オクテック ガレージ ブログ OKU-TEC garage

大した人生ではないけれど,それでも読み返せば思い出されるあのときのこと.消えないように,そして生きた証になるように

「ポタポタ垂れる蛇口の修理の続き」の続き 水道の蛇口の長いスピンドルをニコイチで作ってみる

2016-11-28 04:16:46 | 自宅の修繕、修理
以前「お風呂のお湯の蛇口が閉まきらずポタポタ垂れる」と書いた話しの続きになります。

当時の写真の日付を見た見たら2014年の1月20日となっていたので2年ほど前のことになります。
その時のブログがコチラで、その続きを翌23日に書いたのがコチラ



ポタポタ漏れる原因は二つあって、一つはゴムパッキンとの座面の当たりが悪く密閉出来なかったのと、もう一つが蛇口を締めるためのスピンドルのネジ山が
すり減っていたこと。



その時のパッキンに残った密着不良の当たり痕がこんなの。







すり減ったネジはこんなのでした。








当たり面(座面)は面取りカッターでサラって整えることでポタポタ度合いは軽減したものの完全とはいえず。
すり減ったネジ山は交換するしかないけどスピンドルが普通より長くて一般的でないため入手出来ず結局そのまま。
仕方なしに「禁断の二枚重ね」と称してパッキンを二重にして座面に押しつけたときにより潰れやすくしてごまかしました。

その写真がこれ。








ここまでが2年前のおさらい。

パッキンを二枚重ねにしたためか、蛇口を開けた出始めの湯量だけ何故か多く、でもすぐに減ってしまうので再調整が必要で面倒でした。
ただそれでも何とか漏れも無く使えていたのですが、最近になって締めてもしばらくするとポタポタ漏れるようになってきて、寝る前に締め直すようにしてきました。



で、とうとう昨日のこと。
とら母(嫁)が蛇口を締めようとした瞬間、「クルリン」っと言わんばかりに蛇口が空転。




「あっ!?」

その瞬間、とら母はあっけにとられ、自分は何が起きたかすぐに想像できました。
そう、ネジ山が飛んでしまったのです。


僅かにでも残っていたネジ山がとうとう無くなってしまったと言う訳です。

何とか風呂を終えて、食事の洗い物をしている間はタライで受けて湯船に入れて、寝る時は給湯器の元栓を止めて・・・。
ごまかせるのも今日明日まで。明日中に何とかしなければならなくなりました。



翌朝試しに元栓を開けて見ましたが、ギリギリに蛇口を閉めてもかなりの漏れ量。昨日より酷くなったかのようでした。








修理の方法は2年前にすでに決まっていました。

スピンドルはネジの部分とハンドルが付く部分が独特のため作るのは困難。
なので普通のスピンドルを2個使ってゴムパッキンのあるネジ側の部分とハンドル側の部分をつなげる「ニコイチ」でした。

つなげる部分は真鍮製なのでロー付けで、でも“切りっぱ”(切りっぱなし)ではロー付け面積が少ないので、インローにして・・・っと。

そんなことを考えたら面倒になって・・・・

でももうやるしか無い状況になったという訳です。



長いスピンドルの蛇口。二年ぶりのご対面。







ちょっと長いスピンドルは売っていたんですが、メーカーを探して電話して・・・・みたいに本気で探す気には何故かならず。

嗚呼、うとましいこのスピンドル。










無くなったネジ山。
何故か「禁断の二枚重ね」にしていたパッキンが一枚しかありません。
もう一枚はどこに行ったの?

すり減ったネジ山もどこに消えたの?
真鍮は銅と亜鉛の合金。
銅と亜鉛のエキスが混ざったシャワーだったのかもしれません。








寸法を測ってみました。(記録として載せときます)

ネジ山から測ると約60mm。






ゴムパッキン基準で測ると約85mm。








ニコイチ。

長さ的に余裕が有ると思っていたら意外と無くて、ネジの部分も使わないと足りない。








どっちから作ろうか?

まずはハンドルが付く方から。








ネジの部分を軸径になるように削って。










そんでもって、インローにするためにゴムパッキンのコマが入る穴を広げます。









削ったので並べてみた。

両者を凹凸で差し込むインローにするためには、パッキン側(右側)の方のハンドルが付く横溝(スプライン)の所を削って長さ的に丁度良い感じ。









パッキン側の加工です。
ネジ山があって太くてそのままでは旋盤のチャックに固定できません。

工作友達のkagayakiさんに以前勧められて買っていた生爪が役に立ちました。

プロが見たら笑われそうですがチャックの二段重ねに生爪を取り付けてチャッキング。









ここで最初のボケ発生。

このハンドルが付く部分にはハンドルを固定するネジ穴があって中空な訳です。
軸にしようにも中空では肉厚が不足します。

そこを見落として穴径と軸径を半々と割り振って削って・・・・。
あとからネジ穴があることに気付いてしまいました。
大丈夫かともおもったのですが、“中空の軸”に対して嵌まる側は“径が大きくて肉厚もあって”、アンバランス。







作り直すことにしました。







半々では無くて今度は3:7くらいの割合です。








何気に削った一発目が削り過ぎてユルユルで2度目のボケ。
またやり直しの末、取りあえず切削加工は完了。








キツキツのインローにするつもりが普通にスッと入るくらいの公差。
ロー付けの際に毛細管現象でローが溶け込みやすくなるので、この方が良いかと思いつつも、想定通りにならずちょっと複雑な心境。








内部が空洞のままロー付けはどうかと思い、空気抜きの穴もあけてみた。
石橋を叩いて壊して渡る方です。









切削加工が終われば後はロー付けだけ。

何とか今日は普通にお風呂に入れそうな予感が漂う瞬間。








あとはロー付けだけのはずが、思うようにはすすみません。

思いの外、熱量が足りないみたい。

バーナーを追加してダブルであぶりますが手は2本。ロー材を流し込むのには手が足りません。

溶けないロー材に焦りも加わり。

おまけにバイスからスピンドルが外れて落下。
くっついてない無いし、スピンドルは曲がるし・・・・3度目のボケ。

今日のお風呂は駅前のスーパー銭湯かと頭をよぎる。









ハンドル側のスピンドルの穴が広がってしまったので、そちら側だけ作り直し。


ロー付けは立てた方が良かったみたい。
バイスのはさみ方と熱の加え加減とロー材の溶かし具合の予習ができたので、今度は下手くそながらもロー付け完了。
何事も経験が重要。








合わせた所の隙間にチョンチョンとロー材を流し混めば良いものを、素人のアーク溶接のような団子状態。









外形を整えるために再び旋盤で切削。









旋盤で回すと振れがあったので見てみた。
落とした時にパッキン側も歪んだみたい。









不要かもと思いつつ振れ取り。

1/100







最後に仕上げの切削。








出来上がり。

スピンドルの軸径はΦ10mm弱。
最初から軸径にビチビチ合わせて削ったけど、後から思えば太めしておいてロー付けしてから仕上げればよかったと反省。








並べてみた。









付けてみた。
最初ネジ込みが硬かったのでアレっておもったけど、蛇口をお掃除したらすんなり入った。
削れたカスが残ってたみたい。

おまけに「禁断のパッキンの二枚重ね」で行方不明となっていたパッキンも中に残っていました。








作業の途中でふと思った事があった。
スピンドルが削れたのでニコイチで修理しようとしているけど、蛇口本体のネジが摩耗してたらどうしようかと。
スピンドルがめでたく出来て、はめてみたらダメやったと言う結末では悲しい。

そんなときに蛇口の材質が何かと思った。
前述の通りスピンドルは銅と亜鉛の合金である真鍮製。
ピカッと黄色く光るのは新品の5円玉と同じ材質。


一方、蛇口本体は砲金(ほうきん)
こちらは銅と錫(すず)の合金。その特性を調べたら耐摩耗性にも優れ大砲の砲身にも使われてとあった。

思えばゴムパッキンの当たり面を面取りカッターで削ろうとしても中々削れなかったのは材質のせいだった。



蛇口本体の摩耗の進み具合や水の方のスピンドルの具合とか気になることはあるけど、とりあえず出来ることはやったのでひとまず完了。



時計を見たら22時40分。
蛇口もスムースにまわってお湯もピタッと停まってくれたので嬉しくなりました。

それときっかけはどうであれ、工作機械を回してする作業はすごく楽しく思えました。






ではまた。



コメント (2)

スクラム軽トラ DJ51T 切れたシールドビームのヘッドライト 台所のDIYリフォームのお話 番外編

2016-11-23 13:28:34 | ガレージ日記
先週末のこと、リフォームの材料を買いにいこうとしたら軽トラのヘッドライトが切れているのに気付いた。

少し前に鉄くずを処分しに行ったときは左前のウインカー球が切れてたので続くなとあと、思いつつ、何故にまた左側!? って思った。









我が家の軽トラ。
オートザム(マツダ)のスクラム(DJ51T)という名前。
中身はスズキキャリー。

平成6年式なので22年落ち。親父の代から乗っていたもの。

最近ニュースで騒がれている高齢者の事故、うちの親父も最期の方は何度かぶつけたことがあった。
幸い物損ばかりだったけど、おかげでキャビンは結構傷んでいる。
左側を擦るならまだしも右側を擦るようになったら、止め時だと思う。





随分昔にヘッドライトが暗くて明るいバルブに換えようとしたら、この車がバルブ(球)とレンズが一体式の「シールドビーム」でバルブの交換が
無理なのを知って悲しくなった。


シールドビームって聞いて分かる人はたぶんオッサン。



レンズと反射鏡とフィラメントが一体式の球で、大きな裸電球みたいなもの。










裏を見てもバルブ(球)が無い。








ヘッドライトもHIDを通り越してLEDが普及しようとしているこのご時世に、今さらシールドビームを買い求めようとしていることが楽しくない。



調べたらシールドビームってもう生産していないとか出てきた。


“はぁ~”ってな気がしたものの、コンバートできるバルブ別体式、いわゆる普通のヘッドライトユニットが意外と安くで出ていることを知った。

昔、コレがあったらと思いつつ、モノタロウで注文した。

標準在庫品なので翌日には届いた。

小糸製。安心の日本製。








バルブがついて1個3000円しなかった。







マウンティングリングというレンズの周りに付いている「輪っか」を固定する留め具がレンズユニットと干渉するので位置を変えて交換。







フロントグリルを外す際に樹脂の留め具を割れてしまった。車の固定はよく分かりません。
入手したいけど名前も分からず、さてどうしよう。








ヘッドライトの交換は意外とすんなり終了。
いい加減な板金修理でキャビンとドアがこすれていたのをついでに修正したら、そっちの方が時間がかかった。
でもスッキリ。








これでHIDも入れられるし、LEDも入れられる。
22年のって走行距離がまだ47198KM。
落ちていくばかりの軽トラライフも少し希望の光がさした修理にちょっと嬉しく思えました。



この球切れの話を工作友達のkagayakiさんに話したら、「振動が原因らしくて、車を止める時に段差を乗り上げるから左側が切れたんじゃないですか」と教えてくれた。
普通は運転席側が多いらしく、ドアの開け閉めがその原因らしい。


なるほどと、少し感心。




さっき寅次郎と散歩してきたときのワンショット。
寒くなって落ち葉で彩られた公園。







よちよち歩きの寅次郎。

ちっちゃなころから飼っている寅次郎。
子犬から成犬になってまた子犬になっていく。
そんな風に見えます。




ではまた
コメント (4)

台所のDIYリフォームのお話 単管パイプを撤去してフローリングを剥がした 鉄スクラップはキロ9円也

2016-11-10 03:37:49 | 自宅のキッチンDIYリフォーム
前回がこちら





単管パイプで間仕切りの地を組んでいて一部は床の地の束として組んでいたので、全ての単管パイプを撤去しきれていませんでした。








奥の壁際の2本だけはどうしても床を剥がさないと撤去できなかったですが、それ以外は外せたので少しスッキリしました。









クッションフロアを敷いていたのでフローリングはまだピカピカ。

そのフローリングを全て剥がしました。








このあと合板を剥がして排水と床束を入れ直して、壁を貼って・・・・先はまだまだ長いです。









たまった鉄くずをスクラップ屋さんに持っていくことにしました。
サスペンションの沈み込みからしてさほど重くはなさそう。








娘が行きたいというので一緒に行くことにしました。
相変わらず軽トラにチャイルドシートは似合わないと思います。








自分が幼かった頃、親父の仕事に付いていくのが好きだったのを思い出します。
仕事についていきたいというと言うよりも、どこかに出掛けたい、車に乗りたいというのが本心でした。

娘もきっと同じと思います。










何事も経験ではないですが、大きな磁石で鉄がくっつくのを見せてあげました。
こんな所に子連れで来るのもあまり居ないと思いますが、作業員もみな親切で気を遣ってくれます。








お金をもらいに事務所に入ると可愛らしい女性の人が居て、娘を見てあめ玉をくれました。
いっぱいどうぞっていわれたけれど、娘は一握りの飴を握ってそれでも嬉しそうに喜んでいました。







鉄の種類を聞いたりしましたが感じの良いステキな方でした。






品名の H3の Hは「ヘビー」の記号みたいです。キロ9円でしたがまだ良い方の鉄らしいです。
大きいものは切断しないとならならないので単価がさがるといっていました。
たしか切断しないといけない鉄の呼び名は「 ギロ 」だったとおもいます。

ギロチンのギロです。

少しステンレスを分別して持っていったので金額が上がって助かりました。

銅がキロ500円ほどなので、銅線が盗まれるのがなぜか分かってもらえるかと思います。
ちなみにアルミは100円くらいです。







ではまた
コメント

台所のDIYリフォームのお話 番外編 ヴェクスター150とストリーム50とヴェクスター125を解体した。

2016-11-03 01:37:43 | 自宅の整理
台所のリフォーム中ですが、解体材料が出てきて手狭になるので同時進行で身辺整理を兼ねて不要なものを整理していっています。
後生に残して迷惑を掛けるのだけは避けたいです。

今は鉄くず特集。
分別して貯まってきていた鉄くずも、その存在が鬱陶しくなったのでこの辺で一度クリアにしてスッキリということで、ラストスパートでスクラップに
持ってく鉄をより集めてます。


まずは部品取りとして買った、ヴェクスター150。
こいつはエンジンが不動で外装類がきれいだったので買ったもの。

通勤ヴェクスターが壊れてその日のうちに修理しないとというときに随分お世話になった。
ブラックの外装に変えようかとも思ったけど、通勤号にあえて模様替えもなかろうということでそのまま。

ということで解体して軽トラに荷台に積み込んで、それから必要なもの、捨てるものを分別。
結構疲れました。








お次は、ホンダのストリーム50。
三輪のスクーターで、十年ちょいまえに熊本に転勤していた頃、足の悪い親父にと熊本で買ってハイエースで積んで帰ってきた。








初期のスクーターなので加速がむっちゃ遅い。
遠心クラッチで動力がつながり、エンジンの回転数の上昇で車速が上がる、なので出だしは体だけが前に進もうとのけぞってしまうくらい。

早々にエンジンが不調になってしまい、そのまま。







三輪なのでリアタイヤのスパンを広げてミニカー登録なんて人に人気があるかと思いきや、全くなし。
オークションでもこの手は入札ゼロ件。

なので解体処分決定。

三輪で車体がカーブでスイングするタイプなので、機構も立派。フロントも片保ちサスペンション。







停車時にハンドルにあるレバーを引けばブレーキが利きて、車体が直立してくれる。
スタンド不要なのがよかった。







50ccの小さなエンジンでこの車重は荷が重い。
エンジン単体にしたら見た目可愛く思った。







最後はヴェクスター125。

こちらは走行17000キロの事故車。

不運にも土手を走っていたときに対向車が寄ってきて、避けようとしてガードレールに衝突・・・って車両をオークションで買ったもの。
長いこと外に置いていたので「天空の城ラピュタ」じゃあないけれど、雑草が車体にまで入り込んであちこちから芽が出てます。








エンジンは始動性もエンジン音も良くて、すごく調子が良かった。

でも悲しいかな通勤号の方がエンジンを積み替えてから、もうすぐ8万キロになろうというのに、これといって不具合も無く出番なし。








エンジンと電装、ハーネスだけ残して処分。

寅次郎の寝床で作業なのでシートを敷いて汚さないように・・・と。










寅次郎も少し寒くなったのでガレージから少し移動して台所に入り口でおやすみ。






ではまた。






コメント