大久保利通の堅忍不抜 ―今の時代に必要な考え方 など― とにかくまず事実理解だと考えます

ヨーロッパ史、米国情勢、日本の政策や企業・経済、サッカー等を徒然に記しています。時々ブログ設定が何故か勝手に変わります?

ブログ投稿75: メイ英首相辞任表明

2019-05-23 18:21:40 | 日記
皆さん、ご無沙汰しています。いつもご覧頂き有難うございます。
ちょっとというか結構気になっているので、徒然に走り書きします。論理その他の穴が有り得ますが、仕事ではないのでご容赦ください。
なお、このブログその他、仕事ではないことにも、真摯に常々取り組んでいます。それ故の下記内容については反感を持ち、また今後邪魔をする人がいるかもしれません。

気になっているのは、明日24日に表明されると伝えられている標記そのものではなく、標記に対する日本国民とりわけヤフコメ書込者の大半の反応です。
正直、国際・世界・外国に音痴過ぎます。
ちょっと辟易するというか、日本の先行きは放っておいては明るいはずがないというか。

深みや正確さに若干欠ける場合のある和訳されたネットニュースを見ただけで、ある一定の思い込みをし、その後はひたすら情緒的に「よく頑張っている」「火中の栗を拾って気の毒」などと日本語で日本語のネットサイトに書き込み続ける人達。
何が目的なんでしょうか。気晴らし?暇つぶし?にしては回数や件数が多すぎる。いわゆるファン?ですか。平和ボケですか。

にしても、日本企業及びその職員、そして関連企業及びその職員、その他日本国民にも直接間接に大なり小なり影響はあります。
利害が絡むので、当然、正確に情報を把握した上で、反応を決めねばなりません。
英語が不得意でも、こういう慎重さのある人達は、概ね正確な理解にその都度辿り着き、情緒的かつ間違った感想は持ちません。
ある意味、分からないなら、分からないで全然構わない。恥ずかしくないです。なぜなら、日本人の英語力はアジア最低であるのが定説になっていて、そこそこ学力のある人でも英語を使いこなす人は非常に少ないからです。

その上で敢えて言うならば、もし英語で話しぶりを聴き新聞を読むなど日々やっていれば、上記の「頑張っている」「気の毒」などの感想には絶対に至りません。
もちろん政界内情それも外国のものとなると、英語を使う人でも知る由はありませんが、他方、マスコミ報道自体は当然理解できます。或いは、ネット上でビデオ等もありますから、声を聴き表情を見ることもできます。

それすらできていない何百万何千万人もの日本国民が情緒的であり続けて良いはずがありません。
色んな意味で世界の中心から程遠く、原発爆発時には国がどうなるという大きな不安が瞬時に生じ、資源や食料にも不安が常につきまとい、人口は減少傾向にあり、助けてくれる親密な友人も非常に少なく、言語もこの島国でしか通じない。
もっとちゃんとしないと、滅びます。
それも、今後・将来というより、今生きている人が寿命を全うできない可能性すらある。

ちなみに、大英帝国の偉大な政治家リーダー先人なら、例えば、この件では、国外交渉や国内調整が要るため、まず国民向けに、“総論”の整理を国民投票結果判明直後に明示したでしょう。
それは、離脱で国境や経済に激震は来る、だから国民に再確認つまり再国民投票する、再国民投票しても離脱の可能性はもちろん半々だが再度しないならなおさら早く離脱する、という内容だったでしょう。
ところが、現実には、離脱がひっくり返りそうな再国民投票に反対する党内勢力を恐れて、ひたすら手順や内容各論ばかりに傾注して今に至ります。どんだけ英国の評価を世界的に下げたことか。今後長きにわたってこのモタモタ対応が英国の国益にマイナスな方向に影響し続けます。
いつも感じていたのは、この人は経歴関係無く少なくとも現在非常に頭が悪いということです。経済のみならず何の思考力も無い、に近いです。色々理解できていたら、こういうやり方には絶対になりませんから。

しかし、その人に何故か、異国のサイトにおいて異言語で労いの言葉をかけ続ける日本国民。
こういう少なからぬ人達は本当に、自分の頭で理解し、考え抜いていますか?日本、大丈夫か?
コメント