奥様は海外添乗員

週末ランチはアメリカ〜ン @ BONES

 
ラッキーにも梅雨の晴れ間となったこの週末。ちょうど休みだった留守番隊と、ずいぶん前から気になっていたお店へランチに行って来ました。
 
 
 
向かった先はボーンズ交差点。これって実はお店の入り口に当たる交差点に立てられた、お店自体の看板?のようです。場所が少々わかりにくいので、いい目印になります。
 
 
 
とはいえ、よくよく見ればこんな派手な看板が。しかも道路にまでWELCOMEの文字。って、ちなみにここって私道なんですかね?
 
 
 
それはともあれクネクネ進んで行くと、なにやら物騒な看板。確かにプチ・ジャングルっぽくてワニでも出てきそうな場所なんです。いやぁ、お店に到着するまでのわずかな間にワクワク感が溢れてきます(笑)。
 
 
 
そんなこんなで到着したのがこちら。11時のオープン直後だったにもかかわらず、すでに車が入ってますね。さすが人気店?
 
 
 
場所は東海岸に面したうるま市街地から西海岸の恩納村に抜ける道中。ただ通常観光客が利用するであろうルートからは若干ずれてますので、私たちもスマホのナビを見ながらなんとかたどり着きました。
 
 
 
店内は噂通り。どっしりとしたカウンターやテーブルなど、沖縄では珍しく木がふんだんに使われていてアーリーアメリカンな雰囲気です。ただ天井からぶら下がってる星は・・・いらないかな。
 
 
 
さらに壁に描かれたお肉が可愛い。肉食男女にはめちゃウケそうですね。では真面目にメニュー選びしましょうか。ところでこの店は全国ご当地バーガーグランプリで'17年と'18年、2年続けて第2位となってるんですよ。
 
 
 
賞をもらっているのはどちらも地元の食材を使用した阿麻和利バーガー。あっ、阿麻和利(あまわり)っていうのは琉球王国時代に本島中部を治めた武将の名で、世界遺産に登録された勝連城跡は彼によって建てられたもの。今でも地元民からとっても愛されていて、年に数回はあちこちで彼の生きた時代の史劇が現代版組踊として開催されてます。勝連城跡に行った際はぜひ彼の名を思い出して下さいね。
 
 
 
一応私たちも現在は地元民。ですが、バーガーの内容を見た上で、こちらをオーダーしちゃいました。阿麻和利さん、ごめんなさい。きゃ~、それにしてもデカっ!
 
 
 
まずはお店の看板メニュー、ボーンズスペシャルバーガー(1,500円)。分厚いハンバーグに甘いオニオン、フレッシュな野菜、ピクルス、さらにこれまた分厚いベーコン入りです。
 
 
 
もうひとつはチーズバーガー(1,200円)。多分一番ノーマルなバーガーかと思いますが、それでもこの厚さ。どちらもフライドポテトとドリンク付きです。ちなみにドリンクはコカコーラ、ジンジャエール、アイスコーヒー、ウーロン茶、ルートビアなどからチョイスできます。
 
 
 
さあて。この分厚すぎるバーガーをどうやっていただくかといえば・・・ちゃんとテーブルにセットされているペーパーに挟んでいただきます。でなきゃ、絶対バラバラに分解しますよぉっ! それでも食べるのはひと苦労。初デートでの来店はやめておいた方がいいかもね。お品の程が丸見え状態になります(汗)。
 
 
 
とはいえ、お店自体もなかなかいい雰囲気だし、パテは肉肉しくて思い切りアメリカ〜ン。こんなお天気なら外でビールと一緒にいただくのもいいですね。おすすめメニューの各種お肉のプレートも美味しそう。ホテルの集まる恩納村からはそう遠くないし、ぜひ飲めない運転手を見つけて?あるいはタクシーでお出かけ下さい〜
 
 
 

1日1回の応援ポチしてね〜♪

最近の画像もっと見る

最近の「沖縄散歩」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事