Let's go climbing !!

雄鹿が鳴くと雨ずらよ
2015,12,1
フリーソロで完登

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2015の登攀(その一)

2015年12月15日 | 日記

2015年、50代に突入して迎えた今年ですが、怪我や病気になることなく無事に過ごせました。
年のスタートは新エリア開拓に没頭しました。
通称「滋賀の小川山」では美しいクラックを2本登りました。
エリアの右に鎮座する巨岩に走る斜上クラック「ドゥンガ」です。
スゴく格好いいボルダーでみんなが初めて見ると「オ~」っと声を上げます。
右手水平クラックにハンドジャムスタートで左にトラバース、複雑なバランスを要求され、抜けはガバでダイナミックにトップアウトです。
グレードは当初は初段かなと思いましたが1級が妥当かと思います。
この巨岩の下部にある大穴から恐らくランジになると思いますが、完成すれば凄い課題になります。
オープンプロジェクトとして今後に期待します!恐らく3段以上でしょう。
個人的には滋賀で一番美しいクラック「007」も完成しました。
岩に刻まれた数字の7はとても印象的です。
クラックが閉じているので3級程度のフェースムーブでスタートしますが、フィンガーからハンドの快適なクラックです。
水平クラックも変化があって面白く、最後はノープロテクションになりますがスッキリしたカンテで岩塔を登り切ります。
グレードは最初のムーブや複雑なプロテクション、最後のランナウトを考慮して5.11aかなと思います。
エリア左のラマ岩に開拓したボルトルートの「小川山ドリーミング」5.11bも楽しかったです。
このルートはさらに上部に伸ばすことが出来れば5.12以上になります!
これはオープンプロジェクトとします。
滋賀の小川山はルートとボルダーが混在するユニークな岩場として大切に使って行きたいです。

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Friends | トップ | 2015の登攀(その二) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事