みーばい亭ブログ

言いたい放題! 飲み放題!

若鮒vs熟鮒

2019-11-24 10:22:45 | 新・ほろ酔いキッチン

勤労感謝の日である。
雨の日も風の日も台風の日も地震の日も毎日毎日5時半起きで息が詰まるような満員電車通勤で宮仕えしてる管理人などは上げ膳据え膳の持てなしを受けてしかるべき国民の休日である。
だのに、なぜ・・。

朝から、放置されていた茄子と唐辛子の木を引っこ抜き、二畝耕して、小芋をおこし、蕪を間引き、香々(こうこ)用の大根を30本ほど抜いて洗って縛って干して・・・。
日頃、ボールペンより重いものを持たずマウスを転がす筋力しか使わないデスクワークの小身には、超過激な重労働!
感謝されるべき勤労って、こういうもんなのね・・と、しみじみ思う週末の夜。

というわけで、勤労感謝の日にふだんに勝る勤労を強いられたご褒美がこちら。
湖国民の「ソウル・フード」、鮒の子まぶしでございます。

しこしこの身とぷちぷちの子の食感を楽しみ口中に広がる旨味を堪能したところに流し込むのは、湖国民の「魂の酒」浅茅生の純米酒、酒米は云うまでもなく「吟吹雪」!!

パブロフの犬じゃないけれど、浅茅生を飲むと条件反射的に体が欲するのが阪本屋さんの鮒ずし。
ぴちぴちの若鮒もいいけれど、じっくりと時間をかけて発酵させた熟鮒の味わいは格別!

はからずも若鮒と熟鮒の対決となった週末の食卓。
さて、勝利の軍配はいずれに上がるのか?
そりゃ、やっぱりね(笑)

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 八卦酔い | トップ | はやりすたり »

コメントを投稿

新・ほろ酔いキッチン」カテゴリの最新記事