奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチブルドッグ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

今夜は小料理屋「添乗員」

2008-01-31 | 今日の献立
    

今夜は小料理屋「添乗員」で一杯です。
帰国したら立ち寄らないとね。

    

女将の特製「サバの水煮缶と大根の煮物」
これが勘で味付けをしたとは思えない美味しさなんですよ。

    

留守番隊のリクエストで豚ロースの味噌漬け焼きです。
この食感がいいんですよね。

    

アサリと水菜の酒蒸しです。

あ~ぁ。たまらん。美味しくって酒がすすむよね。
ごちそうさま。今日も出世払いでね。

えっ。まだ出世するよ。心配するなよ。


← 今日もツケで大満足な留守番隊にクリックしてね。

オリーブリーフはブックマークに入れたから旅行の依頼は頼みますよ。
商売っ気がないかな・・・

旅行後記~ジェノバで美味しいもの探索

2008-01-31 | プライベート旅行
    

どんな国へ行ってもその街の活気を一番感じられるのは市場。港町ジェノバにはいくつもの庶民向けの市場があって朝早くからにぎわってる(写真は新市街のメルカート・オリエンターレ)。しかもここへ来ればこの街で何が美味しいのか、一目瞭然?

      

      

温暖な気候に恵まれたここリグーリア州。新鮮な海の幸はもちろん、オリーブや香草の産地としても知られる。また古くから海を渡って様々な国との交易が行われていたこともあって、エスニックな食材も多い。

    

そしてジェノバといえばこれ。たくさんの手打ちパスタとジェノベーゼ・ペースト(現地では単にペーストと呼ぶ)。オリーブオイルにバジリコ・胡桃、ペコリーノチーズをミックスしてつくられたソース。

    

美味しそうな食材を見てたら一気にお腹が空いたでしょ?でもはじめて訪れた地で美味しいものにありつくのはなかなか難しいものでね。今回はホテルのお姉さんのおすすめで、地元でも人気のトラットリアへ。

    

石造りの店はシックな感じながらまったく気取るとこなく、またカメリエーレのお兄さんがとっても気さくで親切だった。メニュー選びもお手伝いしてもらったし。で、選んだワインは彼のおすすめ、さっぱりした地元の辛口白ワイン、ピガート。

    

プリモに選んだのはもちろんトルネッテ・アル・ペースト。平たいパスタにじゃがいも入り、これをご当地ペーストと合えたもの。とっても新鮮で、やっぱり瓶詰めペーストとはわけが違う!

    

そしてストレッペ・ポッリ。手作り生パスタはぷりっぷり。ポロネギの風味のするクリームソースはどこかオリエンターレ。

    

さて、セコンドとしての一品は海の幸の盛り合わせ。新鮮なサーモン、いわし、たこ、いか、海老が少しずついただけて嬉しい。

    

そしてこちら、ムール貝とあさりのトマトソース煮。スープに旨みがぎっしりで最後まで飲み干したい一品。

          

味とお値段と居心地と3拍子揃って大満足のこのトラットリアは、かつてコロンブスが住んでいたという古い家屋(写真)の近く。ジェノバに行くなら絶対おすすめですぞ~。

          

さあ、お腹も心も満たされたところでかつての海運王国ジェノバの栄華を眺めながら(旧市街のガリバルディ通りにはそんな時代を彷彿させる宮殿がたくさん)お散歩でも楽しもう。

TRATTORIA ALLE 2 TORRI
Sal.del.Prine 53/r
010-2513637


← 美味しいジェノバにポチしてね。

朝食は麻婆丼

2008-01-31 | 留守番隊の料理
    

今朝は辛口の麻婆丼です。
添乗員さんは辛口が好きだからね。

    

豆板醤を少し多めにして辛口にしてあります。
これがマジウマなんですよ。
水菜とキクラゲの中華スープで完璧な朝食でした。ごちそうさま。

    

隊:留守番隊。今朝は何を作ってるの?
留:ピリ辛の麻婆丼だよ。

    

隊:ふ~ん。
留:隊長は興味なさそうだね。

    

隊:だってすごく辛い匂いがするもん。
留:隊長には辛すぎるよね。


← 中華な朝食にクリックしてね。本当に美味しかったですよ。

旅行後記~ポルトフィーノへの旅

2008-01-31 | プライベート旅行
    

東リビエラの旅はイタリアきっての港町ジェノバから。ジェノバといえばアメリカ新大陸を発見したコロンブスの故郷(あくまでひとつの説にすぎないけど?)として知られるところ。そんなこともあってジェノバでは彼の勇姿があちこちに立つ。

      

さて、ジェノバからまず目指すのはセレブなリゾートとして知る人ぞ知る、ポルトフィーノ。まずその足がかりとなるサンタ・マルゲリータ・リグレまで列車の旅を楽しもう(写真はプリンチペ駅)。

      

遠目にリグリア海を眺めながらあっという間に到着したサンタ・マルゲリータ・リグレ。オフシーズンとあってひと気もまばらだ。

    

駅舎を後に坂を下って行くとすぐに海岸に沿ったプロムナードに出る。心配無用、地図もいらないくらい小さな街だ。

      

海岸に沿ってたくさんのホテルやレストランが建つこの街は、これから目指すポルトフィーノに比べると庶民的なリゾートとして春から夏にかけてはバカンス客でにぎわうところ。さすがにこの時季は地元のお年寄りが日向ぼっこしながらおしゃべりを楽しんでる姿がちらほら見られるくらい。

    

夏場はたくさんの観光船やボートが沖を行き交うんだろうけど、今はかもめたちだけのものだ。 

    

いつもこの海を見守ってるサンタ・マルゲリータ(聖女マルゲリータ)の後ろ姿もどこかおだやかそう?

    

さてさて、サンタ・マルゲリータ・リグレからポルトフィーノへはシーズン中であれば乗り合いの船が数社から出ているものの、オフシーズンはバスを使うしかない。それでも自然の岩が突き出したような海岸線を楽しみながら15~20分も走れば(シーズン中は倍くらいかかるかも?)もうポルトフィーノに到着だ。しかしバスの終点はなんとも静かな村のはずれ。正直なところ、ここがホントにセレブな・・・?って感じ。

      

ひっそりした石畳の坂を下って行くと、すぐ奥の方に海が見えてくる。気付けばシャッターを下ろしたブランドショップや高級そうなレストランが並んでいて、きっとシーズン中はまったく違った顔を見せる街なんだろうな、と納得。

    

あぁ、でも海を目の前にしたらそれまでの思いが吹っ飛んだ。

    

すぐ後方には自然がいっぱい残る山が迫るこの小さな入り江。派手さのない静かな空間と時間、そんなものが楽しめるここはやっぱりセレブなリゾート。がつがつした感がまったくない、まさに大人のリゾート。

          

ここまで来たら入り江を挟む小高い丘の上まで上ってみよう。この街を望める絶好の場所(サン・ジョルジョ城塞)があるらしいよ。オリーブや松の木々の合間を縫うようにちょっぴり急な階段と坂道を上って行くと…

    

木立の合間から見えるまさに隠れ家的なポルトフィーノの前景。ここまで来ると山の上の方までたくさんのヴィラ(別荘)が立ってるのがわかる。それにしても入り江にぎっしりと並ぶ色とりどりの家のかわいらしいこと。

    

こんな小さな入り江をよく見つけたものだと妙に感心したり。ちなみにサンタ・マルゲリータ・リグレはこの入り江の右奥。

    

もう一度港に戻ると、いつの間にやって来たのかカフェのテラスで日向ぼっこを楽しむ人々の姿。多分シーズンともなれば人も多くてずいぶん雰囲気も変わるんだろうけど、このひっそりとした時季にここへ来たことは逆にラッキーだったのかも。

    

太陽と碧い海と静かな時間、これ以上望むものはなにもない、よね?静かなリゾートに乾杯。


←静かなリゾートにポチしてね。

2番目に食べたくなるのはラーメン。

2008-01-30 | 今日の献立
    

今夜は野菜たっぷり味噌ラーメンです。

    

ラーメンって日本に帰ってきて1、2を争う食べたいメニューのひとつだよね。
今回は白いご飯に負けたけど、ラーメンは旅行中に夢にも出てくる食べ物なんだよね。
今回、白いご飯に負けたのはイタリアに持っていったカップラーメンを途中で食べたからなんだよね。

    

酒の肴は鱈の煮魚です。これはランキング3位だね。

    

留:隊長。もうすぐ食べ終わるからね。
隊:うん。

    

隊:ラーメン好きだよね。美味しいの?
留:美味しいよ。隊長は上品で麺をすすれないから食べるのは無理だね。


← 美味しかった~。帰国後に食べたい物ランキング3まで制覇しました。明日の朝は何を食べようかな~。

やっぱり白米だよね。

2008-01-30 | 今日の献立
    

朝方は雨で散歩に行けなかったけど、太陽が昇ってきました。
今日は暖かくなるみたいだよね。洗濯物が山のようにあるから大助かりです。

    

今日の朝食です。
日本に帰ってきて食べたい朝食は、白いご飯に味噌汁だよね。

    

アサリの味噌汁が最高に美味しいです。
もう幸せです。

    

アジの開きにタマクリがあれば、あとは何もいりません。
本当に日本人でヨカッタ~。と感じる朝食でした。

ごちそうさま。


← 大満足な朝食にクリックしてね。
← ホームページも見てね。

お知らせ

2008-01-30 | プライベート旅行
    

今回の北イタリアの旅、写真を張り替えたからよかったらもう一度見てね(カテゴリーはプライベート旅行ですよ)。旅行後記もお楽しみに。

写真はおとぎの国のようなマナローラ(チンクエテッレ)


← たくさん撮って来た写真もお楽しみにね。
← ホームページも見てね。

帰り支度?

2008-01-29 | 添乗日記
なんだかゴソゴソと始めたドン様。クッションとフリースをはじき出してらっしゃいます。荷物をまとめているのでしょうか?

ただいま~!

2008-01-29 | プライベート旅行
窓から空港が見えはじめたのと同時に雨粒が。おやおや、日本は雨だ。向こうがあんまりお天気がよかったもんだから、ちょっと意外。それでも予定より少しだけ早い到着にホッとひと息。ちょうど到着便は他にないとみえて、バゲージクレームにはミラノから到着した私たちの便の表示だけ。閑散とした雰囲気に、着陸する間際から急激に襲われた睡魔が再び。

幸いにもあっさり出てきた荷物をピックアップして到着ロビーに出ると、おや?まるでお正月に逆戻りしたような琴と尺八の音。ついでに晴れ着姿の女性の姿も。取材陣が待機してるところをみると誰か到着するのかな。

あぁ、でもそんなことより1分でも早く隊長を迎えに行かなきゃ。勘のいい子だからきっと今日までいくつ寝たか覚えてて、そろそろ帰って来ると思ってるかも知れないし。いやいや、それとももう昔のことはすっかり忘れて、昼間のお散歩を楽しんでるかな?


← たくさんのみやげ話を持って帰ってきたお2人さんに、ポチッとしてね
← ホームページも見てね。


もうすぐ、帰ってきますね。

2008-01-29 | 姉のコーナー

添乗員さんと留守番隊は、もうすぐ帰ってきますね
どんちゃんも、もうすぐお家に帰れるね。
ひろみちゃんには、大変お世話になりました
私のお留守番も、これで終わりです。
それでは、またあそびにきま~す


← 順位が上がっていると喜ぶので、駆け込みのポチをよろしくね
今まで押したことのないあなたも、ポチッとお願い

← ホームページも見てね。