奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

士幌町伝統農業保存伝承館・美濃の家

2013-09-28 04:43:04 | 北海道の博物館



町のHPには「士幌の農業の歴史を知る貴重な道具を展示」となっています。

確かに昔の農具が展示されていますが、“それがどうした”というレベル。
展示数も少なく解説もわずかで、いわゆる博物館や郷土資料館とは違います。

私の見学時間はわずか数分でした。
これは見学史上最短ではないか。

受付には名簿があり、入館時間と退館時間を記入する欄があるのですが、
見学した皆さんはやはり数分で退館しているようです。

そうだろうね、見学するには内容がなさ過ぎる。

隣接して「美濃の家」があります。





これはこの地に最初に入墾した美濃地方(岐阜県)の方によって建築された、
美濃地方特有の農家様式を復元したもの。

中は見学できず外から見るだけ。

両施設、外部からの見学を想定しているのではなく学校の校外学習のためにあるとみた。
団体で見学するときには解説とかがあるのだろう。

ところで両施設があるのは中士幌の、それも市街地から離れた畑作地帯の真ん中。
周辺には畑以外の何もありません。

実はこの地は、美濃開拓団が士幌町で最初の開墾を行ったところ。
当時は市街地があったらしい。





その士幌町発祥の地にこれがあること、
そしてそれが子供たちの教育に利用されていること。

その事こそがこの両施設の存在意義なのだろう、そう思います。




*士幌町伝統農業保存伝承館・美濃の家

住    所:河東郡士幌町字中士幌幹線86
開館時間:9:00~17:00
入 館 料:無料
休 館 日:火曜日、11月~4月
コメント   この記事についてブログを書く
« 国鉄バス営業所跡(士幌町史跡) | トップ | 今日の滝上町の話題 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

北海道の博物館」カテゴリの最新記事