奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

学園都市線の新駅名、『ロイズタウン』に

2021-04-15 05:38:10 | 鉄道

JR北海道は学園都市線・当別町に開業する新駅の名前を『ロイズタウン』にすると発表しました。
    → https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/210414_KO_royce.pdf

新駅の場所はあいの里公園駅ー石狩太美駅の間で当別町とロイズコンフェクトの請願駅、
すぐ近くにはロイズコンフェクトの工場兼直売店があります。
    → https://www.royce.com/brand/shop/detail/?no=108

ご存知、生チョコレートのロイズですね。
観光客と工場への通勤客、そして当別町としてはこれを機会に街づくりをしようということでしょう。

駅には町の施設が入るほか、駅前広場などが整備されるなど付近の風景は一変すると思います。
またこれに合わせ町の要請を受け駅名は石狩太美駅は太美駅、石狩当別駅は当別駅に変更されます。

来年の春、当別町の鉄道は様変わりしそうですね。

私なんぞは“ロイズの生チョコ”といっても特別感はありませんが、
道外の方にとってはそのブランドは絶大なものがあるということを実感しています。

そのブランド力を最大に生かした駅名だ。

ロイズとしても主力工場の近くに駅があるといろいろとメリットがある。
そのために駅舎やホーム、周辺整備の約10億円ほどはロイズが負担するとなっています。

その負担をしてもペイすると判断しているわけですね。

そして当別町、この町の町名のつけ方はおかしい。

バブルの頃に開発された「スターライトタウン」という新興住宅地があります。
今はそこがそのまま“太美スターライト”という地名になっています。

スウェーデンヒルズも同じで、その名がそのまま地名になり名所になっています。

当別町は、そういうところなのです。
ロイズもその名を借りて、付近にそのままの名の新興住宅街が出来そうだ。

先のことは分からないけどね。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ブラキストンラインと桜前線 | トップ | 北海道コンサドーレ札幌、今... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
景気悪い話ばかりで申し訳ないですが。。。 (熊ぱんち)
2021-04-16 17:10:48
似たようなコンセプトでできた、北海道ちほく高原鉄道の「岡女堂」駅は、鉄道が廃止、請願した会社(親会社)も破産しています(wikipediaなど参照)。現在は地元設立の別会社が、残った工場と「岡女堂」駅あとの維持管理をしているようです。

ロイズといえば、2001年ころ、興部町には「ロイズファーム」というのが作られ、ドイツから技師の方がこられて、ハムやソーセージを作っていたはずですが、今は跡形もありません。

できるときは話題になりますが、問題はそのあと。かなあ。
熊ぱんちさん (オクイ)
2021-04-17 09:30:19
まずは岡女堂については何があっても観光客でペイしない立地であったこと、
元より無理な経営判断で本業が破綻したということを指摘しておきます。

経営者がアホだった、というだけです。

ロイズは大きな会社なのでペイしないと撤退という判断は当然のこと、
損切できる体力があるからこその経営判断なので何とも思っていません。

同じロイズは石垣島で確固たる地位を築いています。
興部からの撤退と石垣島でのあれこれ、これが企業活動だと思います。

そして興部では、「ノースプレインファーム」という乳業メーカーがあります。
そのことについては今日のブログに書いているのご興味があればご覧ください。

で、今回のロイズの新駅のことですが私は心配していません。

ロイズふと美工場は拡張工事中で工場見学などの集客機能が強化されるほか、
当別町では同工場を含め温泉や道の駅などを含めた一帯を整備する予定です。

だからこそ、『タウン』の名を新駅名にしたのです。

開業時に基本となる工場への通勤客が一定数おり、まずは1日当たり1000人の利用客の見込み。
その後は整備が進むにつれ利用客は増加するばかりでしょう。

この駅は岡女堂駅とは全く違うコンセプトで考えられており、
またロイズふと美工場はロイズファームとも全く違います。

再び断言しますが、この駅は心配ありません。

※大手外食チェーンはもっと積極的な展開をしていますが、意外と知られていない

コメントを投稿

鉄道」カテゴリの最新記事