奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチブルドッグ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

ノルマンディー、モンサンミッシェルの味覚

2006-10-31 | 添乗日記

さすがに早朝のモンサンミッシェル、さぞかし静かだろうと思いきや、どうしたことかと思うほどすでに参道は人の山。グループはもちろん、家族連れの姿も結構多い。どうやら明日の祝日(万聖節)にかけて連休を取ってる人がかなりいるらしい。

西洋の驚異とまで言わしめるこの美しい姿を目にすることはもちろんだけど、ここでの楽しみは食にもある。蛎やムール貝といった海の恵みに加えて、ミネラルたっぷりの海藻を食べて育ったラム肉、さらにフランスを代表するチーズのひとつ、カマンベールチーズなどなど。ちなみに一番有名なオムレツは…一度食べればもうたくさん?

ついでにこれらノルマンディー地方の名物に合わせるなら、何と言っても林檎の発泡酒シードル。辛口なら甘ったるくなく、料理にも合わせやすい飲みもの。ぜひお試しあれ♪


オリーブの葉っぱ

←いつも応援してくれてありがとぉ
食べ物が美味しいモンサンミッシェルに行ってみたい。と思ったらクリックしてね。

留守番隊は手抜きの夕食

2006-10-31 | 留守番隊の料理

     

今夜はスーパーで寿司を買ってきてしまいました。
プロの主夫を目指しているのに失格だね。こりゃ

     

でも、ちゃんとお皿に盛ると500円には見えないよね。
少し贅沢をした1日でした。

ごちそうさまでした。


オリーブの葉っぱ

←たまには手抜きも必要だよね。
明日からプロの主夫復活だからクリックして応援してね。

留守番隊のランチ

2006-10-31 | 外での食事

     

いつもお昼を食べないのに1個10円のピーマンを買いに行ったら隣の焼肉屋に知らないうちに入っていました。
ダイエット中なのにヤバイな

     

焼肉ランチB1,130円
AとBがあってBは少し量が多くなるんです。
ライスとワカメスープ、コーヒーが付いています。

     

今は何も考えないで焼きましょう。

     

焼けたら食べましょう。

うー。美味しかった。
満足、満足。ごちそうさまでした。

食道苑
ダイエー所沢店の隣です。

     

隊:なんでピーマンを買いに行って焼肉の匂いがするの
留:わからん。アハハハハ


オリーブの葉っぱ

←10円のピーマンが1,000円の焼肉になった留守番隊に優しくクリックしてね。

留守番隊の朝食はホワイトカレー

2006-10-31 | 留守番隊の料理

     

朝食は昨日のうちに作っておいたホワイトカレーです。
一晩寝かせたこのうまさです。

添乗員さんは本格的なカレー以外はカレーじゃないと怒りだすので、以前買って残っていたホワイトカレーを留守中に始末します。
今回はジャガイモが無かったから里芋で作ってあります。

本格的なカレーじゃなくても美味しいのにね。
ごちそうさまでした。

添乗員さんは、あまりのハードスケジュールをこなすのに精一杯でブログをアップする暇がないようです。
旅行ブログが犬と親父のしょぼい飯ブログになっていてごめんね。


オリーブの葉っぱ

←親父のショボイ飯はいらないけど隊長が可愛いから許すよ。って言ってくれる心の広い人は、ついでにクリックもしてください。

夕闇せまるシュノンソー城

2006-10-31 | 添乗日記
    

パリの南西に位置するロワーヌ地方は古城巡りの地として有名。中でもその優雅な姿が人気のシャンボール城、そして城にまつわる歴史が興味深いシュノンソー城あたりが代表的。

城の造りや豪華さはともあれ、一番興味深いのは何と言ってもシュノンソー城。フランス王アンリー2世の正妻カトリーヌドメディシスと妾のディアーヌとの確執が繰り広げられたこの城の歴史は、美しいその姿以上に見る者の興味を引く。

    

カトリーヌドメディシスと言えば、そう、イタリアのメディチ家からやってきた王女。このへんのからみは下手なメロドラマなんかよりずっと面白い。もう一度世界史を勉強しようかな?って思うほど…

歴史が深いこのヨーロッパを旅するにあたって、街の情報は確かに必要。でもついでにちょっとだけでもその地にまつわる歴史をたどっておくと、旅は2倍にも3倍にも膨れあがって面白くなるよ!

写真:夕暮れ時のシュノンソー城(上段)と庭園(下段)


オリーブの葉っぱ

←いつも応援してくれてありがとぉ
世界史や日本史など歴史の勉強は面白いよね。興味をもつのは大人になってからなのかな?歴史に興味がある人はクリックしてね。

留守番隊はヘルシーグラタン

2006-10-30 | 料理レシピ

     

今夜は野菜たっぷりグラタンです。

     

タマネギをオリーブオイルで炒めて軽く塩、コショウをします。
その上にレンジでチンしたジャガイモの薄切りを乗せて、
     

薄切りトマトも乗せます。

     

ホールトマトとインゲンを炒めて生クリーム、塩、胡椒で味を整えたソースをかけて、チーズ、パン粉をかけてトースターで焼きます。

     

ほら出来上がりです。
簡単で美味しいから、作ってみてね。

美味しかった。
ごちそうさまでした。


オリーブの葉っぱ

←簡単でビール、ワインにピッタリだから作ってみてね。
早速、作ってみようと思ったらクリックしてね。

アルルはミストラルの街

2006-10-30 | 添乗日記
    

アルルの街が近づくにつれて風が強くなってきた。車窓から見える大きなポプラや糸杉の木々がかなり揺れてる。ミストラルの街だものねぇ。ひょっとして寒いかな?ローマ時代の数々の遺跡や戯曲「アルルの女」、フランス闘牛、さらにゴッホの滞在した街として多様に知られるアルル。

この街を流れるローヌ河に沿ってアルプスの山から吹いてくる冷たい風がミストラル。時にはものすごい突風にもなるから用心しないと。でも今日は心配したほどの強風でもなく、ここでも南仏の太陽に救われた。

旧市街は今までのどの街よりもさらに素朴な石造りの街。日曜日で商店が閉まってるせいもあるけど、とっても静か。ようやく起き出したらしい民家の窓が開いて、おばあちゃんがベランダに置かれた鉢に水をやってる。

こんな日は、小さな広場に面したゴッホの描いた「夜のカフェテラス」でのんびりカフェオレでも飲みたいとこだね。ほ~ら、かわいいカフェの看板娘も現れたことだし。「おね~さん、寄ってかない?」


オリーブの葉っぱ

←いつも応援してくれてありがとぉ
ニャンコの客引きには弱いよ。ってあなたは1クリックしてね。

留守番隊はいつもの朝食

2006-10-30 | 留守番隊の料理

     

今朝は普通の朝食です。
朝から生姜焼きを食べるのは無謀だと気がつきました。
気がつくのが遅いよね。

     

定番のシャケとタマクリ、みそ汁(なすと油揚げ)、ナスの塩もみです。

やっぱり普通の朝食が一番美味しいね。
ごちそうさまでした。


オリーブの葉っぱ

←休みが終わるのは早いよね。
でも今週は木曜日まで頑張れば休みがくるよ。クリックして頑張ろうね。

プロバンス銘菓カリソン

2006-10-30 | 添乗日記
    

フランスへ来るとやっぱりお菓子屋さんが気になる。なんだかんだ言っても、やっぱりスイーツの美味しさでは右に出るものなし?人気のお店はいつだって人だかり。老若男女かかわらず、みんな美味しいものには目がないよね。

ところで南仏ではお菓子屋さんに限らず、パン屋さんでもお土産屋でも目につくのがカリソン。元々はエクスアンプロバンス生まれのお菓子で、今やプロバンス銘菓って感じ。

アーモンドを使った練り菓子で日保ちするからお土産にもいい。ちなみにエクスアンプロバンスにある有名店はミラボー通りにあるBechard。ここはいつだって美味しいスイーツを求める人でいっぱいよ。ちなみに一口サイズのカリソンが20個入ったものが3~4ユーロなり。


オリーブの葉っぱ

←いつも応援してくれてありがとぉ
プロバンスのカリソンが食べたくなった、あなたは1クリックしてね。

南仏プロバンスのシンボル

2006-10-29 | 添乗日記
    

プロバンス地方の街を歩いてると、どこからともなく蝉の鳴き声が聞こえてくる。はて?こんな時季にまさか蝉がいるはずもなし…


土産物屋で必ず見かける蝉の人形。鳴いてたのはこれだった。プロバンス地方のシンボルでもあるマスコットで、幸せを運んで来てくれるのがこの蝉。

ミンミン、ジージー、今日も元気よく観光客を迎えてくれてる。小さなマグネットや大きな陶器でできた飾りものまでより取り見取り。南仏プロバンスの思い出にひとついかが?


オリーブの葉っぱ

←いつも応援してくれてありがとぉ
こんな可愛いシンボルなんて素敵。と思ったら1クリックしてね。