大久保利通の堅忍不抜 ―今の時代に必要な考え方 など― とにかくまず事実理解だと考えます

ヨーロッパ史、米国情勢、日本の政策や企業・経済、サッカー等を徒然に記しています。時々ブログ設定が何故か勝手に変わります?

地図(イタリア3)

2018-05-31 12:13:18 | 日記
イタリアなど16地図


















参考.
地図(イタリア1)
地図(イタリア2)
など
コメント

地図(イベリア半島2)

2018-05-29 07:02:20 | 日記
14地図















参考.
ブログ投稿8: 15世紀最終盤~18世紀のスペインなどの歴史
地図(イベリア半島1)
地図(イタリア1)
など
コメント

ブログ投稿8: 15世紀最終盤~18世紀のスペインなどの歴史

2018-05-26 10:45:37 | 日記
本頁参考下に、追記参考.を加えましたのでご覧ください。

日本語検索情報等によると
718-1492レコンキスタ
◆1492-1898スペイン帝国
1492コロンブス新大陸発見
94トルデリシャス条約
1494-98イタリア戦争
99-1504イタリア戦争、1503ナポリ王国獲得
08-16カンブレー同盟戦争
◇スペイン・ハプスブルク朝(1516-1700):カルロス1世、フェリペ2世・3世・4世、カ2世
17ウルビーノ戦争
20-21コムネロスの反乱
21-26イタリア戦争
26-29コニャック同盟戦争
36-38イタリア戦争、38プレヴェザの海戦
42-46イタリア戦争
45ポトシ銀山採掘開始
51-59イタリア戦争
68-71アルプハラスの反乱
68-1648八十年戦争:ネーデルラント連邦共和国独立
80ポルトガル併合
88アルマダ海戦敗北
1609モリスコ追放
18-48三十年戦争介入
40ポルトガル独立
40-68ポルトガル王政復古戦争
40-59カタルーニャ収穫人戦争
35-59西仏戦争、ピレネー条約:ルシヨン地方等割譲
1701-14スペイン継承戦争、02-13アン女王戦争、13ユトレヒト条約
40-48オーストリア継承戦争
54-63七年戦争
96第二次サンイルデフォンソ条約
1801オレンジ戦争

400字制限は超えるもののそれと同様のいつもながらの概要でしかありませんが、
コメント欄に書き込むのに適したYahoo!記事が見当たらなかったので、ブログ投稿にしました。

参考.
ヤフコメ第75回(19世紀・20世紀のスペイン・旧スペイン領などの歴史)
ヤフコメ第58回(18世紀・19世紀・20世紀のカタルーニャ及びスペインの歴史)
など

追記参考. 上記につきネット検索すると、例えば、
盛期スペイン http://chirekisha.jp/231/No104.pdf
絶対王政、アルマダの海戦... https://gakuseito.jp/hajimete/pdf/sekaishi_jou/sekaishi_jou10.pdf
絶対王政の崩壊と啓蒙思想 http://harlock.web.fc2.com/oubei/12th.pdf
スペインのフィリピン群島占領と住民の抵抗 https://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/caas/qo9edr000000ml88-att/53.pdf
17世紀前半のメキシコにおけるクリオーリョの動向 https://www.kufs.ac.jp/ielak/pdf/kiyou11_08.pdf
スペインの征服活動 http://chirekisha.jp/231/No94.pdf
18世紀前半ブルボン朝スペインにおける政治的・外交的動揺の実相 http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/download.php/AN10065043-20110531-0073.pdf?file_id=52243
フェリペ2世のスペイン ほか https://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/sekaishi/archive/resume023.html
フェリーペ2世の時代 http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/hirotate/es-kiso/(07)Felip%20II.pdf
ルイ・ゴメス・デ・シルバと16世紀カスティージャ政治機構 http://www.senshu-u.ac.jp/~off1009/PDF/smr555.pdf
スペイン帝国の文書流通プロセスを支えた力 http://www.minpaku.ac.jp/sites/default/files/research/activity/publication/periodical/tsushin/pdf/tsushin155-07.pdf
対抗宗教改革期のスペインにおける説教と美術 http://dept.sophia.ac.jp/fs/pdf/kiyo39/06.pdf
17~18世紀のスペイン美術 http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/56015039086.htm
ベラスケスと宮廷 http://www.club-nippon-spain.jp/img/no85_doc1.pdf
17~18世紀のスペインの造船所 http://yamada-maritime.com/31spanishastillero17and18c.pdf
18世紀のスペインの移動牧畜業 http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/hirotate/trabajos/tateishi-1984.pdf
17世紀スペインの修道院における聖具室装飾 http://www.waseda.jp/flas/rilas/assets/uploads/2016/10/Rilas04_017-027_Ryuta-SAKAMOTO.pdf
文明史的観点 https://www.mof.go.jp/pri/research/conference/zk051/zk051f.pdf
16世紀スペインにおける修史事業 http://dept.sophia.ac.jp/fs/_fstest/wp-content/uploads/2016/03/08内村俊太.indd_.pdf
が出て来ます。
コメント

ブログ投稿7: 外交業務記録公開記事について徒然に

2018-05-24 12:01:46 | 日記
『森首相の外交が"ベスト"だった具体的理由』
記事内容は事実に遠からずではあろうが、疑問点4点。
● 日本では通常「外交官」と言うと、「外交官試験合格のキャリア外務官僚」を指していた。それが良いかは別にして。わざわざ書くのであれば、正確を期すため、日本語の通例に従い「外務省職員として」という記述に訂正すべき。仕事の出来はとりあえず置いておくにしても、職歴、試験・職種、大学教育などに意味を持たせるとすれば。
なお、今後の改善を考えるに当たっては、外部人材の途中登用を限定無く導入すべき。加えて、何よりも政策理解度を優先すること。これら以外に無い。
● 首相や大臣や省庁幹部の所作への批判や組織内の動きについては、原則、当人現役時に公に指摘すべき。後の批判は、国益に資すれば、ケースバイケースで限定的にOK。
● 外務大臣権限を首相権限が上回るのは自明であるから、外務大臣がやったと言う理屈は成り立たない。
● 全般に論理付け・学問的研究要素は特に無く、業務記録公開であると理解される。業務記録を担当者がよく勉強すべきであるのはどういう業務であれ言うまでもない。

Yahoo!でも一回見つけましたが再度探し当てられなかったので、ブログ投稿としました。
以下、記事抜粋。
歴代首相で外交がうまいのは誰だったか。・・・いまでも森元首相とプーチンには堅い信頼関係がある
・・・外交官として仕事のピークの時期でした。
・・・遅刻に怒ったフランスのシラクに対し、森さんが「彼は金正日の情報を我々に提供するために北朝鮮に寄ってきてくれたんだ」となだめた。プーチンは、助け船を出してくれた森さんに・・・
・・・実際は非常に精緻な思考をする人で常に温厚、そしてとてもよく勉強している。会談でも条約文や事実関係の日付、統計上の数字、固有名詞のカードを作る。基本的にはアドリブですが、大事な部分はカードで確認するから絶対に間違えない。
実はプーチンもこのスタイルとまったく同じなんです。我々外交官にとっては、森さんのやり方がベストでした。事実、森内閣では様々な交渉が動いた。
・・・それが学生弁士根性というやつです。私も雄弁会のライバルの慶應義塾大学弁論部にいましたので、雄弁会の気質は多少知っております。
・・・小渕はひたすら下を向いて紙を読む。だから会談録は完璧なんだけど、相手の心は読めない。真逆なのが橋本。すべてアドリブだから人間関係の構築はうまい半面、よく間違える。
最悪だったのは外務大臣だった河野洋平。「俺は外相2回目だから説明はいらない」と官僚のブリーフィングを聞かず、新聞で読んだ知識で外相会談に臨むんです。・・・
・・・冷静に考えれば、えひめ丸は事故だから、危機管理の問題ではなかった。逆に言えば、決定的なミスを犯していないから潜在力を残して、いまだにキングメーカー・・・
・・・小泉内閣が様々な組織を破壊した結果、支持政党もイデオロギーも持たない人が増え続けた。こうして自ら生みだした無党派層を煽って「神風」を吹かせた。
「神風」は瞬間最高支持率と言いかえられます。その瞬間を少しでももたせて持続させて、瞬間を瞬間でなくするためには、破壊を続けて、熱狂的瞬間を連鎖させてゆくほかはない。・・・
安倍政権も小池都知事も小泉劇場を模倣しているに過ぎないでしょう。・・・
・・・外務省だけは小泉政権を歓迎しました。それは外務省が、伝統的に清和会人脈が強い組織で、安倍晋太郎の世話になった官僚が多かったからです。・・・
・・・当時は田中眞紀子が外務大臣でした。ポスト・ポスト冷戦時代に突入して、国際外交がもっとも重要視されていた時期にもかかわらず・・・
・・・でも徐々に省内で田中派が強くなっていった。やがて死ぬまでついていきますという連中まで出てきた。
・・・しかし慌てて帰国させてしまった。彼を日本で確保しておけば・・・
・・・田中眞紀子が「そんなの怖いからすぐに帰しちゃいなさい」と政治主導で帰還させてしまったんです。また9・11直後に田中は、アメリカ国防省がスミソニアン博物館に避難しているという機密をマスコミにしゃべってしまった。ここでやっと外務省内でも田中に対する・・・
・・・私の初公判の日だった。小泉訪朝のおかげで、私の裁判の記事が小さくてすんだ。個人的には、小泉訪朝には感謝しているんです。あれがなければ、一面トップで書かれていたかもしれません。
・・・首脳会談を実現させた外務省の田中均が北朝鮮との約束・・・
・・・彼は、約束を果たせなかった責任をとって辞めるべきだった。そうすれば、北朝鮮にも顔向けができた。・・・でも田中にはその覚悟がなかった。約束を履行できなかった責任も取らずに、先頭に立って北朝鮮を叩きはじめた。・・・

追記.
この投稿の翌日・翌々日には、この投稿を開いて数秒すると、「ウィルスが・・・」という表示ページがいきなり出て来ました。
同様の表示ページは、普通のウェブサイトを見ていて出てきたことが何度かあり、すぐ閉じれば実際にはウィルスにやられることは無いことを知っていたので、
驚きも無く、淡々とすぐに閉じました。
一時的にピンポイントでできる、証拠の残り難いこういうウェブサイト攻撃って、あるんですよね。
誰がやったのか・・・まあ、何某かの関係者でしょうね。
前にも書きましたが、公共の福祉の範囲内での表現の自由は勿論あるし、
『 』記事本文のURLを調べて開けたらすぐ分かりますが、より多くの行数にわたる抜粋部分はこれでもすごく遠慮して載せました。不満は書かれた方にぶつけてくださいね。
あ、それと、政策理解度の優先の大前提は、国家機密保持、政策その他実施運営手法の成熟、効率や内容の熟度を上げる等も、当然含まれます、
特に、機密保持については、ビジネスでもそうですが、ベラベラ喋っていてはお話にならないので、そういう人を見つけたら、解雇するかは別途検討するにしても、実名を報道しなければなりません。税金を使って行われているはずなので。
コメント

ヤフコメ第75回(19世紀・20世紀のスペイン・旧スペイン領などの歴史)

2018-05-22 07:48:32 | 日記
本頁参考下に、追記参考.を加えましたのでご覧ください。

『<スペイン>政治的衝突解決へ対話を カタルーニャ前州首相 (毎日新聞)』
日本語検索情報等によると
*南中北米にバスク系多数移住
◦王:フェルナンド7世1808・13-33、イサベル2世33-68、アルフォンソ12世75-85、13世86-1931
18チリ独立
22アルゼンチン・大コロンビア・墨独立を米承認
24ペルー独立
30大コロンビア解体:ベネズエラ・エクアドル独立
30s-80sラナシェンサ運動
38-41中米連邦解体
47ボリビア独立
68-74民主主義、73フィゲーラス(バルセロナ出身)西共和国初代大統領、74王政復古
98米西戦争、プエルトリコ自治
99フィリピン第一共和国成立
1902キューバ独立
03コロンビアからパナマ独立
09悲劇の一週間
第一次世界大戦中立
17ロシア革命
21アンワールの戦い
23-30プリモデリベラ将軍独裁政権:27通貨危機
31(スペイン革命)-39第二共和政
36-39スペイン内戦、39-75フランコ総統独裁政権

参考.
ヤフコメ第58回(18世紀・19世紀・20世紀のカタルーニャ及びスペインの歴史)
など

追記参考. 上記につきネット検索すると、例えば、
最適の事業立地カタルーニャ州とバルセロナ市 http://catalonia.com/invest/index-jp.jsp
混迷カタルーニャの歴史と未来を読み解く https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/post-8671.php
カタルーニャ州、スペインから独立めざす理由は? https://www.huffingtonpost.jp/2014/09/16/catalonia-independence_n_5832278.html
カタルーニャのナショナリズム https://www.foreignaffairsj.co.jp/focalpoints/2017-12-19-tue/
カタルーニャ独立問題解決の糸口は未だ見えず https://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/eu171013.pdf
プロセスの現状 http://db.csri.for.aichi-pu.ac.jp/journal11-5.pdf
カタルーニャ独立問題の歴史と現状 https://manesetsu.jp/3162
運動静まったバスクが手本となるか https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/10/post-8634.php
バスク自治州、独立機運が下火に―カタルーニャと好対照 http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304334104579521371624640560
バスクを参考に解決の道探れ http://japan-indepth.jp/?p=38101
バスク自治州ビルバオの食文化 http://www.murc.jp/thinktank/rc/quarterly/quarterly_detail/201703_54.pdf
フランス漁民の新大陸タラ通漁 http://hist-geo.jp/img/archive/013_061.pdf
バスク系羊飼いによるバスク地方とアメリカ合衆国 https://kyoritsu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3019&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1
バスク系アルゼンチン人のバスクに対する意識 http://ir.lib.u-ryukyu.ac.jp/bitstream/20.500.12000/36892/1/No12p115.pdf
王制の憲法的課題 http://www.cgu.ac.jp/Portals/0/12-library/kiyou/h29-01-03.pdf
植民地時代前半期のポトシ銀山 https://www.kufs.ac.jp/ielak/pdf/kiyou11_04.pdf
メキシコ独立戦争 https://www.pahoo.org/culture/numbers/year/j1810-csa.shtm
フィリピンにおけるスペインコミュニティー http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/gazo.cgi?no=216713
が出て来ます。
コメント

地図(チェコ)

2018-05-16 12:23:41 | 日記
ヤフコメ第71回に追記参考を加えましたので、ご覧ください。

19ファイル




















参考.
ヤフコメ第71回(19世紀・20世紀のチェコの歴史)
地図(スロバキア)
地図(ポーランド)
など
コメント

ブログ投稿6: 前某県知事、前某省事務次官、某省情報収集活動下手、に関する批判について徒然に

2018-05-14 12:51:12 | 日記
ヤフーにコメント欄が無いので、ここに徒然に書きますが、
どういう経歴であれ、ひとそれぞれ違う。噂どおりでもない。違法行為はもちろん、公職にあるまじき行為を公職者はしてはいけない。

下記抜粋、これは、言っておられることは遠からずであろうが、言っておられるご本人はどの程度選挙や県政や財政や外交を理解しておられるのか。
漠然とした使えない批判や、批判のための人格批判などは、長期的には民度を下げるだけで、政策改善や国民生活の向上には役に立たない。

具体的に、税金がいくら無駄になっている、ある情報を逃して或いは友好国との外交不十分によって日本の利益がいくら損ねられた・・・試算でもいいから一応はこういう数字を根拠にして論理的に批判を組み立ててもらいたい。
試算できないなら、情報収集下手がどの程度なのか、うまくできている組織はどこか、日本人9割以上が外交下手という仮説にはどう反論するのか、くらいは欲しい。

加えて言うなら、選挙は水物であるし、まして民主主義の下で外国の国民が選ぶものであるから、外国の選挙予測自体に必死になる必要は何も無い。

最後に、ビジネスも行政も現実であるから、「与党力」が重要。批判、批判のための批判では、何も改善されない。フィーリングだけでは、何も成功しない。お願いしますよ。

以下、抜粋。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180510-00000001-sundaym-soci
<青い空白い雲>"買春"新潟県知事のような「学歴バカ」が日本をダメにする!〈サンデー毎日〉5/10(木) 12:01配信 ◇牧太郎の青い空白い雲/668
GW(ゴールデンウイーク)も終わり世間がすっかり忘れてしまった「買春で新潟県知事を辞職した米山隆一さん」のことを書いておきたい。「学歴バカの悲劇」を伝えたいのだ。
・・・何やら「輝ける学歴」を手に入れるのが唯一の「目的」になった。・・・「平凡な医師」では我慢できなかった。受験勉強に代えてチャレンジしたのが「選挙」。彼は「最も難しい戦い」を選び、2005年の衆院選に自民党から出馬。圧倒的な集票力を持つ「新潟の女王・田中真紀子さん」に挑んだ。・・・これを皮切りに国政選挙で4連敗。勝つために、所属政党を自民→日本維新の会→民進と次々に変える。新潟県知事選では「社民・自由・共産推薦」。原発再稼働反対運動を味方に勝利した。・・・原発推進派だった「自民党の米山さん」は、いつの間にか「原発ゼロ」に加担していた。その変身ぶりの背景には「輝く学歴→異常な権力志向」が隠れている。
 受験勉強だけで「人間力」は身に着かない。もちろん、選挙に勝てば良い!というものでもない。・・・受験勉強だけでは「ピンチを乗り越える解答」が出てこない。学歴はあっても「解答」が出てこない。正直いって気の毒だった。
・・・同じ頃、財務省の事務次官が(天下り寸前だというのに)女性記者へのセクハラで、その後の人生を棒に振った。この人も受験勉強が上手で権力を握った口だろう。
 大きな声では言えないが、「役に立たない」という意味では、財務官僚より始末が悪いのが、外務官僚である。
 かつて、東大在学中に外交官試験に合格した「東大中退組」が偉そうにしていた。すべてが「試験の結果」。ともかく「受験上手」が幅を利かせた。でも、彼らは役に立たない。大使館勤務になっても情報収集活動が下手で、ただパーティーばかりしている。税金泥棒の外交官がうじゃうじゃしている。
 外務省は米大統領選で「ヒラリー圧勝!」と予測して赤っ恥。今、朝鮮半島の南北統一が加速する中で、外務省は「独自の情報」を持っていないから役に立たない。・・・
コメント

地図(ルーマニア)

2018-05-13 13:03:11 | 日記
12ファイル













参考.
ブログ投稿5: 18世紀・19世紀・20世紀のルーマニアの歴史
地図(ウクライナ)
地図(ハンガリー)
など
コメント

ブログ投稿5: 18世紀・19世紀・20世紀のルーマニアの歴史

2018-05-10 12:19:48 | 日記
“18世紀・19世紀・20世紀のルーマニアの歴史”(ヤフー書き込み可能記事無し)
日本語検索情報等によると
1699カルロヴィッツ条約
1710-11露土戦争:土がモルダヴィア奪還(プルト条約)~1822ファナリオティス支配
18パッサロヴィッツ条約
39ベオグラード条約
46農奴制公式廃止
68-74露土戦争:露(エカチェリーナ2世)の最初のワラキア占領、74露土キュチュクカイナルジャ条約
87-91露土戦争:ハプスブルグ(ヨーゼフ2世―レオポルト2世)軍入国
1806-12露土戦争:露(アレクサンドル1世)軍占領、12ブカレスト和平条約:ベッサラビアを露に割譲
21ワラキア蜂起、土(マフムト2世)占領
26露土アッケルマン条約
28-29露土戦争、29露(ニコライ1世)軍政下(アドリアノープル条約)
48-51露土が占領
53-56露(アレクサンドル2世)が占領再開、56土宗主権(パリ条約)
61ワラキア及びモルダヴィア連合公国成立
66憲法(カロル1世)
78サンステファノ条約及びベルリン協定
81ルーマニア王国(カロル1世)
1916ブカレスト陥落
18大ルーマニア(ブコヴィナ、トランシルバニア、ドブロジャ、ベッサラビアを獲得)
20東モルダヴィア(モルダヴィア民主共和国)とルーマニアの統一(パリ条約):ソ連不承認
東モルダヴィアは第二次世界大戦後モルダヴィアソビエト社会主義共和国、91モルドバ共和国独立
44ルーマニア革命
47ルーマニア人民共和国
65ルーマニア社会主義共和国
74チャウシェスク大統領独裁体制
89ベルリンの壁の崩壊
89ルーマニア革命
2007EU加盟

参考.
ヤフコメ第48回(露土戦争)
ヤフコメ第63回(19世紀後半の歴史4(ロシア皇帝アレクサンドル2世))
ヤフコメ第67回(19世紀の欧州史9(ロシア皇帝ニコライ1世))
ヤフコメ第62回(19世紀の欧州史8(ロシア皇帝アレクサンドル1世))
ヤフコメ第40回(歴代ロシア皇帝)
ヤフコメ第70回(ウクライナの歴史)
ヤフコメ第64回(19世紀・20世紀のハンガリーの歴史)
ヤフコメ第43回(19世紀の欧州史2(クリミア戦争1853-1856))
など

追記参考. ネット検索では、例えば、
観光情報局 http://www.dtac.jp/caucasus/romania/history.php
政府観光局 歴史 http://www.romaniatabi.jp/general/romania_history.php
ワイン通を唸らせる http://www.romaniatabi.jp/activities/wine_tasting.php
愛知県国際交流協会 http://www2.aia.pref.aichi.jp/koryu/j/kyouzai/PDF/H24/Romania.pdf
放送を聴く http://tabitabi-podcast.com/sekachira/?p=1294
明治10年オスマン帝国から独立を宣言 https://bushoojapan.com/tomorrow/2014/05/08/19582
ワラキア公国とルーマニアの歴史 http://www.europe-z.com/tabi/ro199805/h12n.html
日本貿易会月報オンライン http://www.jftc.jp/monthly/overseas/entry-384.html
EUトップクラスの成長率、ルーマニアの裏側 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49239
が出て来ます。
コメント

地図(ベルギー)

2018-05-07 07:19:46 | 日記
ヤフコメ第74回に、追記参考を入れておきましたので、併せてご覧ください。

21ファイル






















参考.
ヤフコメ第74回(19世紀・20世紀のベルギーの歴史)
ヤフコメ第72回(18世紀のオランダなどの歴史)
ヤフコメ第60回(19世紀・20世紀のオランダなどの歴史)
地図(オランダ)
など
コメント