奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチブルドッグ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

レンガ色の街並み@ローテンブルク

2014-05-31 | 添乗日記


ドレスデンを後にザクセンスイスと呼ばれるエリアをかすめて南へ南へ。旅も終盤に入りようやくお天気は持ち直しつつも、この時季とは思えないほどヒンヤリ冷え込むローテンブルクへやって来ました。



午後からのフリータイムに、実は初めて上った市庁舎の塔。噂には聞いていましたが、その急な階段と小さくて華奢な展望台に思わず腰が引けました(汗)。それでもこんな美しい眺めを堪能できるんですからね。2ユーロの価値はありま~す。



そうそう。いつ終わるかもわからなかった市庁舎の壁の修復が昨日だか一昨日だかに修了した模様。マイスタートゥルンクの仕掛け時計も復活で~す!いや~。しっかしこの寒さはいったい?ちなみに明朝の最低気温は5℃の予想。まさかこの時季にパネルヒーターやらホッカイロやらのお世話になろうとは思いもしませんでした。


← 冷え込むローテンブルクの街並みにポチしてね。

← お見積もり依頼はこちらから

エルベのほとりの街@ドレスデン

2014-05-31 | 添乗日記


いよいよ旅も中盤。チェコとの国境にもほど近いエルベ川沿いの街ドレスデンへと到着しました。川向こうに眺める街並みはエルベのフィレンツェ、あるいは北のベネチアなどと称される美しい街です。



さらにかつてザクセン王によって建設された街はバロック様式を用いた建造物が多いことから、バロックの真珠なんて呼び名もあります。



ただこの街も連合軍によって爆撃を受け、現存するほとんどが戦後の復興の中で再現されたもの。古く見えながら実は新しく人々の努力でもってよみがえった街でもあるんです。



復興の象徴でもあるフラウエン教会はその全てが世界中からの寄付によって再建されました。実際に爆撃を行った英国人パイロットの息子さんからの援助もあったと、そんな美談も残ります。さて、今日はキリスト昇天祭。この教会でも厳かなミサが行われていることでしょう。


← 美しい美談の残るドレスデンにポチしてね。

← お見積もり依頼はこちらから

隊長。梅雨で夏だし。

2014-05-31 | 隊長どんの日々


隊:暑いよ~。
留:湿度が高くて蒸し蒸しするよね。



隊:太陽さんが出ないのに暑いよー。
留:でも本土は沖縄より暑いみたいだよ。



隊:ダメだ。死んだよ。
留:湿度は沖縄が日本一だね。


 ← 蒸し暑くてバテバテな隊長にクリックしてね。

← お見積もり依頼はこちらから

忘れてならぬ歴史の舞台で@ポツダム

2014-05-30 | 添乗日記


5月も末とは思えないほど肌寒い朝一番、ベルリンを後にその隣町であるポツダムへやって来ました。訪れたのは新緑が美しい庭園内にひっそりと佇むツェツィーリエンホフ宮殿。英国調のお屋敷といった感のあるここは、近代の歴史の上で非常に興味深い場所といえます。第二次世界大戦も末期。米国、英国、ソ連の首脳会談が開催されたのがここ。そう、世に知られるポツダム会談の舞台がここなんです。



連合国で話し合われた戦後処理問題。さらに中国を加えた列強国で交わされた密約。日本に対する原爆投下計画も現在の領土問題に繋がる国境線の決め事もまさにこの地で交わされたわけです。様々な思いに駆られます。がしかし歴史は変えられません。でもだからこそかつてドイツと同盟国であった一国の国民として、さらに世界で唯一の被爆国として今一度現在の日本にしかできないことをすべきではないかと強く思ってしまったひと時です。過ちを二度と繰り返さないために。


← ポツダム会談の舞台にポチしてね。

← お見積もり依頼はこちらから

隊長は天気が良ければ走る走る。

2014-05-30 | 隊長どんの日々


隊:あのバイクの音は、もしかして・・・
留:郵便屋さんかー。



隊:郵便屋さーん。



隊:あれどこいっちゃった?
留:まだ来てないよ。遠くにいるよ。



隊:郵便屋さんが来たー。



隊:って行っちゃったよ。
留:お手紙がなかったね。


 ← 郵便屋さんが来れば走りまわる隊長にクリックしてね。

← お見積もり依頼はこちらから

負の遺産と向き合いながら@ベルリン

2014-05-29 | 添乗日記


最後に訪れたのが何年前かも思い出せないほど久方ぶりのベルリン。この街の象徴のひとつであるブランデンブルグ門を前に、過去に想いを馳せますが•••はて。いつ頃だったかな?



ところで現在ヨーロッパを牽引するほどの経済大国となっているこの国の首都に残る【ベルリンの壁】を前に、改めて歴史の重さを感じます。



かつて建設された壁の跡に刻まれた銅板。言葉にするのも苦しいほどの重い過去を今に残す、これも大切な遺産と言えるんでしょうね。



ちなみにかつての東ドイツで生産されていたトラバントという車は、今や観光客に注目を浴びるアクティビティとなっているようですよ。社会主義時代を象徴するこんな車が(レンタカーとして)ウケているとは。ある意味現在のこの国の底力を思い知らされます。


← 重い歴史を感じるベルリンにポチしてね。

← お見積もり依頼はこちらから

隊長。やめてー。

2014-05-29 | 隊長どんの日々


留:あっ~。



留:隊長。何してんだよ。
隊:やべー。



隊:トマトが大きくなったか見てたんだよ。
留:うそつけ。トマトの数が少なくなってるじゃん。



留:最低3個は食べたな。それも赤くて熟したトマトだけ食べてるよ。



隊:あっ。ネットがかかってるよ。

すぐホームセンタで害獣除けのネットを買ってきました。
まったく油断も隙も無いよ。


 ← わが家の害獣の隊長にクリックしてね。

← お見積もり依頼はこちらから

ドイツ新幹線の旅

2014-05-28 | 添乗日記


朝一番やって来たのは大聖堂の横に位置するケルンの中央駅。今日はここからドイツ北部を西から東へと横断。利用するのはドイツ新幹線ICE(インターシティエクスプレス)です。



ヨーロッパの中では比較的物事が予定通り進む国だとはいえ、それでもやっぱり分単位のスケジュールで列車が動く日本とは大違い。だから数分遅れでの入線は拍手すべきものでしょう(笑)。



揺れも少なくどこかの国とは大違いに静かな車内はとても快適。強いて言えばWi-Fiが無料になると嬉しいんですけど。さあ、では久しぶりに訪れるベルリンに思いを馳せながら、のんびりコーヒーでもいただきながら列車の旅を楽しみたいと思いま~す。


← ドイツ新幹線での旅にポチしてね。

← お見積もり依頼はこちらから

地ビールを楽しもう@ケルン

2014-05-28 | 添乗日記


午後から得たフリータイム。うっすらと広がる雲の隙間からのぞく太陽のおかげで上着いらずの夕刻。街を歩けばビアハウスに当たる!街ですからね。思わず吸い込まれそうになる店があちこちに点在してます。



以前にもご紹介した通り、ここケルンの地ビールといえばケルッシュと呼ばれるさっぱりしたビール。200mlサイズのスリムなグラスでいただくのがこのビールのお約束です。



ちなみにレストランでもカフェでも水よりコーヒーよりお安いってとこが、ビール好きにはたまりません。泡の立ち方も完璧!さっすがビール大国ドイツです。ではでは、喉をカラッカラにしてぐびっぐびっとね~♪


← 美味しいケルッシュにポチしてね。

← お見積もり依頼はこちらから

隊長は雨でガッカリ。私はパスタ。

2014-05-28 | 隊長どんの日々


留:隊長。今日の天気はどう?
隊:え~とね。



隊:雨だよ。



隊:最悪ー。
留:天気が悪いのが続いてるねー。でも午後には雨はやむみたいだよ。



そんな水曜日の朝食は茄子のパスタでした。
美味しかったー。ごちそうさまでした。


 ← 今日も雨でガッカリな隊長にクリックしてね。

← お見積もり依頼はこちらから