大久保利通の堅忍不抜 ―今の時代に必要な考え方 など― とにかくまず事実理解だと考えます

ヨーロッパ史、米国情勢、日本の政策や企業・経済、サッカー等を徒然に記しています。時々ブログ設定が何故か勝手に変わります?

ブログ投稿77: 中国

2019-09-09 19:09:39 | 日記
昨年のものですが、載せておきます。タイトルで検索すると、読めます。

日本の知識人が「いつも中国を見誤る」理由
『当時の中国は税制も法律も、裁判も警察も不完全で治安維持ができる「実力」はない。とても生命財産を託しうるような「世界の文明国」ではありえないと断じたのである。中国の「国民運動」を理解せよ、と日本人に迫った石橋は、ほぼ時を同じくして、その「国民運動」は「言葉だけ」だと批判した。これはどう見ても、矛盾である。
 石橋本人も回想したように、「小日本主義」の提言は戦前の日本社会で説得力がなく、「一平和主義者の空論」にすぎなかった。それも彼の矛盾が一因だったのではなかろうか。手放しの称賛・高い評価の陰で、この点はどうやら見過ごされてきた。』・・・ ・・・
『 大国化した中国は、一衣帯水の近きにある。今ほど中国を「知らず」には済まない時代もあるまい。
 尖閣などの「領土」問題、台湾・香港など「一つの中国」、あるいはAIIB、「一帯一路」構想などなど、日本にもかかわる目前の問題に直面するわれわれは、やはりその「言葉だけ」にとらわれていまいか。』

日本はイギリスの“手駒”に仕立てられた?
...当時、主に山東省や河南省に住む漢族の多くは貧しさとひもじさから抜け出すべく、新天地を求めて山海関を越え、雪崩を打って関東に向かった。「闖関東」と形容される漢族の満洲への大移動が続き、やがて満洲族の故地は漢族に埋め尽くされてしまう。
 清朝は17世紀半ばに北京に都を定めた直後、荒地開墾を希望する漢族の山海関からの満州入りを許可した。すると満洲に新天地を求めた漢族が、農業植民を目的に続々と満洲入りする。ここで注目しておきたいのが満洲に隣接する内モンゴル東部でも牧野の農地化、つまり農業が遊牧を侵し始めたこと。すでにこの時期、漢族による遊牧文化侵食、いいかえるならモンゴル遊牧民の悲劇が始まっていたのである。
 漢族は主に同郷者が集団で満洲に向かった。彼らは窩棚と呼ばれる掘っ立て小屋を建て定住に向け土地の開墾に着手する。コウリャン、アワ、ソバなどが栽培されるようになると、やがて故郷を同じくする同姓者を呼び寄せて集団居住する村落が生まれる。海外の華僑・華人社会がそうであるように、満洲でも生き抜くための拠り所は同郷・同姓の縁だった。ここで注目すべきは満洲入りした漢族は農民だけではなかった、つまり中国社会の仕組みそのものを満洲に持ち込んだことだ。農業移民の成功に誘われ手工業やら商業機関が持ち込まれ、都市生活も始まる。満洲の漢化、ということは漢族社会のネットワークが知らず覚らずのうちに満洲にまで広がっていたわけだ。
 1740年代になると、清朝は封禁政策に着手し、山海関での漢族移民の出入りを取り締まることになる。だが、これが徹底されない。一度手に入れた土地(=財産)をおいそれと手放すわけがない。だから入植した漢族は満洲を動かない。加えて...
... 曾根が対した3人の西洋人の振る舞いから判断して、イギリスとプロシャとフランスの3国から送り込まれたに違いないだろう。彼らは腰を落ち着け現地社会に溶け込み、長い時間をかけて満洲からロシア国境にかけての広大な地域を探査していたはずだ。もちろん目的は、当時の列強間で行われた熾烈な植民地争奪ゲームに勝利するため。つまり曾根が出会った「英商『クライアト』氏」、プロシャ人、そして「佛國教師『ボヲィァ』氏」(おそらく奉天在住の友人教師も)は満洲を求める列強諸国の先兵たるインテリジェンス要員だったはずだ。こうみてくると、満洲に関する限り、やはり日本は“後発国”だったことを認めざるをえない。これが帝国主義の時代が持つ冷厳なる真実だろう。...

中国新疆・ムスリムの強制収容所が急速に拡大
・・・新疆地域のムスリム少数民族人口の7%にあたる100万人が収容されているとしている。かつて強制収容所に収容されていた22歳のウイグル青年はWSJのインタビューに答えて「収容所の中国人職員から、この世に宗教なんてものはない、神なんて存在しないのに、どうしてお前は信仰するんだ?と問われた」と証言・・・
・・・豚肉を食べるように強要し、ウイグル女性には漢族男性と結婚せねば、就職もできない、と洗脳しているという。こうした洗脳、再教育を受け入れない場合、せいぜい3人が入ればいっぱいになる程度の反省房に監禁される。この部屋に9~10人が詰め込まれることもあるという。
 反省房では睡眠時間は4時間だけ、豚肉以外の食事を与えられず、一日中、毛沢東への感謝を唱えさせられるという。オーストラリアから来た亡命ウイグル人の証言によれば、陳全国が書記になって以降、在外ウイグルの家族への弾圧が激しくなっており、家族の偽の呼びかけによって、海外に留学していたウイグル学生が新疆に呼び戻されたあと収容所に入れられるという例が急増しているという。その数は8000人以上ではないか・・・

トランプ政権 中国がウイグル族を不当に収容と非難  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180727/k10011551041000.html
「ウイグル、数十万人を拘束」 中国当局を批判  https://mainichi.jp/articles/20180729/k00/00m/030/079000c
Remarks by Vice President Pence at Ministerial To Advance Religious Freedom  https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/remarks-vice-president-pence-ministerial-advance-religious-freedom/
Ministerial to Advance Religious Freedom: Remarks by Secretary Pompeo and Vice President Pence  https://www.youtube.com/watch?v=xUzt0MpiYs4
Pence and Pompeo Make Big Religious Freedom Pledges  https://www.christianitytoday.com/news/2018/july/potomac-declaration-religious-freedom-pence-pompeo.html

金融・投資(全般)ランキング

コメント   この記事についてブログを書く
« ブログ投稿76: マスコミへ... | トップ | ブログ投稿78: ラグビーワ... »

日記」カテゴリの最新記事