけどね。



実はルフトのフランクフルト線がスタッフのストでフライトキャンセルになりましてね。急遽代替便でロンドン経由で帰ることになりました。救世主はスタアラ仲間のANA様。まあバタバタしはしましたが、考えようによっては今回もラッキーか?とりあえずこれより機上の人となります。


 ← またもや!のフライトキャンセルでクタクタの帰国日に応援ポチしてね。

ひとり最後の晩餐@マドリッド

2016-11-29 | 添乗日記


マドリッドでのフリータイムは太陽と青空に恵まれ、今回の旅の中では最も穏やかな日となりました。が、旅には思いもよらない出来事が突然勃発するわけでして(汗)。楽しいお客様から夕食のお誘いまでいただきましたが、ホテルを離れることが叶わず、フロント横のBARにて待機兼ねがねひとり最後の晩餐と相成りました。



ビール1杯頼んだら出してくれたおつまみはオリーブの実とトルティージャ(スペイン風オムレツ)のせトースト。日本でいう付き出しみたいなものですが、もちろんタダ。街中のBARにはあれやこれや、それだけで一食になってしまうくらいおつまみを出してくれる所もあるんですよ。いやぁ、それにしてもこのオリーブのオイル漬けがメチャ旨!塩加減といい、今まで食べた中で間違いなく一番美味しかったぁ!



っとまあ、私がスペインを愛する理由はこんなところにあります?さて。最後の朝はのんびり起きてのんびりブランチでもいただいて・・・の予定が見事に覆され、早朝からワサワサ。どうやら試練の帰国日となりそうです(涙)。


 ← ひとりの晩餐にポチしてね。

クリスマスモードの街@マドリッド

2016-11-29 | 添乗日記


ようやく最後の街マドリッドに到着しました。次から次へとやって来ていた前線もようやく去り、久しぶりに元気な太陽が顔を出してくれました。



最近はマドリッドでのフリータイムなんてほとんど存在しませんでしたが、今回は市内観光が済んだところで解散。ホテルからお散歩がてら、グランビアをプラプラ。カジャオ広場にはツリーを形どったイルミネーションが置かれてます。その下に設置されているのは、もしかしてクリスマスマーケット?



のぞいてみたら、クリスマスの飾り物が色々並んでます。どうやら広場に面して建つエルコルテイングレス(デパート)が出店してるようですね。観光客には人気のようですが、本来この国のクリスマスの飾り物と言えば、ベレンと呼ばれるキリスト誕生場面を再現した人形。スペインらしさがだんだん薄れていくようで・・・ちょっと微妙なクリスマスモードでした。


 ← スペインらしさが薄れていくクリスマスモードにポチしてね。

歴史を感じる街で@セゴビア

2016-11-28 | 添乗日記


古都トレドを後にいったん首都マドリッドを通り過ぎ、うっすらと雪をかぶった山々を眺めながら実に久しぶりにセゴビアへとやって来ました。この街の高台に建つアルカサルは、白雪姫城のモデルとなったことで知られてますよ。



古い歴史を持つ旧市街は、レンガ色に統一されていてとっても素敵。



迷路の中には時折り足を止めたくなる風景が点在してます。



それでも街一番のハイライトは、今から2,000年も昔の古代ローマの時代に造られた水道橋。現在の街のど真ん中にこれだけの規模の、しかもこれだけの保存状態の水道橋を残す街は他にありませんからね。圧巻です。



雨が雪に変わってもおかしくないくらいの寒さの中、今回の旅でははじめて持ったホッカイロに暖をもらいながらホント〜に久しぶりに歩いたセゴビアの魅力をあらためて感じました。さあ、ではいよいよ旅も終盤。これより最後の街となるマドリッドへと向かいます。


 ← 魅力的なセゴビアの街にポチしてね。

雨に濡れた古都@トレド

2016-11-28 | 添乗日記


久しぶりにトレドの旧市街に宿泊しましたが、あれやこれや色々あって、あっという間に朝を迎えてしまいました。夕食の後に迷路のような街中の渋いバルで食後酒でもと思っていたのに、残念無念(涙)。



さて。一夜明けた日曜日の旧市街は静まり返ってます。これまで何とか傘をささずに済みましたが、今日は朝から本格的な雨。まあ、雨に濡れた街も素敵なんですけどね。モノは考えよう、でしょ。



ところで、トレド銘菓となってるアーモンドの粉にハチミツを練り込んだ焼き菓子のマサパンを売る老舗カフェSanto Tome。修道女が手作りしてる様子がショーウィンドウに飾られたお人形に見ることができて、興味深いですよ。



やさしい甘さのマサパン。今回久しぶりにお土産にしたいと思っていたんです。観光客も少なくスムーズに観光できたおかげで無事ゲットできました〜 ♪


 ← 静まり返るトレドの日曜日にポチしてね。


ラマンチャの風景@コンスエグラ

2016-11-27 | 添乗日記


アンダルシアを後にイベリア半島を北上しながらラマンチャ地方に入りました。サフランの産地としても知られるコンスエグラに立ち寄りましたが、目的はもちろんスペインらしい風景のひとつに挙げられる風車群。



日の短いこの時季。サンセットの時間にギリギリ到着し、なんとかまだ日のあるうちに写真撮影できました。が、あっという間に真っ暗に。あぁ、よかったぁ(汗)。ではこれより今晩の宿泊場所である古都トレドに向かいましょう。


 ← ラマンチャの風景にポチしてね。

秋色のアルハンブラ@グラナダ

2016-11-26 | 添乗日記


丘陵部一面に広がるオリーブ畑を横目にやって来たのはグラナダ。フェネラリーフェ庭園からアルハンブラ宮殿を望む風景はすっかり秋色です。



黄色く色づいた木々が予報に反して顔をのぞかせてくれた太陽のおかげげでキラキラと黄金色に輝き、それはそれは綺麗な景色を作り出してます。



季節ごとにその顔を変えてくれるアルハンブラ宮殿ですが、これからの季節にこそ「アルハンブラの思い出」のどこか物悲しい音色がシックリくるような気がします。


 ← すっかり秋色のアルハンブラ宮殿にポチしてね。

冬の訪れ@ロンダ

2016-11-25 | 添乗日記


ようやく明らみはじめた空とキラキラ輝く地中海を眼下に、1時間半の旅でセビリアに到着。スペインでは温暖なはずのアンダルシア地方ですが到着時の気温はたったの5℃!っと、さすがにブラックフライデーを前に冬の訪れを感じます。それでも昨日とは大違いに抜けるような青空に恵まれ、黄色く色づきはじめた木々を眺めながらロンダまでやって来ました。



標高740mほどの高台に位置する街。すでにアンダルシアの東に横たわるシェラネバダではかなり積雪しているようですからね。山から吹き降ろして来る風はめちゃくちゃ冷たく感じます。夕食前に食前酒でも・・・と思っていましたが、あったかいホットチョコレートでもいただきたいくらいです。寒っ!


 ← すでに冬がやってきてるロンダにポチしてね。

アンダルシアを目指して〜LCCでの旅

2016-11-25 | 添乗日記


まだ真っ暗な早朝。眠い目をこすりながらやって来たバルセロナの空港はすでにたくさんの人・人・人。それでもスムーズに搭乗手続きを終えたら、あ〜ら、びっくり!この時間じゃカフェくらいしか開いてなかろうと思いきや、まだ6時前だっていうのにほとんどの店が開いてます。しかもクリスマスモードいっぱい。で、一気に目が覚めました(笑)。



何せここバルセロナの空港はスペイン発の人気ショップも入っているし、見応えたっぷり。気づけばマドリッドの有名生ハム専門店まで!来る度にお店の顔触れも変わっているので、実はゆっくり時間を取りたい場所のひとつだったりするんです。



コニー : ツリーにブタさんがいっぱいぶら下がってる〜
添 : 生ハム専門店のツリーだからね。



さて。そんなバルセロナから今回は空路アンダルシアを目指します。最近は全行程バスで走破というハードスケジュールがほとんどですからね。時間短縮にもなるし早起きとはいっても2日がかりのバス旅に比べれば格段に身体は楽です。



ちなみに今回利用のブエリング航空はバルセロナを拠点としビジネスマンも多く利用する今や人気のLCC 。もちろんシートや荷物のあるなしで料金はまちまち。機内サービスも全て有料。まあでも飛行機をあくまで移動手段と割り切れば、それでOKですものね。



ところで余談ですが飛行機のシートに備え付けの紙袋。どんな飛行機でも用意されている「気分が悪くなった時用のもの」ですが、これがめちゃ可愛い!内側が水を弾くようになってるので、実は結構役に立つんですよ。っとまあそんなわけでしっかりいただいてきました。クルーもスマート&フレンドリーだし、そんな些細な部分が結構女性客にも人気の理由となっているようです。LCCでの旅もそう捨てたもんじゃありません(笑)。


 ← スペイン発ブエリングの翼にポチしてね。

地中海料理の楽しみ@バルセロナ

2016-11-24 | 添乗日記


幸いにも傘要らずで観光を終え、腹ペコ状態でランチの時間を迎えました。地中海に面している街だけに、オリンピックポート周辺のエリアには魚介類をメインとするレストランがいっぱいで、美味しい料理を求めてたくさんの観光客がやって来ます。まだまだ温暖な地なのでやはりピンときませんが、どのレストランもクリスマスモードですよ。



さて。日本ならしっかりメインディッシュになりそうな前菜からはじまるスペイン料理。その大きさにびっくりな野菜のプディングです。



コニー : ぞうりみたいなこれなにぃ〜
添 : パン・コン・トマテっていうの。トーストにトマトとニンニクをすり込んだもので、この地方の前菜のひとつだよ。



そして本日のメインはサルスエラと呼ばれるスペイン風ブイヤベース。香辛料にサフランを使っているところがポイントでしょうか。手長海老にムール貝、タラにイカなど魚介の風味が凝縮されているスープは熱々で美味しいです。ちなみに食事の最後はこれまた大っきなケーキで〆。今夜の夕食はカットだな(汗)・・・


 ← ボリューム満点のスペイン料理にポチしてね。