奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

門別図書館郷土資料館

2018-07-30 05:34:06 | 北海道の博物館



メインは図書館、その横におまけのように設けられた郷土資料館です。





展示スペースは広くはありませんが、門別のことをコンパクトにまとめています。
要点を絞った見やすい、そして伝えるべきことをしっかり展示しています。

まずは江戸時代、松前藩による沙流場所の経営と会所のこと、そしてアイヌの方々の生活と文化。
これらは北海道の中でも早くから開けていた日高地方には避けてはいけない出来事です。

明治以降は本格的な開拓の時代になります。
産業、教育、交通などの始まりから発達していく様をわかりやすく解説しています。

そして町内を流れる沙流川の恵みと氾濫による災害。

上流で伐採された木材を流送し門別から苫小牧まで運んだ鉄道のこと、
それ以外でもこの沙流川があればこそ門別は昔から栄えたのでしょう。

ですが度々氾濫して人々の生活に大きな影響を与えてきました。
その光と影を、しっかりと伝えてくれます。

映像展示が館内に何か所かありますが、その長さは3分程度から長くても10分程、
たまに見飽きるほど長い映像を延々と流すところがありますが、
ここの映像はコンパクトで内容も知的興味を満たすものでした。

もちろんこの地方に欠かせない、牧場の歴史もしっかり押さえています。

小さいながらも良質な展示をしている、どこか光るものがある資料館でした。




*門別図書館郷土資料館

住   所:沙流郡日高町富川東1丁目3-1
見学時間:平日/10:00~18:00、土日/10:00~17:00
入 館 料:無料
休 館 日:月曜日、祝日、毎月末日、12月29日~1月5日
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 昨日の琴似、猛暑で33℃に | トップ | 日高門別駅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
北海道の歴史を感じる (どさんこじーじ)
2018-07-30 06:03:12
素敵なところですね。
行ってみたくなりました。
他にも興味のあるところをいっぱいご紹介いただいて、とても参考になります。ありがとうございます。
どさんこじーじさん (オクイ)
2018-07-30 20:55:59
つらつらと書きたいことを書いているだけなのですが、恐縮です。
これからも気張らずに書いていきたいと思います。

コメントを投稿

北海道の博物館」カテゴリの最新記事