奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

紋別で流氷初日

2020-02-05 05:35:59 | 北海道のこと
昨日、紋別で「流氷初日」を観測しました。
去年より9日、平年より12日遅く、観測史上5番目に遅い流氷初日となりました。

流氷初日とは陸から初めて流氷が見えた日のこと。
これから風向きによりますが、やがて接岸することになります。

初めて接岸した日は「流氷接岸初日」、流氷が去り始め船の航行が可能になった日は「海明け」、
流氷が見えなくなった日が「流氷終日」、初日から終日までが「流氷期間」となります。

やっと来ましたね。
今年は暖冬なので流氷は遅くなるとは思っていましたが、やれやれだ。

今週末は紋別と網走で流氷まつりが行われます。
それに合わせて接岸してくれるといいのですが。

流氷は観測によるとオホーツク沿岸から10㎞ほどにあります。
風の予報では今日から明日にかけて陸に向け吹くとのこと。

いいねぇ。

今年はインバウンドが減少するでしょう。
その分、各地の祭りや観光地はゆっくり楽しめるぞ。

道内の観光には絶好のチャンス、是非足を運んでみては?
コメント   この記事についてブログを書く
« ひとりごと | トップ | 12時間で40㎝ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

北海道のこと」カテゴリの最新記事