奥様は海外添乗員

沖縄に移住した海外添乗員、留守を守る隊長(フレンチブルドッグ)と留守番隊のつれづれ日記。海外&沖縄から新鮮な情報を発信!

おわりに〜北欧の旅は太る?

2018-09-09 | 添乗後記


そろそろ次の出発も近づいてきたことだし、今回の旅の後記も最後の締めくくりをお送りしたいと思います。



っと、やっぱり最後は北欧の食事。北欧と聞いてすぐに思いつくような料理はあまりないかと思いますが?



海に囲まれた北欧諸国。昔からたくさんの船乗りたちが海を渡り、彼らがバイキングと呼ばれていたことはご存知でしょう。ちなみに日本ではアニメの影響でバイキング=海賊と勘違いしてる方も多いようですが、決して悪い船乗りばかりではなかったんですよ(笑)。彼らの多くは他国との交易でヨーロッパに富をもたらしたよき商人だったと言えます。



そんな時代から珍重されていたのが、現在でも北欧を中心に人気の食材となっている干し鱈。海をまたぐ生活をしていたバイキングたちには欠かせない食料でもあったわけです。そんな地だけに現在でもヨーロッパにしてはシーフードをいただく機会が多く、魚好きな日本人には嬉しいところ。とりわけノルウェー サーモンやニシンのオイル漬けは朝食のブュッフェ台にもたいてい並んでいます。



ついでにバイキングといえば、好きなものを好きなだけいただけるブュッフェ様式の食事をいいますが、これもスウェーデン発祥のスカンジナビア料理が起源。



そんなわけで、北欧諸国の朝食や夕食のブュッフェ台は実ににぎやか。同じヨーロッパでも南の国々とは大違いに野菜から冷たい料理に温かい料理、さらにデザートまで盛りだくさん。



これがまだ夜だけなら理解もできますが、なんと朝から!普段なら10〜15分もあれば済む朝食がさすがに北欧だとそうもいかず、毎朝早くからレストランに足を運んでました(汗)。



つまり私としては珍しく朝からお腹いっぱい食べ、さらに夜もボリュームたっぷりな料理を完食こそしないまでもいただいた結果・・・



普段なら1kgくらい落ちる体重も今回に関しては落ちるはずもなく・・・



ここのところキープしていた自己ベスト体重を2kgも増やしてました(涙)。



あっちゃ〜!まあ、なるべくしてなった結果です。何しろ毎回の食事の最後に出てくるデザート、写真は全くないんですが、それなりに美味しくいただいてましたしね。



そんな今回の料理内容を順にご紹介しますと、ニシンのフライ、黒パンにマヨネーズで和えた海老をいっぱいのせた前菜、ノルウェー サーモンのグリル、ローストポーク&ソーセージ、海老のカクテル、スモーブロー(デンマーク風オープンサンドウィッチ)などなど。



コニー : ちょっと太ったの〜
添 : 食べすぎた・・・。

ま、もうひとつの理由は「アルコールが高くて手が出ないからその分食べた」ってことなのかも知れませんけどね。やれやれ・・・北欧の旅は太るので要注意です。

おしまい


← 嬉し悲しい北欧の旅にポチしてね。
『海外旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« やっぱりおあずけ!お洒落カ... | トップ | 母子水入らずの1日 »
最近の画像もっと見る

添乗後記」カテゴリの最新記事