奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチブルドッグ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

チューリッヒより帰国の途へ

2009-06-30 | 添乗日記
    

早朝まだ街で一番早起きのパン屋さんくらいしか開いてないローザンヌを後に、ひたすら北へ向かい到着したチューリッヒ。スイス周遊の旅はほぼ同面積である九州を一周したようなもの。さらに連日かなりの標高差のある場所を行ったり来たりするわけで、他のヨーロッパの街歩きに比べるとやっぱり身体には応える。いくら綺麗な景色を見、綺麗な空気を吸ってはいてもね(汗)。

予定通りの到着にやれやれと胸を撫で下ろしたのもつかの間。予定の飛行機は機材到着遅れのために3時間半のディレイ?わかっていたらもっとローザンヌでのんびりできたのになぁ(涙)。と、そんな泣き言をいっても仕方ない。幸いショップもレストランもたくさんある空港だからのんびりしてもらいましょ。

昔は小さくて薄暗い空港だったここチューリッヒ。数年前にようやく新しく生まれ変わったターミナルは見違えるほど立派になった。さすがにこう暑いと街中では買うのをためらうチョコレートやチーズ、それにスイスワインも売ってるし、ちょっとしたお買い物タイムにはなるよね。かくいう私も思わず手に取ってしまったラクレットチーズ。留守番隊も大好きなラクレット、わが家でスイスの味を楽しもうかと♪



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← ラクレットチーズの到着が楽しみな私にポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

今夜はこんな肴で飲んでます。

2009-06-30 | 留守番隊の料理

    

今夜はこんな肴で飲んでます。
何気に肉料理だよね。

    

豚のえのき巻きです。
もう少し甘辛くしてもよかったね。

    

ピーマンの肉詰めです。
ソースはケチャップと醤油を煮詰めました。
これはメチャ美味しいです。

    

そしてベトナム風もやし炒めです。
魚醤を使って味付けしたので、東南アジアの市場の香りがします。

ベトナムやタイに行きたくなってきますねー。

美味しかった。ごちそうさま。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 何気なく肉がいっぱいの肴にクリックしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

レマン湖畔の風景

2009-06-30 | 添乗日記
    

今回の旅もようやく終盤戦。のどかな山麓の町や村を抜けてようやくたどり着いたのは、アルプスの山間では最も大きな湖であるレマン湖。スイスの中でもとりわけ温暖な湖畔には昔からたくさんの街が開け、その風光明媚さゆえたくさんの著名人がここを愛し人生終焉の地としてきた。20世紀以降で例えれば、チャップリンやオードリー・ヘップバーン、フレディー・マーキュリーなどなど。

そんなレマン湖畔は昔からスイスきってのワインの産地。これだけ山がちで太陽も乏しい地ながらワイン造りが行われてること自体が驚きだ。それも昔からこの地に生きる人々の千恵あってのこと?湖畔に向かって連なるぶどう畑は太陽からの直射日光に加えレマン湖で反射した太陽光をたっぷりと浴び、さらに急斜面を支える石垣が蓄える熱を味方に豊かに育つ。そうそう、湖面から立ちのぼる水蒸気も忘れてはならない大きな味方らしい。

そんなワインの里でちょうど2年前にユネスコの世界遺産に登録されたのが、モントルーからローザンヌにかけての【ラヴォー地区】。湖畔に向かってテラス状に広がるぶどう畑と豊かなレマン湖、そしてその奥に連なるフレンチアルプスの山々。これらが一体になった美しい情景がまるごと世界遺産。確かにこの時季、青い空と湖をバックにツルを伸ばし青々した葉の下に小さな実をたくさんつけてるぶどう畑が広がる姿は、息を呑む美しさ。たくさんのワイナリーも点在する地だから、どこかに拠点を置いての~んびりテイスティングの旅を楽しむなんてのもオツだよね♪



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 世界遺産に登録されたラヴォー地区にポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

麻婆豆腐の朝食。

2009-06-30 | 留守番隊の料理

    

今朝はオハコの麻婆豆腐定食です。

今日も美味しいです。チコット辛めに作りました。
辛いとスープが熱く感じますよね。と言うよりスープの味がわかんない。

美味しかった。ごちそうさまでした。

chamiさん 昨夜の記事でチーズヨウではなくトウフヨウの間違いでした。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← オハコな麻婆豆腐にクリックしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

本日モンブラン日和なり

2009-06-29 | 添乗日記
    

ツェルマットを離れる朝、昨日に負けず劣らずの青空をバックに聳え立つその勇姿を背に向かった先は、フランスとの国境をまたいだシャモニー。アルプス山麓の中でもヨーロッパの屋根モンブランの麓の街として、昔から人気のリゾート地。スイス、イタリアとの国境に近いウインタースポーツのメッカとあって冬場はもちろん、夏場もたくさんの観光客やハイカーを呼ぶ。スイスを周遊する日本人グループにしても国境を越えて必ず立ち寄る場所でもある。

スイス山麓とはまたひと味違った雰囲気を持つ街は歴史あるリゾートとはいえ、シャレー風のホテルやレストランが並ぶかわいらしい街。アルプスの南側に位置することもあってかひと度太陽が出るとこの時季は汗ばむ陽気になる。今日はまさに願ってもないほどの晴天に恵まれたモンブラン日和となった。

          

シャモニーから2,800mもの標高差をわずか30分足らずでいっきに上ってしまうケーブルカーでなにはともあれエギュ・ド・ミディ展望台へ。絶壁をはい上がるように上っていくケーブルカーの中は悲鳴にも似た各国の言葉が飛び交い、にぎやかったらありゃしない。でもこれだけのお天気に狂喜乱舞するのも無理ないね。本当に雲ひとつかかることのないモンブランを拝めるのは珍しいんだから。このお天気の中、隊を成して雪山を歩くパーティーの姿もたくさん。見てるだけで思わず脚に力が入り、展望台から下りる頃にはすでに筋肉痛を感じていたのはこの私。でもそれって若い証拠よね?

写真は真っ白な雪山を歩き出したパーティー(右手後方の一番高い絶壁がヨーロッパ三大北壁のひとつ、グランドジェロス)



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 雪山を進むパーティーにポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

今夜も「居酒屋 留守番隊」

2009-06-29 | 留守番隊の料理
    

2日続けて居酒屋「留守番隊」です。

    

それは魚屋さんで、こんな物を見つけてしまったんです。
そうです。海のパイナップルと呼ばれているホヤ貝です。
殻付きのホヤ貝が1個100円。大好物だから即買いです。

    

ホヤ貝は癖があるから苦手な人が多いんだよね。
パクチーと同じくらい癖があるかも。

私は大大大好きです。ポン酢で食べると美味しいです。
沖縄のチーズヨウトウフヨウも好きだから嫌いな物が少ないんですよねー。

あっ。ブルーチーズだけは食べれません。
添乗員さんはブルーチーズを平気で食べてワインを飲んでます。

    

金目鯛の煮魚を作りました。
う~ん。いい感じでできましたよ。

    

串なし焼き鳥です。
東松山味噌をつけて食べるとメチャ美味しいんです。

今夜も大満足な宴でした。
ごちそうさまー。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 大満足な居酒屋「留守番隊」にクリックしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

トマトフォンデュのすすめ

2009-06-29 | 添乗日記
    

これは万国共通だと思うけど、いわゆる【郷土料理】なるものは華やかさを感じられるものは少なくて、むしろ素朴なものがほとんど。現代のように物が溢れ豊かになる前の時代、質素な庶民の生活の中で生まれたものがほとんどだからね。でもって田舎に行けば行くほどそ~んな傾向は強いわけで?同様のことがここスイスでも言えるわけだ。

そもそも山がちで年間の半分が雪に閉ざされるスイス。自国で作られる作物の種類は決して多くはない。あるといえばパンにじゃがいも、牛肉にミルクから作らるチーズといった具合。そんなバリエーションも豊かとは言えないスイスの食材で作られる郷土料理の代表選手が、日本人にもおなじみのフォンデュ料理をはじめラクレットやリュスティ。ちなみにチーズフォンデュを頼むと出てくるのはチーズに白ワインを加えて煮立たせたフォンデュ鍋と細かく切られたパンに蒸したてのじゃがいも。そう、それだけ。日本でチーズフォンデュというと肉に魚介類、野菜といろんな具材が並ぶけど?そんなものをイメージしてる日本人はさぞかし驚くだろうね(笑)。

    

パンやじゃがいもが主食のスイスで貴重なタンパク源となるのがチーズ。乾燥した地であっという間に固くなってしまうパンを最後まで無駄なくいただく術から生まれたのがチーズフォンデュだ。だから本来は決してオシャレな料理ではないんだよね、私たちがイメージするほどには。それでもスイスまで来たからには食べて帰りたい料理のひとつ。そこでおすすめなのがチーズフォンデュならぬトマトフォンデュ。名前を聞いただけじゃイメージできないかも知れないけど、チーズのフォンデュにフレッシュトマト(あるいはペースト)を入れたもの。火にかけられてややきつめに感じられるチーズの風味をトマトが和らげてくれてとっても美味しい。本当は寒い季節にこそ美味しく感じられるんだろうけど、眩しい陽射しの中でいたたくのもまたGood。合わせるのはもちろん、これまた素朴な風味のスイスの白ワインで決まりよ♪



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← マジで美味しそうなトマトフォンデュにポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

牛肉とシナチクのオイスター炒め。

2009-06-29 | 留守番隊の料理

    

昨日の天気予報では雨だったけど起きてみたらピーカンです。
そんな月曜日の朝食は中華にしました。

    

牛肉とシナチクのオイスターソース炒めです。
シナチクの代わりにタケノコの細切りを入れるとチンジャオロウスウになります。
そんなことは気がついていたよね。

シナチクにすると歯ごたえを楽しめますよ。

    

ワカメスープです。

やっぱり中華は美味しいよね。
大満足でした。 ごちそうさまー。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 美味しかった中華の朝食にクリックしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

マッターホルン逆さの勇姿

2009-06-28 | 添乗日記
    

ベルナー・オーバーランド地区から山を越え谷を越え到着したのは、マッターホルンの麓の街ツェルマット。山の反対側はもうイタリアというモンテ・ローザにリスカム、クライン・マッターホルンといった山々を控えるスイス南端の街は、この時季たくさんの観光客を迎えにぎわう。とりわけハイキング好きな日本人観光客の数は他国からの観光客に比べても群を抜いており、小さな街はさながら日本人街と化す。インフルエンザ騒ぎも今となってはどこ吹く風、ツェルマットに向かう氷河特急は日本人で貸し切り状態だ。

まあそれでも日本人の旅心が衰えていないことがわかり、こんな仕事をする身としては嬉しいかぎり。なにかにつけて激しく揺れ動く業界だけに最近はそんなことを切実に思う。平和あっての旅心だからね。そんな気持ちでいれば早起きもなんのその?早朝4時半に合わせた目覚まし時計でごそごそ起き出し、すっぴんのまままだ暗い街へと歩き出す。向かった先は朝焼けのマッターホルンを拝める場所。運よく全員の部屋がマッターホルン・ビューなんだから、わざわざ出かけなくても?とはいかないよねぇ。だってプログラムに入ってるし(涙)。

そんなこんなではじまった長い一日。綺麗な朝焼けを拝めた上にゴルナーグラード展望台からは360度のパノラマを満喫。さらにその上リッフェル湖では逆さに聳えるマッターホルンの勇姿に歓喜の声を上げ、いったいこれ以上望むものがあろうか。そうね~、個人的にあえて言うなら冷たいビールとお昼寝タイムかな。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 雄大なマッターホルンにポチしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから

今夜は居酒屋「留守番隊」

2009-06-28 | 留守番隊の料理

    

夕方から雨が振り出した所沢です。
あわてて洗濯物を取り込みました。
まさか雨が降ってくるとは・・・ 梅雨なんだから油断をしてはダメですよね。

そんな夜のメニューは居酒屋「留守番隊」です。

    

焼きサバです。
いろいろな魚があるけどサバって好きなんですよねー。
海釣りに行くとサバは外道として嫌われてるけど私はサバが釣れると笑いながらクーラーに納めます。
真サバなんて高級だもんね。

    

暑い日の強い味方は冷奴です。
ネギと鰹節をこれでもかってのせて食べます。

    

惣菜コーナーで売っていた貝づくしのお寿司です。
貝が大好きだから無視して通過できないんですよ。添乗員さんが居ない今が買うにはチャンスです。
添乗員さんがいると無駄遣いと怒られます。

あ~ぁ。美味しかった。
ごちそうさま。

    

隊長。日曜日が終わっちゃったね。明日から仕事を頑張らないとね。
隊長も家の警備強化をたのね。



みなさんからのコメントはいつも楽しく読ませていただいています。ただ諸々の理由によりこの年明けからコメントへのお返しはしていませんのでどうぞご了承下さい。また旅関係のご質問やリクエストに関しては、できるだけ今後のブログ上に反映させていきたいと思っています。

← 美味しかった居酒屋「留守番隊」にクリックしてね。

← 留守番隊のホームページ「Olive-Leaf」も見てね。

← お見積もり依頼はこちらから