奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

中名寄駅跡

2020-10-27 05:42:43 | 北海道の旅日記

 

 

廃止になった名寄本線の、名寄の隣の駅です。

1947月9月21日、仮乗降場として開業、1950年1月15日に駅に昇格しました。
1989年5月1日に名寄本線の廃止とともに駅も廃止になっています。

ウィキペディアによると荷物扱いもしていたらしい。

プレハブの駅舎が残っており、日中は中も見学できます。
地域の方が今でも駅を大切に思い、残しているらしい。

駅舎自体も廃止になって31年も経つのに外観が綺麗に整備されています。
駅周辺も雑草が放置されることなく、地域の方に本当に大切にされているのがわかります。

駅の中には昔の鉄道風景を写した写真パネルが飾られています。

 

 

 

 

今は考えられませんが、昭和の鉄道は賑やかだったな。

場所は名士バスの「中名寄5線」の停留所の前、近くには中名寄小学校があります。
中名寄小学校の児童数は今年度は19名。

それがどうしたと言われそうですが、超過疎地で生まれ育った私にとっては驚きだ。
そんなに児童数が多いのか。

この地域、豊かなのだろうな。
それがこの駅の保存に繋がっている。

お金がないとこんな小さな駅の管理も大変なんだよ。
それを成し遂げる中名寄地区、天晴れです。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 駅前交流プラザ「よろーな」 | トップ | 上名寄駅跡 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

北海道の旅日記」カテゴリの最新記事