奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

和寒町のマンホールカード

2017-12-18 05:13:38 | マンホールカード






和寒の地名はアイヌ語のワットサムに由来しているらしいです。
意味は「ニレの木の傍ら」で、ニレの群生地だったそうです。

今でもニレは町内あちこちで目にすることができ、
1990年には開基90年と開村75年を記念し町の木に制定されました。

ニレは和寒の原風景なのですね。

それをドカン!とデザインしたマンホールは和寒にふさわしいですね。
シンプルでわかりやすく、気持ちが伝わってくるな。

ところで和寒といえばカボチャと越冬キャベツですね。
どちらも食べると本当に美味しい。

そんな豊かな田園風景も描かれています。

好きだな、このデザイン。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 剣淵町のマンホールカード | トップ | 芦別市のマンホールカード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マンホールカード」カテゴリの最新記事