みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

種子島くんの日常

2019-09-28 15:19:15 | 生き物の話

ウルトラマンの両腕にはそれぞれプラスとマイナスのエネルギーが充填されていて、十字に組んでスパークさせることによって光線が発射される。
というのは、日本人なら誰でも知っていることなのだけど、腕に飛び道具を仕込んでいるというのも、考えてみれば不自由なことである。
例えば、同僚に「今晩飲みにいかへんか」と誘われて「ムリ」とバッテン作った瞬間相手を爆殺してしまうし、宴会の余興で「なんでだろう」なんか踊った日には、スペシウム光線無差別乱射で、宴会場は阿鼻叫喚の地獄絵図と化すであろう。
秋の人事異動や忘年会などで飲む機会が増える季節、同僚にウルトラ一族の居る方はくれぐれもご注意を。

というわけで、腕に飛び道具を仕込んでいるといえばこの方、テッポウエビの種子島くん。
まあ、ウルトラマンというよりタロスとかコブラ系かな?
昨年の8月にやってきて1年と2か月。
体長は2倍強、体重は10倍くらいに増え、右腕に仕込んだ種子島の破壊力も強大に。
一度メンテで手を突っ込んだ時に撃たれたことがあるけど本気で痛かったっす(^^;
飼い始めた頃は、フタミゾテッポウエビの習性などまったく知らなかったから、衝撃波で他の生き物を狩るんじゃないかと心配したのだけど、実際は狩りに使うことはなく、巣に侵入したエビやヤドカリを追いだすのが主な使い道。
餌はクリルや冷凍シーフードの切れ端をチマチマ食べる平和主義者でひと安心。
ただ、ヤドカリはともかくクボガイやヒメヨウラクガイが巣に侵入した時は、相手が一撃では動じないから、一晩中バチバチ連射していることがあって、けっこううるさかったりするのが悩みの種。
それと、例の土木工事ね。

対抗勢力として招へいしたベニホンヤドカリも、相手にされないから出番がなくて、のほほんと餌ばっかり喰ってます。


そんな穏やか水槽を象徴するかのように、ひと夏でびっくりするほど大きくなったブチヒメヨコバサミ。
やっぱり、平和が一番。
それが大量破壊兵器による抑止力の上に立つ楼閣であったとしてもね。



コメント (2)   この記事についてブログを書く
« たいたいづくし | トップ | チーズ・イン・鮒ずし »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みず)
2019-09-29 19:46:35
ほぉ。飼ってみないとわからないことありますね。
生きもの飼いの醍醐味。だから生きもの観察は楽しい。ワクワクしますね~

近くにウルトラ一族がいなくてよかったですわ~(^_^;)ツボにはまった(爆
みずさん (波風)
2019-09-29 20:09:46
こんばんは。

>飼ってみないとわからないことありますね。
そうそう、顔がどんぐりさんとか(爆)

>近くにウルトラ一族がいなくてよかったですわ~
ライダー一派もタチが悪そうやなぁ・・。

コメントを投稿

生き物の話」カテゴリの最新記事