奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

滝上南特別教授場跡

2019-01-15 05:32:48 | 滝上町



滝上市街地に区画設定されたのは1913年です。
以後、本格的に市街地が形成され人口も増加、学校設置の必要がでてきました。

すぐ翌1914年5月、校舎142㎡と校長住宅69㎡が落成し、
第四渚滑尋常小学校(後の滝下小学校)所属滝上南特別教授場として開校しました。

碑の場所は役場正面の「岡本政道翁像」横、この学校が今の滝上小学校になります。



※滝上町役場

1915年には白鳥尋常小学校の所属になり更に滝美尋常小学校として独立します。
この短期間に独立を果たす、市街地の急激な成長が窺われます。

児童数は開校時は70名あまりでしたが4年後には206名になっています。

1919年に高等科を併置し滝美尋常高等小学校となります。
その後も児童数が増加、校舎が手狭になり移転改築が議論されました。

そこで現校地の土地の寄付を受け1926年に1846㎡の校舎が落成し移転しました。
1937年には2階建ての教室を増設しています。

戦後、滝上町の中心市街地に所在する学校なので自治体名と同一にするとし、
1950年、滝上小学校に改称されました。

そして1960年に改築された校舎が私の卒業した学び舎となりました。
そして更に1982年に現校舎が完成しています。

以下、年表です。


1914年 第四渚滑尋常小学校(後の滝下小学校)所属「滝上南特別教授場」として開校
1915年 白鳥尋常小学校所属に変更後、「滝美尋常小学校」として独立
1919年 高等科を併置、「滝美尋常高等小学校」となる
1926年 手狭になり現在地に新校舎を建て移転
1941年 「滝美国民学校」となる
1947年 「滝美小学校」となる
1950年 「滝上小学校」と改称
1960年 改築、この校舎に私が通った
1982年 現校舎、落成
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アイヌ人 柳田初太郎住居跡 | トップ | 風邪ひいた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

滝上町」カテゴリの最新記事