大久保利通の堅忍不抜 ―今の時代に必要な考え方 など― とにかくまず事実理解だと考えます

ヨーロッパ史、米国情勢、日本の政策や企業・経済、サッカー等を徒然に記しています。時々ブログ設定が何故か勝手に変わります?

地図(ウイグル)

2019-12-01 00:13:26 | 日記
地図15枚。















コメント

ブログ投稿78: ラグビーワールドカップ2019日本(テレビ等観戦予定案?)

2019-09-21 13:18:03 | 日記
完全ニワカを自任(かつ認)しながら、お茶片手に昨夜見た日本vsロシア。
ちょっと緊張感があったようにも見受けられましたが、開催国として初戦勝って良かった!!!
交代出場選手たちが先発出場選手と全く同レベル(或いはそれ以上)のキレとムードを見せてくれたのも、凄く気持ちが良かったです。
やっぱり何事も、本番はリラックスムードが一番。
会社組織でもスポーツチームでもアンサンブルでも何でもレギュラー固定せず枠内に居る全員が常に同レベルで戦えるという当方の理想に、凄く近かったです。
これから一ヶ月半、盛り上がるんじゃないですか。ワクワクしてます。

ということでテレビ放送等の予定を探していると、こんな(個人の?)ページが見つかりました。
https://tokyo-futsaler.blog/archives/20160616-rugbyworldcup219-broadcast.html
こういう放送予定になっているのでしょうか。

流石に全部は見られませんので、ビデオ等も含めて皆さんもこんなところでしょうか。
ただ、どう補充するか等もあるだろうし、先のことは誰にも分かりません。
9/21(土)
16:15 C フランスvアルゼンチン  東京
18:45 B ニュージーランドv南アフリカ 横浜
9/22(日)
16:45 A アイルランドvスコットランド 横浜
9/24(火)
19:15 A ロシアvサモア  熊谷
9/26(木)
19:45 C イングランドvアメリカ  神戸
9/29(日)
16:45 D オーストラリアvウェールズ 東京
9/30(月)
19:15 A スコットランドvサモア  神戸
10/4(金)
18:45 B 南アフリカvイタリア  静岡
10/5(土)
17:00 C イングランドvアルゼンチン 東京
19:30 A 日本vサモア 豊田
10/6(日)
13:45 B ニュージーランドvナミビア 東京
10/9(水)
16:15 A スコットランドvロシア  静岡
10/12(土)
13:45 B ニュージーランドvイタリア 豊田
10/13(日)
12:15 B ナミビアvカナダ    釜石
19:45 A 日本vスコットランド  横浜
10/19(土)
19:15 準々決勝2 プールB1位vプールA2位  東京
10/20(日)
16:15 準々決勝3 プールD1位vプールC2位  大分
10/26(土)
17:00 準決勝1     準々決勝1勝者v準々決勝2勝者 横浜
11/2(土)
18:00 決勝     –    横浜
コメント

ブログ投稿77: 中国

2019-09-09 19:09:39 | 日記
昨年のものですが、載せておきます。タイトルで検索すると、読めます。

日本の知識人が「いつも中国を見誤る」理由
『当時の中国は税制も法律も、裁判も警察も不完全で治安維持ができる「実力」はない。とても生命財産を託しうるような「世界の文明国」ではありえないと断じたのである。中国の「国民運動」を理解せよ、と日本人に迫った石橋は、ほぼ時を同じくして、その「国民運動」は「言葉だけ」だと批判した。これはどう見ても、矛盾である。
 石橋本人も回想したように、「小日本主義」の提言は戦前の日本社会で説得力がなく、「一平和主義者の空論」にすぎなかった。それも彼の矛盾が一因だったのではなかろうか。手放しの称賛・高い評価の陰で、この点はどうやら見過ごされてきた。』・・・ ・・・
『 大国化した中国は、一衣帯水の近きにある。今ほど中国を「知らず」には済まない時代もあるまい。
 尖閣などの「領土」問題、台湾・香港など「一つの中国」、あるいはAIIB、「一帯一路」構想などなど、日本にもかかわる目前の問題に直面するわれわれは、やはりその「言葉だけ」にとらわれていまいか。』

日本はイギリスの“手駒”に仕立てられた?
...当時、主に山東省や河南省に住む漢族の多くは貧しさとひもじさから抜け出すべく、新天地を求めて山海関を越え、雪崩を打って関東に向かった。「闖関東」と形容される漢族の満洲への大移動が続き、やがて満洲族の故地は漢族に埋め尽くされてしまう。
 清朝は17世紀半ばに北京に都を定めた直後、荒地開墾を希望する漢族の山海関からの満州入りを許可した。すると満洲に新天地を求めた漢族が、農業植民を目的に続々と満洲入りする。ここで注目しておきたいのが満洲に隣接する内モンゴル東部でも牧野の農地化、つまり農業が遊牧を侵し始めたこと。すでにこの時期、漢族による遊牧文化侵食、いいかえるならモンゴル遊牧民の悲劇が始まっていたのである。
 漢族は主に同郷者が集団で満洲に向かった。彼らは窩棚と呼ばれる掘っ立て小屋を建て定住に向け土地の開墾に着手する。コウリャン、アワ、ソバなどが栽培されるようになると、やがて故郷を同じくする同姓者を呼び寄せて集団居住する村落が生まれる。海外の華僑・華人社会がそうであるように、満洲でも生き抜くための拠り所は同郷・同姓の縁だった。ここで注目すべきは満洲入りした漢族は農民だけではなかった、つまり中国社会の仕組みそのものを満洲に持ち込んだことだ。農業移民の成功に誘われ手工業やら商業機関が持ち込まれ、都市生活も始まる。満洲の漢化、ということは漢族社会のネットワークが知らず覚らずのうちに満洲にまで広がっていたわけだ。
 1740年代になると、清朝は封禁政策に着手し、山海関での漢族移民の出入りを取り締まることになる。だが、これが徹底されない。一度手に入れた土地(=財産)をおいそれと手放すわけがない。だから入植した漢族は満洲を動かない。加えて...
... 曾根が対した3人の西洋人の振る舞いから判断して、イギリスとプロシャとフランスの3国から送り込まれたに違いないだろう。彼らは腰を落ち着け現地社会に溶け込み、長い時間をかけて満洲からロシア国境にかけての広大な地域を探査していたはずだ。もちろん目的は、当時の列強間で行われた熾烈な植民地争奪ゲームに勝利するため。つまり曾根が出会った「英商『クライアト』氏」、プロシャ人、そして「佛國教師『ボヲィァ』氏」(おそらく奉天在住の友人教師も)は満洲を求める列強諸国の先兵たるインテリジェンス要員だったはずだ。こうみてくると、満洲に関する限り、やはり日本は“後発国”だったことを認めざるをえない。これが帝国主義の時代が持つ冷厳なる真実だろう。...

中国新疆・ムスリムの強制収容所が急速に拡大
・・・新疆地域のムスリム少数民族人口の7%にあたる100万人が収容されているとしている。かつて強制収容所に収容されていた22歳のウイグル青年はWSJのインタビューに答えて「収容所の中国人職員から、この世に宗教なんてものはない、神なんて存在しないのに、どうしてお前は信仰するんだ?と問われた」と証言・・・
・・・豚肉を食べるように強要し、ウイグル女性には漢族男性と結婚せねば、就職もできない、と洗脳しているという。こうした洗脳、再教育を受け入れない場合、せいぜい3人が入ればいっぱいになる程度の反省房に監禁される。この部屋に9~10人が詰め込まれることもあるという。
 反省房では睡眠時間は4時間だけ、豚肉以外の食事を与えられず、一日中、毛沢東への感謝を唱えさせられるという。オーストラリアから来た亡命ウイグル人の証言によれば、陳全国が書記になって以降、在外ウイグルの家族への弾圧が激しくなっており、家族の偽の呼びかけによって、海外に留学していたウイグル学生が新疆に呼び戻されたあと収容所に入れられるという例が急増しているという。その数は8000人以上ではないか・・・

トランプ政権 中国がウイグル族を不当に収容と非難  https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180727/k10011551041000.html
「ウイグル、数十万人を拘束」 中国当局を批判  https://mainichi.jp/articles/20180729/k00/00m/030/079000c
Remarks by Vice President Pence at Ministerial To Advance Religious Freedom  https://www.whitehouse.gov/briefings-statements/remarks-vice-president-pence-ministerial-advance-religious-freedom/
Ministerial to Advance Religious Freedom: Remarks by Secretary Pompeo and Vice President Pence  https://www.youtube.com/watch?v=xUzt0MpiYs4
Pence and Pompeo Make Big Religious Freedom Pledges  https://www.christianitytoday.com/news/2018/july/potomac-declaration-religious-freedom-pence-pompeo.html

金融・投資(全般)ランキング
コメント

ブログ投稿76: マスコミへの希望 ~内政山積課題分析

2019-08-01 13:10:21 | 日記
暑中お見舞い申し上げます。皆さまにご覧頂き、当ブログは、たまにしか更新できない中でも何とか存立できています。早いもので、令和元年8月となりました。
5月以降の令和元年に起きたこととして、
外国関連では、アメリカFRB利下げ、アメリカ東・西それぞれで銃乱射殺人事件、竹島周辺での韓国及びロシア中国の領空侵犯入り乱れ、IAEA事務局長逝去、イギリス新政権発足・駐米大使極秘公電流出辞任、EU新体制決定、韓国へのホワイト国適用停止の日本の検討、ペルシャ湾岸での日本タンカー襲撃事件、大阪G20サミットその他、
国内関連では、某興業お笑い芸人騒動、某アイドル事務所創業者逝去、参議院選挙、某生命保険二重支払等問題、某QRコード決済サービス被害等問題、某野党議員北方領土戦争回復発言・某与党議員騒動、某人放火多数殺人・元某省事務次官失業長男刺殺・某失業者私立小学校バス襲撃殺人事件、
などがあるでしょうか。大変な状態を何とかしなければなりません。
たまの更新ですので、今日もまとめて書いておきます。あくまで徒然に、ざぁーっとというものに過ぎませんが。世の中のため、国民のため、に全体として少しでも役に立てば幸いです。

政権与党や政治・官庁等の国家権力、大企業、有名人や功績有る人などに対して、何かと(実質的には反感のみで?)ケチを付ける人も少なくないように思えます。
感情的には分からないことはないですが、自分以外の多くの人間が絡む件についてはその姿勢ではいけないのではないでしょうか。
かと言って、近い人が携わっているからと言って、何でも賛成で良いはずもない。あくまで常に是々非々で、結果として賛成案件が例えば9割以上というような状態は特に悪くもないと思います。

現政権の良い点は、外交と、そこからも由来する政権の安定感であると考えています。
外交もケチ付ける人が少なくありませんが、近現代史軌跡上において日米関係が日本の基軸である中で、正直、扱いの難しいアメリカ大統領を相手に、安倍首相は奮闘しているとしか受け止めようがないです。
ケチを付ける人には、英語で様々なニュースや本を毎日追い続けることをおススメします。現政権より前と今では、日本の国際的存在感がちょっと違うなあという印象を、少なくとも定性的にでも持つはずです。
まあ、これは、毎日、安心できるはずがないものであるので、常々、どこか不安を抱えながら今後も進めていくのでしょう。
政権の安定感は、90年代末以降大きな期待を国民から持たれ続けて発足したが結局期待外れに終わった民主党政権、これへの反動が大きいと多くの人が今も言います。

では、現政権の悪い点はどうでしょう。標題のとおり、内政課題が山積して実質的に手付かずという点でしょう。

まず、消費税上げは、あくまで政権が中止も含めて最終決定・実施するものであるにもかかわらず、様々な事務だけが先行しています。
印刷や郵送などの作業や経費が発生しない準備はまだしも、物理的にそういうものが発生するものについても随分前から進められています。
今、日本国内の景気はどうでしょうか。
有効求人倍率、地価、物価上昇率、ガソリン価格、株価、企業決算、数字は色々あり、また、適正手続に基づく数字はそれなりに説得力はありますが、数字を創っているのも取っているのも使っているのも完全客観的では有り得ない人間であることを忘れてはいけません。
現政権のせいではない部分もあろう景気停滞の実感がある中で、消費税上げをすると、消費は中長期的に確実に冷え込み、景気停滞は一段と進みます。担当・関連の方々は、街に出て多くの主婦層におカネの話を訊いてみられたらどうでしょう。
実際、先行き不透明感の下でのアメリカの利下げは、日欧に確実に影響してくるはずです。
消費税を上げて、中長期的に景気も税収も下がるなら、マイナスでしかありません。
まず、財政効率を上げることを検討してはどうでしょうか。財政出動を厭わないのと、無駄な政府予算を削減しないのは、主権者国民として受ける印象が全く違いますので。これは、ケルトン教授のMMT並みに研究され、新聞やテレビでの公開が進むと国民は喜びます。その心理効果が、国民の購買意欲等に繋がります。
マスコミの方々に申し上げたいのは、経済や政治は直接の担当でなくても日本語で読んで半分くらいは理解できるようにしておき、自分の業務と常に絡めて考えるようにしておくべきではないかということです。それくらいだと、さほど難しくない上に、色々なアイデアが(あくまで組織内の風通しが良ければでしょうけど)出て来て、形だけでない仕事が国民のためにできたなあという成果に繋がりますから。

で、次に、この風通しですが、やはり、雇用慣行・成果主義がどうしても出て来ます。学業を終えると、元気なうちは仕事が毎日ですから。毎日をどう充実させるか。
確かに、雇用されるということは、組織の指示どおりに仕事をして成果を出して組織の利益に貢献するということです。反面、その指示を出すのは、概ね、専門家でもない不完全な人間です。正直、勤務年数や年齢だけで、指示がより的確になると言い切れるはずがありません。尤も、年齢は割とウソを付かないと感じることは、主観的にはありますが。
となると、脂汗が出るほど頭と神経、物理的な汗でビショビショになるほど手足、を一人一人が使い、指示待ちではなく主体的に動くしかありません。そうするには、風通しが良くないとできません。風通しが組織の利益を向上させます。
風通しを良くするには、ざっくり言うと、優秀有能な人間で溢れているようにするしかありません。同じ人間でも、任務・時・場所・環境・巡り合わせその他で、優秀度有能度は違いますので、永遠に安泰ということは有り得ません。必然的に中途採用や成果査定が重要になります。

風通しの面では、規制緩和撤廃や、地方への企業本社移転による人口分散も重要です。
別に、(現県庁所在地の過疎が進みかえって良くなさそうな)道州制の議論を待たず、今日からでも政府与党が進める意志と実行力があればできます。
実際、米欧でのQE金融緩和においては、財政出動と規制緩和撤廃もセットとされ、規制緩和撤廃についてはFRBでもECBでもQEの大前提とされていました。
また、毎夏いつも思うのは、東京圏に人口が固まり過ぎであり、自動車も多過ぎる、ということです。公共交通機関がスムーズに使われ続けることが、気候変動時代には必須ではないのでしょうか。
案件としては直接関係しないまでも全般にこういう対応が遅れているために、参院選で出て来たのが、N国党と、れいわ、でしょう。政府与党・関係省庁などは、速やかに対応すべきでしょう。

他にも問題は山ほどありますし、以上徒然でしたが、もし一言で言うなら、個々人の責任を今よりは明確にすべき、ということになるでしょうか。誰がやったのか放置したのか、と。やることまで踏み込まなくても良い場合もあります。
あまりギリギリやるのは日本的でない、古今東西良くないこともあるということも承知していますが、公のことについては直接間接に税金が使われますので今後は公的責任の所在をギリギリ明確化する方向に進めて行くしかないでしょう。
コメント

ブログ投稿75: メイ英首相辞任表明

2019-05-23 18:21:40 | 日記
皆さん、ご無沙汰しています。いつもご覧頂き有難うございます。
ちょっとというか結構気になっているので、徒然に走り書きします。論理その他の穴が有り得ますが、仕事ではないのでご容赦ください。
なお、このブログその他、仕事ではないことにも、真摯に常々取り組んでいます。それ故の下記内容については反感を持ち、また今後邪魔をする人がいるかもしれません。

気になっているのは、明日24日に表明されると伝えられている標記そのものではなく、標記に対する日本国民とりわけヤフコメ書込者の大半の反応です。
正直、国際・世界・外国に音痴過ぎます。
ちょっと辟易するというか、日本の先行きは放っておいては明るいはずがないというか。

深みや正確さに若干欠ける場合のある和訳されたネットニュースを見ただけで、ある一定の思い込みをし、その後はひたすら情緒的に「よく頑張っている」「火中の栗を拾って気の毒」などと日本語で日本語のネットサイトに書き込み続ける人達。
何が目的なんでしょうか。気晴らし?暇つぶし?にしては回数や件数が多すぎる。いわゆるファン?ですか。平和ボケですか。

にしても、日本企業及びその職員、そして関連企業及びその職員、その他日本国民にも直接間接に大なり小なり影響はあります。
利害が絡むので、当然、正確に情報を把握した上で、反応を決めねばなりません。
英語が不得意でも、こういう慎重さのある人達は、概ね正確な理解にその都度辿り着き、情緒的かつ間違った感想は持ちません。
ある意味、分からないなら、分からないで全然構わない。恥ずかしくないです。なぜなら、日本人の英語力はアジア最低であるのが定説になっていて、そこそこ学力のある人でも英語を使いこなす人は非常に少ないからです。

その上で敢えて言うならば、もし英語で話しぶりを聴き新聞を読むなど日々やっていれば、上記の「頑張っている」「気の毒」などの感想には絶対に至りません。
もちろん政界内情それも外国のものとなると、英語を使う人でも知る由はありませんが、他方、マスコミ報道自体は当然理解できます。或いは、ネット上でビデオ等もありますから、声を聴き表情を見ることもできます。

それすらできていない何百万何千万人もの日本国民が情緒的であり続けて良いはずがありません。
色んな意味で世界の中心から程遠く、原発爆発時には国がどうなるという大きな不安が瞬時に生じ、資源や食料にも不安が常につきまとい、人口は減少傾向にあり、助けてくれる親密な友人も非常に少なく、言語もこの島国でしか通じない。
もっとちゃんとしないと、滅びます。
それも、今後・将来というより、今生きている人が寿命を全うできない可能性すらある。

ちなみに、大英帝国の偉大な政治家リーダー先人なら、例えば、この件では、国外交渉や国内調整が要るため、まず国民向けに、“総論”の整理を国民投票結果判明直後に明示したでしょう。
それは、離脱で国境や経済に激震は来る、だから国民に再確認つまり再国民投票する、再国民投票しても離脱の可能性はもちろん半々だが再度しないならなおさら早く離脱する、という内容だったでしょう。
ところが、現実には、離脱がひっくり返りそうな再国民投票に反対する党内勢力を恐れて、ひたすら手順や内容各論ばかりに傾注して今に至ります。どんだけ英国の評価を世界的に下げたことか。今後長きにわたってこのモタモタ対応が英国の国益にマイナスな方向に影響し続けます。
いつも感じていたのは、この人は経歴関係無く少なくとも現在非常に頭が悪いということです。経済のみならず何の思考力も無い、に近いです。色々理解できていたら、こういうやり方には絶対になりませんから。

しかし、その人に何故か、異国のサイトにおいて異言語で労いの言葉をかけ続ける日本国民。
こういう少なからぬ人達は本当に、自分の頭で理解し、考え抜いていますか?日本、大丈夫か?
コメント

ブログ投稿74: サッカー日本代表チーム選手選抜考

2019-03-28 12:59:37 | 日記
ブログ開始から1年4ヵ月経ち、皆様にご覧いただき一応存立しており、誠に有難うございます。
最近、ブログ更新の時間を全然取れないことをご容赦賜りますようお願い申し上げます。

標記についてのはっきりとした内容を徒然に書くという形の久々の投稿、合わせてご容赦ください。
本当のことを書くので、何らかの妨害に今後会う可能性が低くありませんが、日本国、日本経済、日本国民の生活を案じるゆえ、以下記します。
代表サッカーやオリンピック全般は、国益そのものであり、日本経済を揺さぶりますので。個人の話と混同してはいけません。

たとえ部活レベルでも攻撃選手としてサッカーをやっていたことがある人、運動神経も勝負勘も抜群に良い人、サッカーに限らずゴールを自分で決め切るにはひときわ高い能力を必要とすることに苦しんだことのある人、なら、ロシアワールドカップ日本代表選手最終選抜時点で分かっていたはずですが、

まずは、中島選手が中田選手以来の逸材であり、日本代表の中心として少なくとも2022W杯が終わるまで日本にとって必要であろう、ということです。

次に、サッカーを自分ではあまりやっていない、スポンサー企業関係者や大衆ファンや少なからぬ記者ライターが、自分達に近い選手への良い印象を植え付ける発信等を続けるのは、確実に日本代表を弱くします。もういい加減止めないと。
過去1年間に何回代表チームで先発しても流れの中で1ゴールすら決めることができていない選手には、言い訳一切無用です。少なくとも、今後1年は代表に招集しなくて良い、と言うか、招集すると他の選手の枠を潰すので招集してはいけません。まずは自分の所属チームで今後1年見違える成果を上げましょう。ヨーロッパであろうが中東であろうがパシフィックであろうが、同じ。

当然ながら、ゲーム身体にもテスト頭脳にもピークがあり、それを過ぎると極端なくらい低下します。これは、概ね、万人に通じます。人間の限界。
となると、基本的には、若手優先で良いんです。瞬発力や持久力を要する攻撃サッカー選手は、理屈よりやはり身体がキレてるかどうかが大きいです。勿論、前提となる技術は必要ですが。

監督は大変だと思います。〇〇選手を選抜しろ起用しろ、こういうのが各方面から無言でも実に強いでしょうから。
決定時にはこの監督決定のプロセスに違和感はありましたが、いざ契約した以上イージーな監督交代は日本国にとってマイナスです。今は、監督がやり易いよう、スポンサー企業関係者や大衆ファンや記者ライターは考えて動かねばならない。批判はありますが、今のところ成績も悪くないし、世間常識から外れていることも無い。
森保監督を盛り立てて、東京オリンピックと2022ワールドカップに進めば良い、と言うのが現時点での日本の着地点であるべきでしょう。
コメント

地図(ノルウェー)

2018-12-10 00:29:45 | 日記
23ファイル





























参考.
ヤフコメ第95回(ノルウェーの歴史)
地図(スウェーデン)
地図(フィンランド)
など

金融・投資(全般)ランキング
にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村
世界史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ ヨーロッパ史へにほんブログ村
コメント

ブログ投稿73: 冷戦終了後の左翼、和牛精液・北方領土・国益、バランス

2018-11-26 18:36:21 | 日記
標記関連記事及び当方による抜粋・コメントを載せておきます。

左派賢人の過激な問い。"世界のトランプ化"はリベラルのせい? https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181126-01076130-playboyz-pol
抜粋:…反資本主義の旗手として知られるスロベニアの哲学者スラヴォイ・ジジェクが、英紙『ガーディアン』…税金をまともに再分配することすらままならない。リベラル資本主義のコンセンサスはすでに破壊されている。 それを破壊したのは、言うまでもなくグローバリズムであり規制緩和だが…
←原文を読むあるいはこの投稿を振り返る時間がおそらく今後も取れないので何とも言いかねますが、この部分はあきらかにおかしいですね。これがおかしくないと言う人は、「賢人」ではない。
そもそも、冷戦終了・東側崩壊で左翼はダメと結論は出てます。だから、昔の左翼ほど今の左翼は頭が良くない。他方、能力に基づかない構造上の利益搾取がこの十年以上、大きな問題になっています。
抜粋:…身もふたもない言い方をすれば、ジジェクは「左派はきちんとゼニの話をしろ」と言っている…
←この哲学者が有能か無能かは測りかねますが、この部分は正しいです。しょうもない書き手のしょうもない主張の作文をよく見ますが、色んな意味で最悪ですから。賢人も含めた大多数の人々は、現実問題に全然対処できない無能左翼に用は無いと思っているでしょう。
抜粋:…混乱した社会の中で左派に惹(ひ)かれる人々は、決まって理想やモラルを叫ぶ。…
←ここは、微妙です。左翼は、概して、感情的です。左翼の主張する理想やモラルは、確固たる理論や論理に基づいたものではないですから。この記事だけを見た限り、有能な哲学者であるとは思えません。

和牛精液あわや国外へ 出国検査甘さ露呈 申告制、告発わずか 貴重な資源流出は打撃 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00010000-agrinews-int
←一見地味なニュースですが、これは、厳罰を処すよう色々整えなきゃいけません。検査実務、法律、教育その他。甘かった、知らなかった、じゃ絶対に済まない。国益は、結局、国民一人一人の利益ですから。平和ボケもいい加減にしろということです。

和牛精液価格一覧 http://oobuchiwagiyu.com/semen.html

<北方領土>玉木・国民民主党代表「2島先行」を主張 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000002-maiall-pol
抜粋:…現実的な選択肢としては、1956年の日ソ共同宣言を土台として、歯舞群島と色丹島の引き渡しをまず実現すべきだとした。 残る国後(くなしり)島、択捉(えとろふ)島については交渉を継続し、「段階的返還」を目指す…
←野党ほぼ第一党として公式にここまで言えるのか、本当に、国際法・歴史・国防あらゆる観点から間違い無しに検討できたのか、ということです。いくら頭の良い人間の集団でもまともな公式意見を出すには少々時間がかかるものであり、また前身の、希望の党、民主党が現実に何度も組織的大失敗を犯しています。与党としては、野党が何を言おうが、まともな専門家を複数集めて、慎重に慎重に進めなければなりません。
抜粋:…米国は国後島、択捉島がロシアに帰属することを認めない一方、ロシアは歯舞群島と色丹島に米軍基地を設置しないという約束を日本に求める…
←こっちは、間違ってないと思います。

首相、日露交渉「必ずや終止符」と決意 衆院予算委で https://www.msn.com/ja-jp/news/national/首相、日露交渉「必ずや終止符」と決意-衆院予算委で/ar-BBQ659m?li=AA570j&ocid=spartandhp

外務省職員が覚醒剤「日頃のストレスが…」 https://www.msn.com/ja-jp/news/video/外務省職員が覚醒剤「日頃のストレスが…」/ar-BBQ5VZU?ocid=spartandhp
←何があろうと、言語道断、絶対ダメです。あと、日本の公共機関や大企業職員は、法律(及びその意味)を全然知らない、論理的思考が全般に薄いので、この際、雇用労働環境や教育全般とも合わせて、法律知識・論理力を深める方向に持って行ったらどうでしょうか。
別件であり日本人でもないですが、ゴーン氏も法律及びその意味を理解していたら、ここまでやることは無かったんじゃないですか。

京大病院、心臓手術で患者死亡 60代の女性 https://www.msn.com/ja-jp/news/national/京大病院、心臓手術で患者死亡-60代の女性/ar-BBQ6j32?ocid=spartandhp
←学力の高い人には手術には向かない人が居るような気が常々していますし、実際、手先の器用さは生まれつきですが、学力や思考力も無いと危なっかしくて仕方ないし、現実のバランスが難しいですね。

金融・投資(全般)ランキング
にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村
世界史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ ヨーロッパ史へにほんブログ村
コメント

ブログ投稿72: ジャーナリストのレベル???

2018-11-25 13:18:34 | 日記
標記関連記事及び当方による抜粋・コメントを載せておきます。

2018-11-24 17:06:53 ゴーン不正の暴露は日本政府が後押しか? https://www.msn.com/ja-jp/news/national/ゴーン不正の暴露は日本政府が後押しか%ef%bc%9f/ar-BBQ24Iv?ocid=spartandhp#page=2
これから裁判が開かれるであろう大事件について、確固たる証拠を示せない上に何の責任も知識も無いジャーナリストが、無責任で大仰なタイトルを付けて公表するのは、国のため企業のため世のために良いはずがないでしょう。能力も無いのに偉そうにするジャーナリストが多すぎるから、世の中がおかしくなってるんですよ。
抜粋:…歴史学者である村上さんの言葉を借りると、戌年の「戌」という漢字は作物を刃物で刈り取りひとまとめに締めくくることを表しているという。つまり終わりを意味している。ゴーン支配の終焉は中国古来の十二支によって予言されていたと思うと不思議だ。…
←「村上さん」て誰? ここの文章全体も意味不明で、「で?」みたいな。子供の作文みたいですよ。
抜粋:…ゴーンの不正とは別の次元でルノー日産のアライアンスの変化について考えてみたい。…ゴーン氏の不正問題は日産社内のガバナンスの問題でもあるので、責任をゴーン氏だけに押し付けるのはおかしいし、会社の責任もあるだろう。…
←別の次元でと言いつつ、結局、ゴーン被疑者の話に戻ってきていますね。論理的でないです。
抜粋:…20年も前からルノーは日産を支配してきたのだ。そのルノーは日産の利益を吸い上げているだけという報道もあるが、株式の論理では当たり前のことで、何が問題なのか理解に苦しむ。…
←この筆者は、会社法関連の各国の裁判例を全く知りませんね。この上記ゴシック部分こそ「ほんと??」って感じですが。「ほんと」なら良いんですが。まず5年くらい法律“も”勉強してみてください。少なくともいい加減なことは書かなくなる。そうなると、“ジャーナリスト”としては成り立たなくなるが、世のためにはその方が良いでしょう。社会欄や経済欄の玄人記事を書くには、今の時代、“ある程度の”法律知識や法的思考も欠かせるはずがない。
抜粋:…日産や三菱自動車の自立性が失われると、税金の安い国に本社を移転し、日本市場に魅力を感じていないルノー・日産は、生産工場をフランスに移転するかもしれない。…
←何か上手く書けてないですね。フランスの法人税は?もっと明確に書かないと。
抜粋:…日本政府は税収減、雇用減が予測され、到底受け入ることはできないだろう。ゴーン氏の側近だった西川社長がゴーン氏の悪事を暴いたのは、その裏側に日本政府の後押しがあったのかもしれない。…
←文章からは、全部、筆者の夢想・憶測としか読めません。
抜粋:…だが、フランス政府から突きつけられた三社の完全統合案にゴーン氏は異を唱えることができなくなったのではないだろうか。 このようにゴーン氏の事件に背後には日仏政府の思惑が見え隠れしている。…
←非常にお粗末な締め括りとしか言いようがない。
抜粋:…私見ではフランスと日本のメーカー、あるいは政府が敵対するのではなく、双方の妥協も必要で、その上でユーザーファーストになってほしい。でなければユーザーはルノー日産三菱の三社に愛想を尽かすかもしれない。…
←はぁ??? 何でしょう、それ。とにかく、毎日、仕事の前後、合計5時間、5年間くらい色々な勉強をしてから、大事件について大々的にぶち上げたらどうでしょうか?

追加参考.
ゴーンの後継者としてフランスの大物極右政治家が浮上。~フランス極右と日本の危険な関係1  https://www.msn.com/ja-jp/news/world/ゴーンの後継者としてフランスの大物極右政治家が浮上。%EF%BD%9Eフランス極右と日本の危険な関係1/ar-BBQ3hyf?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp&page=2#page=2
抜粋:…特に第二次大戦のナチスドイツによって行われた人道に反する戦争犯罪を矮小化するような言動は、「歴史修正主義」「否定論」と呼ばれ、ヨーロッパでは非常に警戒されています。 こうした思想の日本版と言われるようなものが、残念ながら日本でも一部の右派の政治家の間で浸透しているのは事実です。例えば、大日本帝国によるアジア各国の戦争被害を否定したり、植民地統治を肯定したりする言動が、しばしば行われています。…
←この部分は、若干ザッパクな表現と言わざるを得ません。こういう表現を国民全体として厳格厳密にしないから、いまだに慰安婦だの何だのでごちゃごちゃやられるんです。それがどんだけ国益にマイナスになってきたか、結局はどんだけ普通の日本国民の労働を無駄にしてきたか。有償で公に(たとえ日本語のみでも)原稿を書く者全てが、こういうことを厳格厳密に徹底する必要があります。日本経済のファンダメンタルズが弱まっていることを忘れてはいけません。国益保護について厳格厳密に徹底姿勢無しでは、いつか経済二流三流国に落ちぶれ国民が生活に困窮する可能性が無いとは言えないんです。
他の部分には、特に異論ありません。
強いて一般論を言うなら、総じて結局のところ国民益から離れて根拠無く感情的としか見えない「社会学的」「左翼的」な原稿は、誰しも、今後も出すべきでないでしょう。とにかく、日産ユーザーや職員、下請け企業などが立ち行かなくなることが無いよう願いながら、(原稿を出す者を含む)法律素人一般大衆は捜査と裁判の行く末を見守るのみです。会社法や刑法の裁判例を調べてみるのも良い。

ゴーン氏逮捕は「ホリエモン、村上ファンドの時よりひどい」 郷原信郎弁護士が指摘  https://www.msn.com/ja-jp/news/money/ゴーン氏逮捕は「ホリエモン、村上ファンドの時よりひどい」-郷原信郎弁護士が指摘/ar-BBQ67af?ocid=spartandhp#page=2
抜粋:…堀江貴文氏、村上ファンド事件の時より本件の捜査はひどいと感じた。ライブドア事件の時も不正確な記事がいっぱい出たが、今回のマスコミの報道もバランスが取れていないと思う。…
←最後のこの部分、非常に曖昧ですね、郷原弁護士がこう言ったのか。同弁護士とて別に神様じゃあるまいし、一人で少ない情報で判断してる訳で間違えることもあり得るし。それとも、記者によるまとめ?何かヘンです。
それに、ホリエ村上事件は、実態無く株式分割を異常に繰り返して、株主を欺いたという朧げな記憶がありますが、だとしたら金額の大きさからしても妥当な判決だったでしょう?
記者さん、分かってんのかな??

日産社長、関係見直し表明 ルノーと「平等でない」 https://www.msn.com/ja-jp/news/money/日産社長、関係見直し表明-ルノーと「平等でない」/ar-BBQ6btn?ocid=spartandhp
←提携当時とは状況が変化していますから、現状に合わせるということでしょう。日産社長としては、まだまだ舵取りが難しい状況で、手腕が問われ続けることでしょう。
なお、案の定、フランス政府もルノーも意見が変わってきています。陰謀云々強調していたジャーナリスト達は、最終的に責任を取らないのでしょうか? 行く末をこの場末から注視しておきます。
当方は、社会の様々な問題について根拠無く夢想空想がばら撒かれない世界になることを望んでいます。そういう世界が、誰にとっても生き易いでしょうから。

カルロス・ゴーンが苦しめた人々の声続々、変わらぬ “俺様ぶり” に怒りの再来 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181127-00013903-jprime-soci
←正直、この筆者は、「5年くらい勉強してから記事を書け」ということじゃないでしょうか。マスコミがこんなに情緒的感情的なままでは、国は衰退し、国民は貧乏になる。

日産はゴーンを見捨て経産省を選んだのか https://www.msn.com/ja-jp/news/money/日産はゴーンを見捨て経産省を選んだのか/ar-BBQ8fys?ocid=spartandhp#page=2
抜粋:…庶民感情を逆なでするには十分な話には違いないが、本当にそれを犯罪として立件できるのか、公判が維持できるのかとなると、首をひねる専門家が多い。…高額批判を恐れて金額を誤魔化したという「動機」は説得力に乏しい。「絶対権力者」だったゴーン容疑者からすれば、20億円が高いと批判されても痛痒に感じなかったはずだ。…
…だが、これをもって有報の虚偽記載だとする事には多くの専門家から疑問の声が上がった。…
←どうして、たった一人の意見を挙げて、こういう風に方向付けして、何も感じないんでしょうか。脳味噌の構造が分かりません。
抜粋:…そこで多くの専門家は有報虚偽記載罪はあくまで突破口だと考えている。朝日新聞の元記者で自動車業界に詳しい…
←この人も、専門家ではないでしょう。で、この文章の後、ガラッと内容が変わってますね。
抜粋:…「何か、日産が大勝負に出ようとしていると感じた」と経産官僚は言う。…
←誰ですか?そもそもほんとにこんなこと言ってますか?
抜粋:…会長を解任してゴーン容疑者がいなくなった日産を「救う」ために日本政府や財界が動き出す可能性は十分にある。ゴーン容疑者逮捕直後から安倍首相官邸に日産関係者が出入りし、財界首脳にもルノー・日産・三菱自動車のグループ全体を今後統括する「後任会長」を出すよう依頼が出ているとされる。 フランス政府やルノーはグループ全体のトップをルノーから出すよう求めてくるとみられるが、これに対抗する「日の丸連合」を作ろうということのようだ。…
←夢想・憶測の域を出てない。無償記事なら許せるけど、書いて報酬を貰うという意味の有償記事なら許せないな。この部分だけ取って、妙なタイトルも付けて、マスコミ人って脳味噌おかしくないですか?同じ日本人としてほんと恥ずかしい。

仏財務相、日産の主張けん制=パワーバランス「良好」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00000021-jij-eurp
←EUができる前から歴史的にフランス経済は国家運営だから、ここまで表立って経済財務大臣が普通に言うんでしょう。当方は、国家介入の仕方については、EU牽引主導者であるドイツの方が、フランスより随分マシだと思います。日本もフランス式を真似た部分もあるので、アベノミクスのためにも格段の規制撤廃を断行すべきです。

隠した50億円は大統領選出馬資金? カルロス・ゴーンの「酒」と「女」と「社食ラーメン」 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181128-00552320-shincho-bus_all&p=2
←この記事は随分マシな方ですが、記者全般に一番の根本を分かってない。それは、創業者経営者と雇われ経営者は似て非なるものであるということです。創業して形を創る時期が一番大変です。中小企業の間は、特に創業者は、金額が大きすぎなければ、法令の範囲内である程度柔軟な経理もできる。
しかし、単なる期限付き契約に基づく取締役については、単なる雇われという実態と、株主総会への報告義務なんかの法令制度と、両面において自由がきくはずがない。数日、記事を眺めてますが、この点を指摘できている記事はまだありません。
ゲイツ氏、ジョブズ氏その他創業者と、ゴーン氏その他雇われの決定的な違いです。

「カルロス・ゴーン氏は無実だ」ある会計人の重大指摘 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181126-00058626-gendaibiz-bus_all&p=2
←この会計士の名前がちょくちょく出てますが、この人か記者かが基本的に法律を全く分かってない。
まず、「未必の故意」を勉強すべきでしょう、有償記事ですから緊張感無いと。特に、強大権力者が手足を使う間接正犯だと、未必の故意は多そう。
抜粋:…ここで問題とされている海外の高額マンションの購入は、日産自動車が資産を買って、それをゴーン氏が専属的に使用していた、というだけのことだ。そこには損失が発生しておらず、したがってこれは会計基準上の役員報酬とはならない。…
←これも、「実際のところ何のため誰のための購入だったの?」と問われて、アウトでしょ。中小企業創業者くらいにしかここに書かれてる理屈は使えないでしょ。
他にも多数の薄さが見られます。ほんと、よく勉強してから、憶測夢想ではない記事を出してください。日本の民度をこれ以上下げちゃマズい。
コメント

ブログ投稿71: 論理性・現実、民度・信頼関係、外交・国民益

2018-11-16 12:28:27 | 日記
標記関連記事及び当方による抜粋・コメントを載せておきます。正直、東アジア関係をここでこんなにやりたくないんですが、あまりに変な記事が多いので、今はとりあえず仕方ないと思ってやっています。ちなみに、標記タイトルは、経済力のファンダメンタルズでもありましょう。記事を加えたり順序を変えたりしたら標記タイトルが分かりにくくなったかもしれませんが、いずれかの記事に当たってはいるので、今回はこれでもう変えません。

安田純平氏の会見に「謝罪を求める日本社会は異常」「自己責任論は極右の思想」と欧米メディア特派員 https://www.msn.com/ja-jp/news/national/安田純平氏の会見に「謝罪を求める日本社会は異常」「自己責任論は極右の思想」と欧米メディア特派員/ar-BBPKQN3?ocid=spartandhp#page=2
抜粋:…記者としての、ジャーナリストとしての仕事というのは、危険なところに行ってその現場で起きていることを取材する、そしてそれを伝えるということであります。政府などに管理、コントロールされる内容ではなくて、現場での情報を伝えることがジャーナリストの本来での仕事になります。…
←これはそのとおりですが、イスラム教に改宗するなど多少事情を知っていたところで、英語及び現地語がままならないジャーナリストが正確に取材できるはずがありません。この発言の主であるアメリカ人は、英語ネイティブでないジャーナリストの取材内容理解度・取材力を分かっていません。日本人記者の英語力は、外国人記者と比較しても特に低いですから。外国の英語記事をただ和訳してあるだけの日本語の記事を今まで何回見たことか。ということで、このアメリカ人の主張の大前提が抜けています。結果として、論理性が無いということになってしまっています。
抜粋:…『自己責任』だと一人主張したのは極右政党『国民戦線』のジャンマリー=ルペン党首だけでした。日本の自己責任バッシングは、まるで日本全体が極右化しているように思えます。…
←これは、情報操作にしか見えません。まず、常識的に見て、極右ルペン氏と日本世論は似ても似つかない。それに、身代金を誰が払ったという話にこの記事は一切触れていない。元外務省ロシア担当職員があちこちに言っていた「カタールが払った」のが本当であっても、同元職員の言うとおり「日本が支払う天然ガスの輸入代金にそれが乗せられている」ならば、結局、日本国民全員が支払ったことになる。身代金のおかげで解放された安田氏が、身代金を事実上払った日本国民全員に謝罪するのは当然ですよ。

徴用工問題、もはや文在寅氏退任まで韓国と対話は無理か https://www.msn.com/ja-jp/news/national/徴用工問題、もはや文在寅氏退任まで韓国と対話は無理か/ar-BBPKNlG?ocid=spartanntp#page=2
抜粋:…元外交官で作家の▲▲▲氏は、こう提言する。「韓国がやっているのは、“国と国とで約束をしたけど、国内の情勢が変わったからそれは放棄する”ということです。こうした『国内法優位の一元論』で自国の主張を通そうとする国が出てくると、国際秩序は安定しない。要は無理筋な話をしているんです。だから、日本がこの話をICJ(国際司法裁判所)に持っていけば、100%勝ちます」…
←まああまりよく分かっていない人ほど自信満々に公式に言い外れても責任ゼロだったりするもんですが、国際法しか勉強したことの無い人は、基本、法律学をさっぱり分かっていません。国際法と国際政治学は、似て非なるものです。学問はそんなに甘くない。その割には、金銭面で報われませんが。
だからこそと言うべきか、キャリア官僚であれ大企業総合職であれ、毎日、一般事務をやっているのであって、専門性の高い仕事なんて勤め人では大して多くありません。よく分かっている元勤め人なんて、よく出てる人でも殆ど居ません。
記者の方、国際法関係については、ちゃんとした国際法学者か元ICJ判事のところに取材に行きましょう。

世界で展開「韓国」のプロパガンダ ウソの奴隷描写だらけの軍艦島絵本、元徴用工の怪しい証言 http://news.livedoor.com/article/detail/15603267/
←ひどい話です。マスコミが英訳して、世界に流さなきゃいけないですよ。

ぺンス米副大統領は韓国パッシング、韓国は米日をパッシング http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/14/2018111400919.html
←さすがに韓国国民も韓米関係が良くないことを心配しているのでしょう。しかし、日本への過度の粘着が、同国の民度や外交を端的に表していますから、信頼関係が出来上がらない見通しの下、今後も外交は改善されにくいでしょう。

ある韓国人が考えた・・・もし日中韓が1つの国になったらどうなる?=中国メディア https://news.nicovideo.jp/watch/nw4190168
抜粋:…現状を考えれば日中韓が1つの国になるなどとまさに空想の産物といったレベルだろう。…
←空想もすべきではありません。思考の流れや民度がそれぞれ全然違いますから、日本にとっては気持ちが良くない。まあ、日本も民度は下がってきている気がしますが。実利面で見ても、技術を盗まれる日本が一番損をします。集団力はあちらの方が強いですが、何だかんだ言って、中国人一人一人は、自分達が日本人に負けていると思っています。だから、いずれにしても、近付かないのが一番です。

便座も食器も同じ雑巾 中国の高級ホテル、当局が調査 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00000638-san-cn
←今頃何を言ってんですか、ということです。そういう国民性ですよ。信頼関係が日本との間で出来上がる可能性は、今後も限りなく低いです。

2分解説 北方領土交渉2島“優先”のワケ https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20181115-00000067-nnn-pol
抜粋:…安倍首相としても、この機会をとらえ、戦後外交の総決算、まさに「レガシー」にしたいという狙いがある。…
←マスコミが安易に「レガシー」と言うから、政治家もやりにくいでしょう。最重要は、国民の利益。交渉を進めると、色々な角度から見て少しでもマイナスが上回るなら、進めてはいけません。それこそ、やらないのも「レガシー」ですよ。

金融・投資(全般)ランキング
にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村
世界史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ ヨーロッパ史へにほんブログ村
コメント

ブログ投稿70: 非民主主義国への投資、日本のビジネス環境、良識と効率を高める

2018-11-12 00:12:23 | 日記
標記関連記事及び当方による抜粋・コメント等を載せておきます。

貿易戦争の波紋、中国で米系自動車メーカーが涙目に https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00054572-jbpressz-int&p=2
抜粋:…ただし、中国国内のメディアは、フォードが落ち込んでいるのは、近年モデルチェンジが少ない上にリコールが相次いでいるなど単純に競争力の低下が原因であって、米中貿易摩擦だけの影響ではないと指摘しています。…
…この絶好調の背景には、昨年末にモデルチェンジした看板車種「カムリ」が好調を維持していることに加え、今年7月に輸入車関税が引き下げられたことが大きく貢献したと指摘されています。…
←標題と内容が微妙に違っているとは思いますが、現況を知るのに良い記事だとも思います。
付け加えるなら、軍需や航空機なんかの典型的BtoB型と、自動車なんかのBtoC型では、国と国のやり取りと実際の購買消費が結び付かないのも当然です。
それと、仮に対外感情が販売台数に影響するとしても、一国の外交貿易政策はそれに直接に引きずられてはいけない、ということもあります。
非民主主義国や強い反日感情の国への投資や貿易をする者は、外国人の資産が当該国により没収され得ることもよく勉強しておくべきです。

ビジネス環境で、ついにロシアにも抜かれた日本 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00054594-jbpressz-int
←すごく雑な言い方ですが、実際にはさすがに有り得ないと思います(笑)。いつでも没収が有り得ますから。他方、確かに、日本の対内投資が進まない要素だらけです。提出書類が多い、その処理されるスピードが尋常でなく遅い、ハンコなど日本独自の無意味な慣習が多い、挙げたらキリが無い。
当方、元々、世銀や国連などの多くの非先進国が絡む機関はどうも当てにならないと思っています。だからこそ、逆に、あまりそこには深入りし過ぎず、また、常任理事国入りはできれば実現し、ほど良い距離で居る。そして、日本にとって一番重要なのは先進国との関係である、こんな感じです。例えば、日米関係、G7、日本にとって超重要です。
民主主義先進国となら、信頼関係の下、投資や貿易を進めて行っていいと思います。

東芝、7千人の人員削減へ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000029-kyodonews-bus_all
←時間が無いので雑な言い方になりますが、良識と効率を高める良い機会にするしかありません。前者は「上司」という立場の無思考力・高給の男性職員が軽率な決断・指示をしないように、後者は何でもかんでも集団で動くのではなく組織方針が決まった後はできるだけ有能な個人が担当責務を解決していくように、という形でしょうか。当然のことですが、途中入社の女性などにも責任ある仕事をどんどん割り当て、できる人にはそれなりの報酬を支払うべきです。正規非正規の垣根も無くしていく必要があります。
投資をする際には、このような会社の方向性と言いますか体質と言いますか、こういうものを見極めることが重要である、と思います。

韓国のあきれた徴用工判決に米国でも批判が噴出 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00054603-jbpressz-int&p=2
←これは、法律家にありがちに見える、結論の妥当性よりも一つ一つのロジックの積み上げだけを、自国に有利な方向に持って行った典型例なのでしょうか。
他方、気を付けなきゃいけない点は、スナイダー氏もルトワック氏も、率直に言って法律チンプンカンプンでしょう。日本でもありがちですが、大学一年生の法律学習すらまともにやったことがない政治や経済の「専門家」が結論の妥当性だけを頼りに、例えば頼りない改憲持論を公式に発して馬鹿を曝け出し、もちろん議論の現実的進展にも貢献できていない。こういう例をよく見ます。

トランプ大統領、日本の記者の英語に「何を言っているかわからない」「出身どこ?」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00010004-huffpost-int
←もちろん同大統領にも品格はありませんが、こんなこと普通にありますよ。ホワイトハウスで質問する記者ポストにこのレベルの人を当てたマスコミ会社が、自分たちを恥じるべきです。即刻人を代えないと。
あと、こういう扱いをされるのは、日本が無残な形で戦争に負けたのが大きいんです。個人ならともかく、負ける戦争に国全体を駆り出し、国全体を貶めた当時の指導層の無能。これをマスコミは、まず正確に調べるべきです。

豪に強い警戒感、中国は「パートナーになれる」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00050126-yom-int
←オーストラリアは投資や貿易の関係を深めて悪くない国ですが、日本人がよく分かっていない面もあります。今後も、よく見ておく必要があります。

中国公船4隻、領海侵入=沖縄・尖閣沖 https://www.msn.com/ja-jp/news/national/中国公船%EF%BC%94隻、領海侵入%EF%BC%9D沖縄・尖閣沖/ar-BBPyRme?li=BBfTvMA&ocid=spartanntp

金融・投資(全般)ランキング
にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村
世界史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ ヨーロッパ史へにほんブログ村
コメント

ブログ投稿69: 入管法・労働組合、情報を盗まれる恐怖、古い脳味噌

2018-11-07 08:29:40 | 日記
標記関連記事及び当方による抜粋・コメントを載せておきます。

産業界、入管法改正案に期待膨らむ 人手不足解消へ「極めてウエルカム」の声も https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181102-00000000-fsi-bus_all
←この記事の労働組合の懸念の、文章及び発言そのものの意味が不明瞭です。「民族間の差別感情」とは、日本人による外国人労働者への差別か、外国人労働者同士での差別か。受け入れ側による差別である前者は、どの国でも実際には存在し、また、受け入れ国が受け入れる民族を好きに選んで良いのは当然です。後者については、多く受け入れられた民族が少数派より実際上優位に立つのは仕方ありません。
いずれにしても、公式発言としては、意味が全く不明です。労働組合がこういう意味不明瞭なことしか言えない考えないのでは、その支持政党も意味不明瞭な動きになりがちでしょう。それは、結果的に、与党の緊張感を失わせ、政治全体のレベルを下げ、国民生活の質を下げます。労働組合の体質が改善されるよう、関係の皆さん頑張ってください。

歴史の証言:中韓と距離を置くとき日本は繁栄する https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181106-00054586-jbpressz-cn
抜粋:…周恩来元首相とインドのジャワハルラール・ネール初代首相は1954年に会談し、国際関係を律する一般原則として「平和5原則」を打ち出した。それは、領土・主権の相互尊重、相互不可侵、相互内政不干渉、平等互恵、平和共存である。…
…金融危機発生の可能性は中国側が高いので、通貨スワップ協定は中国側を助けることになる。 一帯一路はEUやアジア諸国からも反発されているが、首相は「潜在力のある構想」と評価し、第3国での経済協力という形での関与は中国にとって干天の慈雨であるという。 米国との貿易戦争で経済の減速が顕著となり、企業や国民の間には沈滞ムードが広がっていた。そこに安倍首相が「協調」を語ったことは国民の失望感を払拭し、中国経済を延命させるカンフル剤になるという。 また、安倍訪中の直前に連日、中国公船が尖閣諸島周辺の接続水域に侵入したが、挑発行為の防止策は議題にすらならなかった。こうしたことから、経済の減速で深刻な打撃を受けつつあった習政権は再…
…中国は自己都合で約束事を朝令暮改し、稼いだ金を持ち出せないように平気でやる国である。どっぷり浸からず、いつでも引き返せるように命綱をつけておく必要…
…ドイツやイタリアは自国の主権を保持した地位協定を結んでおり、米軍が勝手に訓練などができる環境にはない。 独伊同様の地位協定への突破口を開くためにも、米国に対し日本の地勢を戦略的に高く評価させると同時に、ある程度の焦りを持たせる戦術も必要…
…郵政民営化は日本の主導性で進められたのではなく、米国が改革リストで示したものであった。この一事からも、米国は日本を従属国のように見る傾向がある。 ズビグネフ・ブレジンスキーがずばり、「ひ弱な花・日本」と表現した通りで、米国には「保護国」としか見えていない…
…安倍首相は中国首脳と会談して帰国した翌日、インドのモディ首相を山荘に迎え、中国首脳の安倍歓迎とは一味も二味も異なる振る舞いを見せた。…前のめりの企業もあるだろうが、日中友好下でも共産党首脳部の考え一つでナショナリズム一辺倒に傾き、日本企業にも莫大な損害を与える「中国」であることを一時も忘れてはならない。…
←筆者がどういう人か知りませんが、この記事には概ね異論ありません。無駄に虚勢を張らないで、かつ、小さく見られないように、個々の日本人が国際的に存在感を大きくしていかねばなりません。

「米粒スパイチップ」だけじゃない 中国に“情報を盗まれる”恐怖 https://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/181018/wor18101813230013-n4.html
抜粋:…シリコンバレーのあるIT企業で数年前、データがハッキングで大量に盗まれ、中国に送られていることが判明。調査を行ったところ、インターンシップ生として出入りするようになった中国系米国人が持ち込んで使っていた自前のノートPCが原因だと分かった。この人物は中国のスパイでも何でもなかったが、持ち込んだPCから数十個のマルウェア(不正プログラム)感染が発見されたという。そのPCを会社のネットワークにつないでいたため、情報が盗まれていた。…
←この抜粋部分を含めて全部を読んで、誰しも常に頭に置いておかれることをお薦めします。

慰安婦合意に「法的拘束力なし」と韓国外務省 https://www.sankei.com/world/news/181106/wor1811060024-n1.html
←政治的合意に法的拘束力が無いのは当然であり、この記事がということではないんですが、この件全体に、ああ終わってるなあという印象です。人類初の原爆を4日間で2発も落とされた国の国民としては、戦争になると或いは支配される側になると、事実上何でもあり状態になり、事後何十年もしつこく文句を言うのがナンセンスでしかない、としか思えません。脳味噌が古臭いんです。同じ東アジアの民族としては本来仲良くしたいですが、現状では無理です。向こうの責任です。

人ごとではない? 「セックスパット」駐在員のとんでもない行動 http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1805/24/news015_2.html
抜粋:…ビジネスで海外に行けば、ほとんどの場合、現地のコーディネーターや通訳、ガイドなどがくっついて動いてくれる。フレンドリーにあれこれと世話をしてくれるのである。通訳やガイドなど相手からすれば、ギャラをもらっているビジネスだから当たり前ということになるのだが、出張や赴任で行っているほうは個人的な親しみを覚えてしまうことも少なくない。それが女性だったりすると、勘違いが生まれてしまうこともある。…
←この動き方は、相当な経済人でない限り、いわゆる典型的な何も自分では産み出せない人の動き方ですよね。本当に、いまだにこういう人が多いのでしょうか?発想が少々古いように思いました。加えて、#MeTooは関係の無い男性にとって鬱陶しいものですが、女性からしつこく男性が何かされることもあります。そういうのも取り上げてこその、今の時代であるとも思いました。更に、性病蔓延時代に、古臭い脳味噌は自分の死を招く、ということも付け加えておきます。

金融・投資(全般)ランキング
にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村
世界史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ ヨーロッパ史へにほんブログ村
コメント

ブログ投稿68: 日本・米国・中国

2018-10-31 22:01:52 | 日記
標記関連記事及び当方による抜粋・コメント等を載せておきます。

アメリカを侵す中国 その5 中国工作員が米名門大に浸透 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00010000-jindepth-int
抜粋:…「アメリカの高等教育への中国の政治的な影響と干渉の活動の研究」…
…同報告書によると、中国側が苦情の対象とするのは、チベットのダライ・ラマの招待や中国政府のチベット抑圧の講義、新疆ウイグル自治区でのウイグル民族弾圧についての講義、台湾を重視するような講義や集会に始まり、中国政府の国内での人権の抑圧や国外での無法な領土拡張などに関する講義や研究だという。…
…「外交官」のなかには情報機関の工作員がいて、中国側の要求に応じない米側の学者や研究者に対して私生活に踏み込むまでのいやがらせ行為や威嚇行為をとった例もある…
…アメリカのかなりの数の大学に設けられた孔子学院は中国政府の意向を米側大学当局にぶつけるような事例が出て、昨年ごろから米側の批判を浴びるようになった。議会でも孔子学院追放の声があがった。それを受けたような形で連邦捜査局(FBI)長官が議会で「孔子学院に対して刑事事件捜査を始める」とまで言明…
…「報復」の実例としては同報告書はメリーランド大学がダライ・ラマを招いたことに対して中国側が同大学への中国人留学生派遣を停止したケースや、カリフォルニア大学サンディエゴ校がチベット関係者との交流を進めたことに対して同校への中国政府系学者の公式派遣を停止したケースを指摘…
…「懐柔」としてはウィスコンシン大学のエドワード・フリードマン教授が中国側から中国政府が望むような内容の本を2万5千ドルの報酬で書くことを勧められた事例…
←こういう国にODAを日本は今まで与え続け、逆に慰安婦像建立に暗躍されてしまってもきたことを、“親中”日本人・企業は一体どう説明するのか聴いてみたいです。

歴史的大失敗!中国の強大化にお金を払い続けた日本 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00054540-jbpressz-int
抜粋:…中国へのODAが始まった1979年当時の大平正芳首相は「日中友好」を強調していた。ODAの供与によって日中関係の友好を推進するという意味である。その後、ODA総額が大幅に増えた1988年当時の竹下登首相は、「中国人民の心へのアピールが主目的」と明言した。…
…実際には、中国では日本のODAの巨額な資金により全国各地に立派な公共施設が次々に建設されていた。ほんの一部を挙げるならば、北京首都国際空港ビル、北京地下鉄2号線、南京母子保健センターなどである。これらの施設はODA資金のなかでも完全な贈与にあたる無償資金として供されていた。 だがODA資金によって建設されたことは公にされなかった。華々しい完成祝賀式が催されて来賓者が祝辞を述べても「日本からの援助」などという言葉は一切ない。「日本」という国名さえ出てこない。…
…40年にわたる巨額の対中援助に対して「感謝」するのではなく、上から目線で他人事のように「高く評価する」と述べるだけなのである。 日本がODAを供与したことで中国政府が対日友好を増したという証拠は皆無である。逆に、ODAがさらに巨額になった90年代をみても、共産党政権は自国民に「抗日」を激しくあおっていた。2000年代に入っても…
…対中ODAはこれらの軍事動向規制にすべて違反していた。軍事費の支出が異様に多い国、軍国主義志向の国、大量破壊兵器やミサイルを大量に保有し配備する国には、本来、ODAを提供してはならないはずだった。…日本の援助で建設された空港や鉄道、高速道路などの軍事的な価値を、中国軍幹部は堂々と論文で発表していた。日本のODAによるチベットへの光ファイバー建設は人民解放軍が直接担当し、その後も軍隊が優先的に利用…
…台湾の李登輝総統にインタビューしたとき、彼はそれまで穏やかだった表情を引き締めて、こう訴えたものだった。「日本の対中援助は理解できます。しかし福建省の鉄道建設への援助だけは止めてほしかった。中国の台湾攻撃能力を直接高めることになるから…
←筆者は日本では右翼記者とされているようですが、アメリカではそうでもないようです。普通の愛国的な記者。
自己批判・自己否定は自分自身については全然構わないし、会社レベルでもそうした方が良い場合もあります。しかし、国レベルで自虐史的になると、ロクなことはありません。正確な客観的事実を追求して、練られた対応をするしかない。
対中外交も、田中角栄元首相の政権時にはご本人の方針で良かったんですが、その後長きにわたり角影内閣となり、対中外交方針が変わらないまま日本が利用され続けた、というのは客観的事実に近い社会的評価ではないでしょうか。誰も反論できない権力者もしょせん人間であり、全て完璧なわけではないので、やはり一定期間経てば権力から離れなきゃいけないということでしょう。
また、例えば西郷隆盛や田中角栄という民衆から見て魅力的な人物は、政策的に難があるケースが少なく「ない」印象があります。論理をとことん詰めるというタイプではないからでしょうか。

米中貿易摩擦が激化 日本企業の約3割が「実際に影響出ている」〈AERA〉 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00000049-sasahi-int
←長い中国経済成長の時代の終わりです。悲観しても意味が無いので、新しいあるべき経済構造を各社が吟味して、注力していくのみです。元々、非民主主義・人権弾圧と局所的資本主義・市場経済という形も本来正常な形ではありませんし。
本来は同じ人種で文化も近いので仲良くしたいですが、残念ながら領海侵犯や慰安婦像や、正義も常識も通じないですから、無理に仲良くしなくていいです。一定の距離を保つだけです。

米中はすでに冷戦の最中? 「日本には難しい状況」と米政治学者〈AERA〉 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181029-00000050-sasahi-int&p=2
抜粋:…安全保障は米国に頼らざるを得ず、中国経済へのアクセスも必要な日本には難しい状況だ…
←長いイビツな時代が終わって、新しい方向にしっかり進めばいいだけのことです。他国の政治学者つまり責任実務家でない者に軽く言われて、ふんふんと納得して広めるクセはそろそろやめないといけない。

リーマンショック以降で最大の転換点を迎えた中国経済 2つの選択肢から見えるシナリオとは? https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181030-00010005-newsweek-int&p=2
←方向性として、日本企業は中国から離れていくしかないので、全体がうーん。。。??

中国の減速とトランプ大統領の貿易政策を語る:IMFラガルド氏 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181024-00000001-bloom_v-int
2019年もアメリカ株が上昇すると読む理由 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181025-00244849-toyo-bus_all&p=2
ACミラン買収の中国人実業家が破産、中国のW杯制覇の夢は… https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181031-00000002-pseven-cn

金融・投資(全般)ランキング
にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村
世界史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ ヨーロッパ史へにほんブログ村
コメント

ブログ投稿67: アベノミクス・量的緩和、リーマンショック後10年

2018-10-23 21:54:06 | 日記
標記関連記事及び当方による抜粋・コメントを載せておきます。

今の金融市場は1990年代後半に似ている https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181022-00244420-toyo-bus_all&p=3
抜粋:…1992年~2018年8月末までアメリカでドルを持っている投資家が、アメリカ株3:アメリカ債券7、あるいはアメリカ株7:アメリカ債券3というポートフォリオでパッシブな運用を維持したときに、どのような運用実績を上げられたのかを試算してみた。…シャープレシオを見ると、債券中心のほうでリーマン前が0.52に対し、リーマン後が1.24と、リスクに対するリターンが2.5倍になっている。株中心だとリーマン前が0.23で、リーマン後が1.02の4.4倍。…
…日本の投資家が円を持っていて国内株、国内債券、外国株、外国債券に資産を4等分にして投資した場合のシミュレーションではどうか。2001年1月末~2012年10月末はシャープレシオが0.03だったが、2012年12月以降、アベノミクス開始後は円安が進み、シャープレシオが1.43に上昇…
…巻き戻しの途中ではアメリカに資金が集中する…日本では日本銀行が国債のみならず株まで購入しているが、かつて、ここまで政府と同じ方向を目指したことはなかった。…
…平常時には、基本的には債権国である日本やドイツから世界最大の債務国アメリカにお金が流れていく。資金が集まるアメリカは、さらにそれをより高金利・高成長の資源国や新興国に再投資する。低金利で調達し、高金利で運用する流れだ。 ところが、リスクオフ…その次の段階に移ると、アメリカからも資金が引き上げられてドイツや日本といった債権国に戻っていく。この動きが本格化すると、アメリカが売られる。10月に入ってからの下げは、このステージに移る兆候だと考えられる。こうした中では、中国だけが資本規制によって別の動き…
…1995年には瞬間1ドル=80円割れ…強いドル政策に転じ、ドル金利だけが上昇して米国の経済は絶好調といわれた。日本では当時の榊原英資財務官が円売り介入して、一気に円安に進んだ。 1ドル=80円から1998年には1ドル=147円まで進んだ。ところが、1997年にはこの流れがアジア通貨危機につながり…
…かなり日本のバブル生成と崩壊を研究していることは確かだが、「バブルを管理して崩壊させない」ことは可能だと思っているようだ。 しかし、中国であっても、延命させればさせるほど制御は難しく…
…バブルが大きいほどはじけるのに時間がかかる。リーマンショックの時にも…2年近く…
…企業業績が悪くなってきたから株が売られるのではなく、市場が先に動いて、実体経済が減速し、企業のマインドや消費活動が後退していく。マーケットは実体経済の先行指標である…
…来るべき調整局面に向けて、伝統資産のロングオンリーではなく、ショートポジション、カラ売りを使うなど…

個人投資家は「忍び寄る危機」に備えるべきだ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00238308-toyo-bus_all
抜粋:…貿易戦争については、明らかにアメリカが有利であり、この問題でアメリカが震源地になる可能性は低い。ただし、一方でアメリカの「双子の赤字」(貿易赤字と財政赤字)をどう解消するのか明確な手段が見えないかぎり、不安がくすぶり続ける。 次に欧州だが、9月13日に欧州中央銀行(ECB)が成長見通しを下方修正した一方で、予定どおり年内に量的緩和策を終了する。ドイツ連邦銀行(中央銀行)は同国の主要都市の住宅価格が過大評価されていると懸念を表明しているが、金利が上昇すればこうした「住宅バブル」が崩壊する危険性は消えない。また、ドイツ以外でもPIIGS…
…国際決済銀行(BIS)によると、2017時点での同国の家計債務のGDP比率は48.4%。2006年時点では僅か10.8%であり、この10年間で一気に債務が積み上がった。中国人民銀行によれば、この家計債務の6割近くは住宅ローン…
…トルコリラショックは「新興国危機」の引き金となるほどではなかったが、アルゼンチンペソを筆頭に、その他の新興国通貨(南アフリカランドやブラジルレアル)は下落基調を脱し切れておらず、ドル金利の上昇が続けば、経常赤字国は一段と苦境に陥る。 実は日本においても火種がないとは言えない。先進国の中では最後まで金融緩和政策からの「出口戦略」を明確に取れていない。債券市場でも株式市場でも日本銀行が異常なプレゼンスを発揮した状態が続く一方、不動産市場でも世界的な金余りを背景に海外投資家の資金が流れ、公示地価が平成バブル崩壊後では初めて3年連続上昇となった。…
…キャッシュポジションの調整である。ここ数年の上昇相場である程度の評価益が出ているのであれば、一度利益を確定し、その後、改めて危機に備えたポートフォリオをあらかじめ構築すべきではないか。相場の下落時にはキャッシュポジションを多くしておくことは、相場の反転期に投資余力を持つことにもなるし、下落時に影響を受けにくい。 著名な経済学者ジョン・ケネス・ガルブレイス(1908-2006)が語ったように、いつバブルが崩壊するかは誰にもわからない。…

ついに「日銀バブル」のツケが回ってくるかもしれない https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181023-00058052-gendaibiz-bus_all&p=2
抜粋:…国内では安倍政権が大盤振る舞いしてきた経済対策が息切れし、海外ではトランプ政権の保護主義政策による悪影響が懸念され、2019年には景気後退の局面を迎えると予想する声が少なくない。…
…日本銀行が上場投資信託(ETF)を年6兆円ペースで買い入れるなど、大規模な金融緩和を今もなお漫然と続けていることだ。ここ数年は実感の乏しい「好況」を演出してきたが…
…最大の問題は、2%を実現できなかったことではなく、2%の実現が困難だとはっきりした14年時点で、日銀や政府が現実を直視せず、「緩和をもっと強めれば、次こそ2%は実現できる」とかたり続け、無理筋の強行路線を推し進めたことだ。 14年10月の追加緩和で長期国債の買い入れ額を50兆円から80兆円に、ETFは1兆円から3兆円にそれぞれ増やした。そこから日銀の迷走は始まる。…
…大量のETFを買うことは、東証1部の幅広い銘柄の株式を薄く広く買うのに等しい。世界経済が改善を続けるなか、企業の業績や成長性に関係なく、漫然と株を買いまくって株式市場に介入する中央銀行は、世界の先進国でも他には例がない。中央銀行が株を買い漁って株価浮揚を図る異常性は、誰の目にも明らかだろう。…
…日銀のETF保有残高は18年3月末時点で24兆円(時価ベース)。国内のETF全体の7割以上を買い占めた形で、まるで日銀に買われるために新たなETFが組まれている…
…日銀が間接保有する株式の割合が5%超の企業は18年6月時点で127社。創業家などの固定株主をのぞく浮動株ベースでは、保有割合1割超が80社あり、なかでもユニクロを運営するファーストリテイリングは日銀シェアが約90%…
…かつてのバブルと異なる特徴は、「成長への期待」ではなく、「将来への不安」に突き動かされて、お金が投資などへ向かっている…
…不正に頼らない銀行の多くは、利ざやの縮小で体力をすり減らし、国内の金融システムは脆弱さを増している…
←取材内容等の事実部分はそんなに悪くないが、持論及びその肉付け等が全て弱い、というのが正直な感想です。
以前にここで何度か書いていますが、日銀の量的緩和は、リーマンショック後立ち直る等のために米及びEUに歩調を合わせて踏み切ったもので、別に当時の行動としては悪くない。むしろ、前体制で米EUとは違ってチョロチョロやっていたのが効き目が無かったのは、(正確に言えば主観的評価ですが一般的には)社会的事実でしょう。経済も外交も、旧民主党政権よりは今の方が随分マシです。
問題は、EU米よりもGDP比で金額が随分大きいこと、そして、EU米で量的緩和の大前提になっている構造改革を民主党政権が終わった後も日本は全くできていないこと。国の多くの要らない規制の撤廃や、首都圏一極集中の一般大企業やマスコミの手放さない既得権益の解消分散等、国全体のあり方を動かすことができていません。今動脈硬化で血液が詰まっているわけですから、柔らかくして動かして行かないと、カネを使う人も額も増えない。新規産業や起業もスムーズに行きません。災害その他にも極端に弱い。食糧自給力もさらに弱まる。何も動かないので、価値観も変わらず、慣習と言う名の惰性で全て動き続ける。
個人の投資も、素人か素人に毛が生えたくらいの人達の受け売りを聴いて、多額のものに踏み込めば、大損しても仕方がない。将来不安のためというだけでは、情状酌量の余地が厚くはないでしょう。多額なら、事前に汗をかいて勉強しないといけない。違法な詐欺等に直接的に遭ったのでなければ、結局は自己責任ですから。
ということで、中央銀行にも勿論注文を付けるべきですが、専門的な金融論に踏み込まないのであれば、日本人の体質や考え方を変えて行くような突っ込み等が欲しいですね。

リーマン危機10年、「低金利で借金に抵抗感ない」 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180920-00000013-fsi-bus_all
米国の企業・家計債務の拡大、経済安定のリスク=FDIC元総裁 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000025-reut-bus_all
リーマン後10年、次に起きそうな「考えたくもない危機」のシナリオ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180918-00057543-gendaibiz-bus_all 時間は経っていないですが、何故か記事が無くなっています。

金融・投資(全般)ランキング
にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村
世界史ランキング
にほんブログ村 歴史ブログ ヨーロッパ史へにほんブログ村
コメント

ブログ投稿66: 米中貿易・通貨・サイバー戦争、南シナ海・台湾・尖閣諸島

2018-10-17 18:38:37 | 日記
標記関連記事及び当方による抜粋・コメント等を載せておきます。

米中貿易戦争が「新冷戦」に発展すると見るべきこれだけの悪い兆し https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00057883-gendaibiz-int
抜粋:…清華大学中国・世界経済研究センター…アメリカの指導層には2通りのタイプがいる。第一に、トランプ大統領を代表者とする白人ピューリタンのトラディショナル(伝統派)。第二に、キッシンジャー元国務長官を代表者とするようなエスタブリッシュメント(エリート層)である。 この両者は、普段は激しく対立しているが、中国叩きに関してのみ協調する。前者は、中国によって雇用が奪われ、製造業が持っていかれたと考える。一方後者は、中国にアメリカの覇権が奪われると考えるからだ。 そのため今後、両者のどちらがホワイトハウスに入ったとしても、米中対立は長期化すると分析している…
…ロス米商務長官は5日、新たな米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)に盛り込まれた中国との貿易協定締結を阻止する「毒薬条項(ポイズンピル)」について、米国が今後締結を見込む日本や欧州連合(EU)などとの貿易協定にも取り入れる可能性がある…
…『アメリカの製造業と防衛産業基盤、サプライチェーンの弾力性に関する評価と強化』 https://media.defense.gov/2018/Oct/05/2002048904/-1/-1/1/ASSESSING-AND-STRENGTHENING-THE-MANUFACTURING-AND%20DEFENSE-INDUSTRIAL-BASE-AND-SUPPLY-CHAIN-RESILIENCY.PDF …
…近未来に米中が激突するとしたら、それは南シナ海、台湾海域、尖閣諸島海域の3ヵ所のうちいずれかとしか考えにくい。そのうち南シナ海が、最も危険な水域となってきた…
…米中新冷戦、今後はどこに飛び火するか分からなくなってきた。
←一言で言えば、モタモタしない首相・政権の下では、日本にとっては悪くない8年間になります。今のところ上手くできていると見えます。地政学上・現代史上、日米基軸は動かしようがない反面、ベッタリだけでも大切に扱ってもらえない。政治家やマスコミが、正確な現状認識を含めて頭脳と神経を日々研ぎ澄まし、時に迅速に対処すること。これに尽きます。

「米中貿易戦争」長期化を覚悟する習近平の「戦略」 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00544349-fsight-int
抜粋:…米国で対中穏健派までもが対中強硬派に変わったことへの認識と対策が遅かったことだ。ホワイトハウスだけでなく、政府や研究者レベルにいたるまでその状況が拡大しているとの分析が、(党中央に)正確に上がっていなかった。トランプ大統領の中国叩きを喜ぶ西側の空気感についての分析も不足していた…
…習近平主席は自主開発路線を強調している。しかし、経済規模は世界第2位でも、現時点では世界が真似したがるような独自の技術が中国にはほとんどないのが実態だ。日本などが技術供与した新幹線(高速鉄道)を自分たちの現代の4大発明の1つだとすり替えるような体質…韜光養晦』(才能を隠して内に力を蓄えるという、かつての最高指導者・鄧小平が強調した外交・安保方針)がベストだったとは思う。しかし…
…中国メディアでは、これまでの「中国は強国である」との報道は消え、現在は、先進国とは技術レベルで差があることを強調したうえで、「両弾一星(原爆と水爆と人工衛星)…
…今回、中国側が筆者に強調したのは、貿易戦争で損失は受けるが、世界最大の巨大市場がある限り、マイナス成長にはならないだろう…
…ボーイングなど航空機の購入キャンセル、アップル社のスマートフォンや米国製自動車、農産品の中国市場からの排除、中国側の損害が出ることを承知のうえでの米国債の売却、米政府・企業・個人に対する個別的報復措置など、さまざまな対抗策が可能…
…台湾の李登輝総統(当時)の当選を阻止するために威嚇的に中国が軍事演習を展開したのに対し、米軍が2つの空母打撃群を派遣し、演習を抑え込まれた事態のことを指す。当時、福建省党委副書記だった習近平主席の衝撃は極めて大きかった…

米中通貨戦争へカウントダウン開始 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00010000-newsweek-int
抜粋:…春から秋にかけて、中国政府はアメリカによる関税がもたらす影響を和らげる1つの方法を見つけ出した。人民元の価値を対米ドルで約9%下落させて輸出品の相対価格を安くし、関税分を相殺するというものだ。…
…元が下がれば、国内に影響があるだけではなく、新興市場の通貨も同様に下落し、ドル建ての負債は返済が困難になる恐れがある。…中国政府が元のこれ以上の下落を回避するには、為替に介入して元を買い支えするしかないのかもしれない。…

米副大統領の「激烈中国批判」中国メディアはこう報じた https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181016-00057983-gendaibiz-int
抜粋:…中国人とは話しても理解し合えないし、中国は発展しても民主化しないと悟った。それどころか、中国はアメリカを超えて世界の覇権を握る野望を抱いていて、いま叩かないと…ピルズベリー史観…
…しびれを切らした北京のアメリカ大使館が、全文を英語の原文と中国語で大使館のホームページにアップ…
…対中強硬策5連発…
…現時点で私が一番恐れているのは、トランプ政権の「攻勢」によって、習近平政権が急激に保守化、左傾化、厳格化…
←ここに載せた別の記事の方が良いですね。日本人が恐れる必要は全くありません。中国の左傾保守化か完全民主主義化かどっちかが、中国にとっても自然な姿でしょう。

米政権、対中国政策を一段と強硬に 貿易・軍事など=大統領補佐官 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000044-reut-kr
抜粋:…中国があまりに長い間、国際秩序を利用してきたにもかかわらず、それに立ち向かう米国民はあまりいなかった…
…南シナ海は中国の領土ではなく、今後もそうはならない…
…米国の技術を盗むことが許されない状況に置かれれば、中国の軍事力は著しく後退し、中国が引き起こしているとわれわれが考えている緊張の大部分は緩和される…
…核、化学・生物学兵器、弾道ミサイル開発に関連する転用可能な技術について、引き続き輸出制限を進める…
…サイバースペースについても同様の措置…

元経済ヤクザが読み解く「米中新冷戦」の本当の恐ろしさ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181017-00057974-gendaibiz-int&p=2
抜粋:…横行する暗殺…現在、特別行政区である香港にドルを持って行っても「要らない」と断られるようになっている。代わって勧められるのは、中国政府が新たに支配下である内陸に作った金融センター「深セン」への持ち込み…激変の時代こそ新たなビジネスチャンスが生まれる瞬間だ…

<尖閣情勢>10月16日、中国海警4隻が日本の接続水域を航行中 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00010004-fnnprimev-pol
←海上保安庁の皆様、お疲れさまです。この警備のしんどさって、言われている改憲があろうがなかろうが、全く変わりようがありません。菅政権時に、現職海上保安官がたまらずアップした心情も理解はできます。何とかならないものか。

ポンペオ米国務長官の北京訪問で緊張高まる https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000031-bloom_v-int
中国、米の「航行の自由作戦」や台湾への武器輸出を非難 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000028-reut-cn
南シナ海は「中国の玄関先」=対北朝鮮で歩み寄り促す―駐米大使 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000006-jij-n_ame
焦点:色あせる中国「一帯一路」、国際金融の舞台で矢面に https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181015-00000084-reut-cn&pos=4
脱税ファン・ビンビン、収賄ICPO前総裁 習近平“見せしめ”摘発の脅威 https://www.msn.com/ja-jp/news/world/脱税ファン・ビンビン、収賄icpo前総裁-習近平“見せしめ”摘発の脅威/ar-BBOujSe?ocid=spartandhp
米国と中露のサイバー戦争の行方 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-00010001-wedge-int&pos=1

補記. と言うには大げさと言うか今日のテーマとは違うと思いますが、昨日のサッカー日本代表の対ウルグアイ戦は、対パナマ戦と違って、日本の攻撃が総じて素晴らしかった。ウルグアイ代表は、スアレス選手不在とは言え、カバーニ選手以下ハイレベルな集団という印象を受けました。サッカーの基本とも言うべき、何点でも取りに行くという日本代表の姿勢に、ワクワクします。選手、監督コーチ裏方の皆さん、今後も頑張ってください。

参考.
ブログ投稿64: 米空軍増強、日米関係、米中貿易戦争
ブログ投稿57: 新興国不安、リーマンショック10年・政治責任、地域崩壊、中国・日本・アメリカ、世界経済
ブログ投稿48: 台湾
ブログ投稿47: 音響攻撃、アジア系差別、米・メキシコ合意、米中貿易戦争
ブログ投稿41: インド太平洋戦略、一帯一路、米中貿易戦争、中国製造2025
など

にほんブログ村 経済ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 歴史ブログ ヨーロッパ史へにほんブログ村
世界史ランキング
コメント