奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

滝下・メナシ間渡船場跡

2019-01-11 05:31:36 | 滝上町
  


今日から5日間、滝上町に建っている記念碑をご紹介していきます。

滝上町の記念碑をご紹介するのは1年半ぶり、
ご興味のある方は“滝上町”のカテゴリーをご覧ください。

さて、最初は渡船場のお話し。

北海道は開拓時代には河川を渡る橋は少なく、多くは渡船に頼っていました。
全国でもまだ渡船はいくつかありますが、一番有名なのは歌にもなった「矢切の渡し」。

北海道では最後まで残っていたのは「美浦渡船」(美唄市ー浦臼町)ですが、
これは2011年9月25日をもって廃止され北海道から渡船はなくなりました。
    → https://blog.goo.ne.jp/okui-m/e/d686d7ef8b1772cb969dd72ae7291125/?st=1

滝上町にも渡船はあったようで、記念碑が残っています。
場所は滝下の51線、国道沿いにあります。

ここは渚滑川から離れた場所なので実際の渡船は南800mの川沿いにありました。
そこから対岸のメナシ(大正地区)までの渡船、当時は対岸まで唯一の交通機関だった模様。

詳しいことは昭和51年刊の町史にも記されていません。
「村史」まで調べればなにか見いだせるかもしれない。

町史にもネットを調べても詳細が存在しない滝上町の渡船、
この記念碑だけがその歴史を伝えています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『いよかんカツゲン味わい濃... | トップ | 大正尋常小学校跡 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

滝上町」カテゴリの最新記事