奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

サクッと東京へ、1泊3日 … 荒川区立荒川ふるさと文化館

2018-10-07 05:42:22 | 道外の博物館



南千住図書館と併設されている区立博物館です。





荒川区は江戸時代、江戸の街へ食料を供給する農村地帯でした。
区内のほとんどが畑で、生姜や大根などは特産だったそうです。

また日光街道最初の宿場だった千住宿、荒川(隅田川)の水運、小塚原刑場、
江戸の中心から移転してきた武家屋敷などが江戸時代の姿だったらしい。

明治になると東京に近く水も得やすいということで工場が立地します。
鉄道も開通し都市化が進み、関東大震災以降は急激に発展しました。

今は荒川区はいろいろな意味で都内の注目スポットになっています。

などと書いていますが、私が東京に住んでいた頃の荒川区は危ないイメージでした。
何といっても山谷の存在が、ここに足を踏み入れてはならぬと私の心が言っていた。

実際に私が荒川区を歩くようになったのは40代になってから、そこからはまった。

今や南千住界隈は再開発が進み私が定宿にしているホテルもある。
東京に住むなら南千住もいいなとすら思う。

荒川区は劇的に変わりましたね。
そんな昔から今までの変遷をここで辿るのも味わい深いと思います。




*荒川区立荒川ふるさと文化館

住   所:荒川区南千住6丁目63-1
見学時間:9:30~19:30、日祝・臨時開館日は~17:00
入 館 料:100円
休 館 日:月曜(祝日の場合は翌日)、第2木曜、館内整理日、12月29日~1月4日
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
« サクッと東京へ、1泊3日 … 東... | トップ | サクッと東京へ、1泊3日 … 太... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

道外の博物館」カテゴリの最新記事