ととろサンのひとりごと

【観たり聴いたり旅したり】からこちらへ。日々の生活、旅する心、アメリカ滞在のつれづれを書き綴っていきたいと思っています。

我が家にも災害詐欺が・・・

2011-03-30 11:44:16 | 日々の中で

 まもなく4月弥生の月、桜はほころび始め、連翹や雪柳、乙女椿などが明るく柔らかい色合 いを添えて、春たけなわですよと告げてくれる。自然は怒涛のような力を静めれば、限りなく優しい。

あの大震災の3日後のこと、リーン電話のベル「XXさんのお宅ですか。X子さんでしょうか」慇懃ないわゆるセールステクニックの声音、やや中年っぽい。「XXXコーポレーションと申します。この度の災害では、皆さご心配のことと思います。わが社ではいち早くM不動産(大手不動産の名前)と提携致しまして、被害地の皆様のお役に少しでもたちたいと思いました、災害のための部門を立ち上げました。つきましては・・・」

冒頭から「う~ん、なんかおかしいな」と思い、少しばかり突っ込んでみようと「不動産の会社が義捐金集めて何をなさるのですか?」『それはこれから1,2ヶ月掛けて、被害地に一番良いやり方で救済しようと検討中です。』「お金を集めてそれから検討?もう少し具体的に聞かせて下さい」・・・・そんなやりとりのあと・・・ガラリと声の調子が変った!

うるせえなあガタガタ言いやがって!てめえ・・・』ガッチャン!電話は切れました。その後に『ぶっ殺すぞ!』という台詞が似合いそうな、もうヤクザさん丸出しの喋り方。ドスが利いていて。最初のソフトなセールストークの声音との違いの大きいこと。思わずドキッとしてしまいました。 

まだ津波が襲ってから丸二日しか経っていないのに。もう、そういうことを考える人達がいることに愕然としました。 その後色々なところで義捐金の呼びかけがはじまりましたが、店先に置いた義捐金箱のひったくりや、便乗ニセ募集などもあるようです。折角の義捐金、しっかりした間違いのないところにしたいものです。災害後の避難所などでの日本人の秩序正しさ、我慢強さなどが世界で賞賛されているというのに、一部の心無い人達がいることも悲しいけど現実なんですね。 少しでも早く原発が沈静化し、余震がおさまり、救援、復興が進みますようにと祈らずにはいられません。あの戦争からも立ち上がった日本人の底力、今度も発揮できると思います。

家を焼かれ、焼夷弾の火の粉の中を逃げ惑った福岡大空襲のあの夜、幸いに生き延びて、翌朝見た一面の焼け野原の光景は幼かった私の胸にも今も焼き付いています。沢山の焼死者も出たあの夜。疎開先で疫病が流行り、小さな弟は亡くなりました。田舎に親戚などのない我が家は、父の友人を頼ってようよう疎開したものでした。食べるものなど何もなくて、あの頃人々はどうやって生き延びてきたのだろうかと人間の持つ本来の野生的な生きる力に、今更ながら想いを馳せました。 

発現場で作業に当たる方々、被災地で頑張って下さる消防や自衛隊、ボランティア、地方自治体の方達、私などの出来ないことをしてくださることに感謝・感謝の気持です。 どんなに時間がかかっても、今度の震災を教訓として今後のの日本のありようを考えて、再構築できるに違いないと信じて、いたずらに騒がず日常の生活を過ごしたいと思います。

コメント

TVに釘付け、これは夢ではないのだ!信じたくないが現実だ!

2011-03-13 11:45:14 | 日々の中で

  たまたまTVを見ていた。「えっ、これは現実なのか」3月11日午後2時46分頃、国内観測史上最大のM8.8の地震。震源 三陸沖、宮城県で震度7を記録。関東大震災の30倍だとのこと。次々に怒涛のような津波(10メートル以上あった由)が町を、畑を、家を轟音たてて巻き込んで行く。木造の家などは玩具のように、あっけなく壊される。おびただしい車、船も流れ込む。集落ごと消滅したところも数箇所。一万人以上の人たちの安否もわからぬ。海に流された人が命を失って、また河口や湊に流れ込む。200、300と。これが現実なのだろうか。

とにかく横浜在住の娘一家の安否を。物が落ちて壊れた程度でみな元気。千葉や水戸など東京周辺に住むイトコ達や友人達も大丈夫だった。ネットで知り合った方達も、無事だった。アメリカの次女からも姉の安否を気遣う電話があった「カリフォルニア西海岸に津波到達。ヨットハーバーの繋いであった船が15隻破損。1人が亡くなった」とのこと。

自衛隊のヘリで救出される人々。こんな時は自衛隊や消防の人たちの機敏な働きが有り難い。何処から手をつけていいか解らぬ、悲惨などという言葉ではおさまらぬツナミの爪あと、がけ崩れ、家倒壊での生き埋め、石油タンクなどからの大きな火災!福島原発からの放射能漏れ、被爆者も出た。洗浄すればいいくらいの放射能だとの政府側の説明ではあるが。放射能漏れの発表が遅かったような気もする。

 ただただ、祈るような気持でテレビの画面を見つめて、呆然としているだけだ。

 続々と世界各国(現在56ヶ国)から救援の申し出。とにかく、何とか余震が収まり、出来うる限り敏速に救援体勢が動いてもらえることを祈るのみ。太宰府は快晴、青空と陽ざしが眩しい。この静かな春の日和の中に身を置いていることが、罪のような感じがする。私に出来ることは?改めて考えると、寄付とかそういうことしかないような気がする。

 とりあえず、何か書かずにはいられなくて・・・・・。

コメント

春到来・新幹線鹿児島開通・そして博多座【桜寿歌舞伎】

2011-03-11 08:29:04 | 映画・観劇・コンサートなど

 ミスミ草 朝起きだしても、ガウンを羽織らなくていいほど。確実に季節は春、暖かくなってきた。庭に出るとふっと沈丁花の香りが漂う。ご隠居が手入れしている鉢物のミスミ草も指先ほどの小さな紫の花を咲かせている。ピンクの乙女椿も咲き出した。

3月12日の九州新幹線鹿児島ルート全線開通を前に、新・博多駅ビルの賑わいが日々報道されている。6日土曜日は各地からの家族連れなどで、その人出は32万人とか。前夜から並んだ人もいるとか。そのエネルギーと新しもの好きな好奇心の旺盛さには驚かされる。人ごみ苦手な私、当分博多駅周辺には近寄らないようにしよう。若い頃はそうでもなかったが、最近は天神界隈の雑踏ですら、苦手だなあと思うようになった。これもトシのせいなのだろうか。

 鹿児島まで新幹線が走ると、博多座観劇も日帰りで出来るようになるので、それにあわせての【桜寿大歌舞伎】、久々の勘三郎出演とあって前評判は上々。売り出しとともにチケットは多分完売になるだろうと聞いた。が突然の病気休演。あの芝居が好きで好きで、絶えず面白い舞台を見せたいと、高熱でも25日間演じきるという勘三郎サンが休むというのは、余程の事態に違いない。代役は座組みの中で決めるので、今回は息子の勘三郎さん・義弟の橋之助さんが急遽つとめることになった。

歌舞伎を見たことのない人でも勘三郎サンは知っているという、著名度の高い役者さんなので、それを目当ての観劇の人やJRのツアーなどが多かったようで、休演となるとキャンセルも入ったらしい。惜しいことをしたものだ。勘太郎サンの初役を見る機会は一回きり。将来19代目勘三郎を継ぐに相応しい素質を持ち、努力を重ねる役者サンなのに。私の会の人たちは「残念」といいながらも(勘三郎サンの舞台を初めて観る人も多いから)若い人の舞台に期待してキャンセルもなかった。

昼の部はまだこれから観るのだが、観てきた会員さんからの電話などでは「橋之助さんの俊寛もよかったよ」【薩摩異人館】は泣けた。七之助サンきれいねえ、【吉野山】は・・・と概ね好評である。

9日私は【夜の部】に行ったのだが、二階B席あたりにはかなりの空席がめだった。舞台から見ると劇場内は手に取るように見える。舞台バックヤードツアーに参加したことがあり、博多座の舞台に立って見回したことがある。それこそ居眠りしている人、何か食べている人、なんでも見えるのである。空席のある劇場、演じる役者サンたちは、辛いだろうなあ。

勘太郎サン初役の【夏祭浪花鏡(なつまつり なにわかがみ)】の団七黒兵衛文字通りの熱演、他の中村屋(勘三郎サンの屋号)の役者サンたちもしっかりと脇を固めて、面白いゾクゾクするような舞台に仕上がっていた。歌舞伎は難しい、そんな言葉は吹っ飛んでしまう、誰にでもわかる舞台である。随所に歌舞伎の面白みが盛り込まれている。ニューヨークやベルリン、ごく最近は大阪城での上演が話題となったこの狂言、串田和美さんの演出、美術。舞台美術も斬新で歌舞伎本来のものを壊さず、斬新な構成となっている。

平成中村座の芝居小屋風に、一階にはこんな平場が出来ていた。本水を使う場面があるので、この席の観客にはビニールのポンチョが配られた。横に出来た階段から役者サンたちが、客席に降りてくる。観客と舞台の一体化を願う勘三郎サンの【中村平成座】の様に博多座をなんとか模様替えしたものだ。

【棒縛り】は狂言でおなじみの太郎冠者・次郎冠者の登場する滑稽味のある舞台。手を縛られた二人が、殿様の留守になんとかしてお酒を飲もうとするくだりや、酔った様でのやりとり、客席は大いに沸いていた。小太りの猿弥サンとほっそりした七之助サン(勘太郎の代役)の組み合わせの妙がオモシロイ。

私が人で持っている「たまには歌舞伎を観よう会」は、地方在住で【歌舞伎なんてみたことがない】そんな人たちが、江戸時代にはじまり、400年生き抜いてきた日本古来の芸能、世界文化遺産にもなった歌舞伎というものに触れてみる、そんな機会があったら・・・との想いではじめてしまった会である。最初は太宰府からではチケット購入が面倒でという人のために、15名以上だと団体で確保できるから~~と軽い気持ちだった。今は90数枚のお世話をするようになった。会報に私なりの解説などを入れて、”初心者の人に解り易く”をモットーにして作っている。チケットの仕分けなどは友人が手伝ってくれている。

自分では密かに「これも一つの文化ボランティアかな」と思ったりしている。初めて歌舞伎を見てすっかりハマッテしまった人も多いが、苦手だなと思う人は次回からパスすればいいのだが、不思議に会員サンは増え続けてしまった。4,5人のグループで申し込む人たちも多い。

昼の部は歌舞伎は初めて】という、町内の子供会のお母さん達と行くことになっている。歌舞伎初めての人の感想を聞くのは、とても興味深い。面白かった、面白くなかったのいずれにせよ。

夜の部の熱い舞台に、カーテンコール、そしてスタンディング・オペレーションと続いた。私も手のひらが痛くなるほどの拍手を送った。そうするに相応しい舞台となっていたから。

勘三郎サンのあのゆとりあると思わせる舞台にまで近づくのは、まだまだ先のことかもしれないが、急遽の初役、見事にこなした勘太郎サン!こうして脈々と芸は継承されていくのだろうなあ。26日の千穐楽まで、口コミででも観客が増えてくれたらいいなと思ってしまう。確かに勘三郎さん抜きでのあのチケット料金は、C席を除いてはやはり高すぎるとは思うが、突発的なことだから仕方がないだろう。それにしても25日間ぶっ通しの舞台を勤める、歌舞伎の役者サンたちの体力努力、凄いなあと思わずにはいられない。

海老蔵不祥事件(これは如何に歌舞伎贔屓でも、眉を顰める事件だ。あのマスコミの騒ぎ方にもうんざりはしたが。とにかく自重して欲しい。海老蔵サンの舞台は素晴らしいのだから)に続き勘三郎サン休演。富十郎サン逝去、歌舞伎界に嵐が吹くが、無事におさまって欲しいものだ。勘三郎サン退院のニュース、今まで全力で突っ走って来られたのだから、ここらで休養も大事だと思う。お大事に!充分回復しての舞台、お待ちします。

私自身昨年は手術・入院な突発事件(苦笑)があって、歌舞伎ブログ歌舞伎観たまま・想うままも更新が少ないなあと改めて思う。

春来る!実感とともに、私もソロソロ行動開始、まずは三月博多座歌舞伎のこともUPしなくちゃあ。誰も訪れることのないブログだけど、演劇好きな私、記録のためにもと思って作った部屋である

コメント

”今日はなんの日”

2011-03-06 17:30:22 | 日々の中で

3月6日(日) 朝からシトシト絹糸のような雨、こんな優しい雨には春の気配がただよう。やっと盛りとなった庭のピンクや白の梅の花も柔らかな小さな雨粒を宿らせている。椿の葉の濃い緑も艶やかだ。草花が芽生え、樹木の新芽、柔毛もしっとりと雨のしずくを喜んでいるように見える。

まもなく自然の万物目覚める春へと、季節は衣を替える。若い頃はセンチメンタルで乙女チックな気分に浸れる秋が好きだったが、年を重ねるうちにいつのまにか、春という季節を待ちわびる想いが強くなった。眩しい程の生命力に満ち満ちているからだろう。

岩激る(いわばしる) 垂水の上の 早蕨(さわらび)

    萌え出づる春になりにけるかも (万葉集 志貴皇子)

教科書にも出てくる有名な和歌だが、早春の雰囲気溢れる和歌で好きだなと思う(昔習ったり口ずさんだものは、忘れていないものですね)【日めくりカレンダー】を見ていると、あらまあ、いろんな記念日が。勿論「放送記念日」とか「電気の日」とかいった物事の始まりなどに由来するものも多いが【語呂合わせ】で出来た記念日の多いこと!

3月の語呂合わせの記念日を、ちょっと抜き出してみた。

3月2日・・・ミニの語呂合わせで【ミニチュアの日】 ミニチュア愛好者の会が設定。

3月3日・・・耳の日。これは聞いたことがある。

3月4日・・・ミシンの日 日本家庭用工業ミシン会 設定。

3月5日・・・サンゴの日 世界自然保護基金が設定。

2月の暦には

2月9日・・・”ふく(河豚)の日 とある。私達はふぐと言い習わしているが、関東あたりは「ふく」なのだろうか?

【 猫の日】うん?にゃん・にゃん・にゃんで猫の日?TVで福岡周辺の町村が【猫の日】町興しを企画していた。

そういえば、私の愛する日本の古典芸能【歌舞伎の日」もあった。

これは、語呂合わせではなく歌舞伎の創始者といわれる【出雲の阿国】が1607年(慶長12年)に、江戸城において将軍徳川家康や諸大名の前で【歌舞伎踊り】を披露した史実に基づいて設定されたとか。

殆ど一年中、毎日記念日がある。日本人は昔から『語呂合わせ』など言葉遊びが好きな人種だなと改めて思った。因みに今日は『啓蟄(けいちつ)』これは陰暦の二十四気節の一つ。暖かくなり土の中から虫などが這い出てくる日。春近しの季語でもある。

 

更に『世界一周記念日」だそうな。日本航空が1962年(昭和42年)に世界一周路線を営業開始した日。それまでは日米航空協定により世界一周路線が持てなかったそうです。

3月9日はそのまま『サンキューの日』

 感謝の気持は記念日だけでなく、毎日いつも持っていたいですね。そして3月27日は『桜の日』3&27で桜?? いえ、3x9=27。で27日が桜の日考えまし たねえ。日本さくらの会が設定。そういう会があるのですね。

”♪ もうすぐは~~るですね♪” 心が弾みます。

オマケの『今日は何の日』

ご隠居が言いました『今日はボクの日』  私『何で?』 ご隠居『ゴミ出しの日だから』

コメント