かよさんの雑記帳

お箏の先生・かよさん。4児の母のかよさん。
半径100mの日常+αの雑記帳です。

残念。

2017-03-15 | お箏
Hちゃんが学校の音楽の授業で、みんなの前で「さくら」を弾く、
という話が持ち上がったのだけど…とママから相談の電話。

Hちゃんの通う小学校には、箏が3面あるそうです。

「でも、柱(じ)が見当たらないって。
先生からお借りしている箏の柱を持っていっていいですか?」

んんんー、柱を持っていくことは別にいいんだけれど
「柱がない」という状態が悲しい

そういう状態だということは、
箏本体の状態もどうなのかな?
糸がぼよんぼよんに伸びていたり、切れたままだったりする可能性もある…
そうなるとHちゃんでは対応できません。


…結局話は流れてしまいました。残念。

指導要綱に邦楽の学習が盛り込まれるようになって、
県によっては採用試験の実技に和楽器が入るようになったりもし、
少しずつ変わってきているとは思うのですが、
まだまだ、なところはあります。

現場で頑張ってくださっている先生もいらっしゃるのですけど、
メンテナンスはお金もかかることですし、
手が回りかねるのが現状でしょう。

ですが、なんとかならないでしょうか。
なんとかしたいなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ほっ | トップ | お役御免 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿