奥井みさき、旅の記録と徒然日記

仕事の合間に旅行、旅行の合間に仕事。
フリーライター・奥井みさきの旅日記と、日々思うこと。
札幌からです。

ついでに、オホーツク海側の地震

2018-06-23 07:33:09 | 北海道のこと
昨日は北海道にこれから起こるかもしれない地震のことを書きました。
地震が少ないと思われている札幌や北海道内陸部もやはりヤバい、という結論でしたが。

さて北海道の中でも地震が少ないと思われているオホーツク海側はどうでしょう。

実は網走沖に震源域があり、1956年はマグニチュード6.3の地震があり網走で40㎝の津波、
2007年にはマグニチュード4.7の地震がありました。

それだけ。

私が調べたところ目立つ地震の記録はこれくらいなのですがほかにあればご教示ください。
(もちろん微細な地震はかなりあると思われる)

更に北海道立総合研究機構(道総研)によればオホーツク海側に明白な津波堆積物はなく、
枝幸、興部、斜里でのボーリング調査でも過去4000年の地層に津波堆積物はないとのこと。

少なくても過去数千年では大きな津波はなかったとわかります。
1万年単位ではわかりませんが。

これにより他の日本各地に比べ、オホーツク地方は地震が少ない地域である、
ということになるようです。

※次にオホーツクに起こる地震が1万年に一度の頻度の大地震かもしれない。
 そうなれば大参事である。
コメント