杉浦 ひとみの瞳

弁護士杉浦ひとみの視点から、出会った人やできごとについて、感じたままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

・「いわゆる?従軍慰安婦って何だ」という疑問について

2011-12-24 09:52:20 | 従軍慰安婦
隙だらけ 好きだらけ日記~永田浩三 という方のブログに
「いわゆる?従軍慰安婦って何だ」というテーマの記事がありました。
内容は、とてもお考えの深いもので、共感させていただきました。

このテーマは、NHKの報道が「いわゆる」をつけたことで
その事実を曖昧にしようとしているのではないか、というニュアンスでの指摘だと理解しました。

ただ、いわゆる慰安婦問題の裁判に関わってきた者からすると
この「いわゆる」は、ことばを事実以下にするための「いわゆる」ではなく
本当はそんな半端なもんではない、もっとすごいことだけど、これまで言い習わしてきて
それが人口に膾炙していることから「いわゆる」とした、ものと理解しています。
(NHKの真意は分かりませんが)

自らの意思で軍に従ったような、自発的に慰安を兵隊に差し出したような、
そんなニュアンスを持って受けとられる可能性のある、あるいはそのような誤解を与えようとするような
「従軍慰安婦」ということばは許せないところです。

「従軍慰安婦」は、世界的には「Sex Slave」
裁判でも、「戦時性暴力」として扱ってきましたし
ここでの(中国海南島での被害ですが)被害の程度は
アウシュビッツの強制収容所からの帰還者が負ったと同じほどの被害
「破局的体験後の持続的人格変化」(PTSDを凌駕する被害です)を
負ったと東京高裁が認定したほどです。

ですから、私も「いわゆる」を付けることなく従軍慰安婦という言葉をつかうことは
大きな抵抗があります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ・八ッ場ダム建設続行! ~“... | トップ | ・「命」の問題を考える年でした »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いわゆる!? (TT)
2011-12-24 11:56:47
杉浦センセー限定でも。
一山越えたら言葉も通じないって主張のはずなのに、日本軍の言行は逐一理解できていたり。
拷問がなぜか中国式だったり。

「いわゆる」慰安婦では
証言をよく聞いてみると、日本の貧農の間でもよくあった親による身売りだったり。
戦後の何年も、現地で「慰安婦」を続けていたり。
公文書で違法な採用などを取り締まる通達もでていたのがあきらかになっている。
朝日の加害証言に至ってはねつ造であったのを当の本人も認めているのに朝日や日弁連は未だに認めようとせず。
実際に違法な採用をしていた「朝鮮人」のことを記録した文書では、やったのが朝鮮人で、その行為を批判した部分をカットして教材に利用した日教組(実際にそのような境域をされました)。

事実関係を明らかにしたら困るのは、だれか?
コメントをカットする人たちですよね?

TTさんへ (瞳)
2011-12-25 10:37:37
ある論点を問題にしているときに、「そんなことをいうけど、こんな場合も、あんな場合もそんな場合もあるよね」と焦点を拡散して、件の問題から争点をずらすのは良くないですね。
お久しぶりです。またも長文、ご容赦を。 (鉄甲機)
2011-12-28 12:42:35
>自らの意思で軍に従ったような、自発的に慰安を兵隊に差し出したような、そんなニュアンスを持って受けとられる可能性のある、あるいはそのような誤解を与えようとするような「従軍慰安婦」ということばは許せないところです。

 普通日本で認識されている「従軍慰安婦」とは千田夏光氏の造語で、吉田証言によって尾ひれがつけられたものでしょ。即ち「日本軍によって組織的・暴力的に連行され、慰安所で性的業務を強制された女性」。中韓北でもそういう認識で問題化しています。
 ところが肝心要の「日本軍に連行された」というのが、いつまで経っても立証されない。あるのは「連行された」という慰安婦の方々の証言と「連行した」という根拠皆無の"告白"だけで、目撃証言すらないのが実情。
 日本軍or政府が無理やり連行して従軍させたわけではないから「従軍」ではなく、ただの「慰安婦」と呼ぼうとする動きの方が大きいんじゃないですか。少なくとも、秦郁彦氏や読売・産経新聞はそういう風に使っていると思います。

 私は初めて聞きましたが杉浦先生が仰るように、「従軍慰安婦」では「従軍記者」や「従軍看護婦」のように自発的に参加したニュアンスがあるから「従軍慰安婦」という言葉を使うなという意見は確かにあるようですね。そういう方々は代わりに「戦時性奴隷」なんて言葉を使っているところも多いようですが。ハイナンNETとか。

 「強制連行」の証拠が出ないままに、論点がいつの間にか「日本軍の強制連行」「性奴隷狩り」から「広義の強制連行」「戦時下における女性の人権問題」に摩り替えじゃぁない、発展していますが、軍による強制連行が無かったのなら単に、日本政府統治下における不作為・管理不行届による民事問題でしかありません。
 日本だけが「慰安婦=SexSlave」を持っていたわけでも無ければ、他国の軍隊が品行方正であるはずも無し。「戦時性暴力」の問題を追及しようとするのなら、最初の「日本軍の強制連行」を否定することから始めるべきでしょう。
 「従軍慰安婦」の言葉を抹殺して「慰安婦」に言い換えることに、「日本軍が強制連行したか否か」を誤魔化そうとする思惑があるのなら、そういう動きには憤りすら覚えますね。ああ、結局この方々は日本を貶めてご自分が気持ちよくなることだけが目的で、元慰安婦の方々の救済や女性の人権なんざ気にも留めていないんだと。
しかも追記あり。重ねてご容赦を。 (鉄甲機)
2011-12-28 12:43:34
 永田氏のブログも拝見させていただきましたが、NHKはかつて朝日新聞の虚偽報道に散々引っ掻き回された局。いわば当事者。NHKの「いわゆる従軍慰安婦」とは、朝日新聞及び自称"人権"団体が主張してきた「従軍慰安婦」のことと考えるのが常識でしょう。

 ところが永田氏のプロフィールを見れば「元NHKディレクター・プロデューサー」と書いてある。(爆笑
 古巣NHKの「いわゆる従軍慰安婦」の記事を書きながら、放送内容への政治介入問題や朝日新聞虚偽報道問題をすべてスルーというのは、このお方がこの問題に関する限り、果てしなく無知なのか無恥なのかどちらかでしょうな。
無知な素人の決めつけ (宇宙戦士バルディオス)
2011-12-29 16:18:06
医学にも歴史にも素人の裁判官が「アウシュビッツの強制収容所からの帰還者が負ったと同じほどの被害
「破局的体験後の持続的人格変化」(PTSDを凌駕する被害です)を
負った」と、認定したとしても、一体何ほどの意味があるのでしょうか?
 従軍慰安婦とは、当時の法律に則って認められていた公娼が、戦地に行って兵隊相手に売春していたに過ぎない存在です。
 風営法の下で警察の取締を受ける現代のソープ嬢やデリヘル嬢と、何の違いもない存在です。
何か変だなこのブログ (tk)
2011-12-30 17:13:04
ちょっと右寄りなテーマになると、どっとコメントが来る。それ以外は、無反応というかノーコメント。

長崎県が「教師のためのコンプライアンスハンドブック」という記事は、柔道の某選手が起こした事件でも明らかになったように、大変重要なテーマだと思うのですが。


たしかに・・・ (瞳)
2011-12-30 22:23:38
tkさんのおっしゃるとおりですね。
いつもそうです。
それに、ご意見下さる方もきまっています。他のブログにはそんなことはないのかしら?
どうしてもこのブログで、そういった意見を言っておく必要があるのでしょうか???

このtkさんの疑問にはお返事コメントがあったら反映します。
>瞳さま (鉄甲機)
2011-12-30 23:17:02
>ご意見下さる方もきまっています。他のブログにはそんなことはないのかしら?

 どこのブログでも大体書き込む人は決まってきますね。「常連さん」とか呼ばれたりしてます。
 2ちゃんねるでは読むだけ30人に書き込み1人とか言われてますけど、一行レスとか書き捨てとかも含めた数字でしょうから、腰を据えて長文書く人はもっと少ない割合になると思われます。

>どうしてもこのブログで、そういった意見を言っておく必要があるのでしょうか???

 ご迷惑をおかけしてます。(笑
 ここ、杉浦先生のブログは反論してもそのまま載せてくれますから、居心地がいいのは確かです。この手の問題を扱うブログは、コメント不可か、賛同可反論不可か、「どこが平和主義?」的罵倒コメが必ずついてくる所も多いですから。

「教師のためのコンプライアンスハンドブック」については、思うところもあったんですけど、あの時は仕事が修羅場でその暇がありませんでした。新着記事が3つも4つもあるのに一月前の記事にコメントするというのは一種の荒らし行為だと思ってますのであきらめましたけど、よろしければ書きますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

従軍慰安婦」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

元従軍慰安婦のハルモニの話を日本人はまず聞いてください。 (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
   韓国挺身隊問題対策協議会がソウルの日本大使館前に『水曜デモ』1000回を記念する「平和碑」を建てたことについて、いろいろな声が日韓両方で起こっています。(「水曜デモ」について知らない方も、読...
Criticism to Yomiuri's editorial about the former Korean comfort women (慰安婦問題: 読売社説批判) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
   これは、従軍慰安婦問題についての英文記事です。この特殊な形態の記事の意図と要旨についての日本語の説明は最後にあります。特に英語使いでない方はそこだけ読んでいただければ...。 -------------...