OPUS MAGNUM

音楽、映画、漫画、車、デジタル機器などなど…ネタがあれば随時記載~。

仮面ライダーキバ 第41話「ララバイ・心を解き放て」

2008-11-23 09:45:42 | 特撮
今回は第41話「ララバイ・心を解き放て」
ストーリーは仮面ライダーキバ 第41話「ララバイ・心を解き放て」で!


最近めっきり嫌なキャラになっていた襟立健吾がやっと初めの頃の襟立健吾に戻りましたね!

前回は名護啓介が初めの頃の正義の味方に戻ってくれましたが、今回は襟立健吾が戻りました。
良かったですねぇ~。

とは言っても、ちょっと前までの襟立健吾は言葉も行動も酷いもの。
紅渡友達なんかじゃねぇ!って感じに言ったり、名護啓介ボタン男と罵ったり…。
そんなこと言っておきながら、今さらやっぱり謝ってきても…ねぇ。

ケガをしたあとにギターを弾けないと宣告されていましたが、今回はギターを弾いていましたね。
ま、あれは一時的なものでしょう。
リハビリをしっかりすれば復帰は出来るはずです。

自分自身、今年の春に骨折をした時は指が曲がらず、もう一生このままかも…と思ってしまいました。
しかし、リハビリをしていたら今は8~9割は元通りになりましたからねぇ。
やっぱりリハビリは大切です。

襟立健吾がギターを弾けないと言われてすぐに諦めたことや、戦士になって戦おうと思ったのには理由があったようです。
それは、自分にはロックの才能がないと気付いていたこと…だそうです。
ギターが弾けないと言われロックを止めるチャンスと思っていたようですが…。

ま、何はともあれ、元の襟立健吾に戻って良かったですね。
「雨降って地固まる」ってところでしょうか。
それで紅渡との友情が戻れば…。

しかし!

襟立健吾が土下座してまでの願いも、紅渡は笑顔で首を横に振りました…。
人間でもファンガイアでもない紅渡は、もう誰とも友達にならない、誰とも会わない…と。

と言いつつも、深央が訪れた時は笑顔でしたね。
って、前回あれだけ改造したからくり屋敷をすんなり通り抜けて料理までしていたとは。
あ、でもその前に名護啓介、襟立健吾、その後は登大牙も来ていましたね。

相変わらず深央は登大牙を倒してくれと頼んできます。
そんな、実の兄と解った今、紅渡に倒せは酷ですね。
むしろ、クイーンである深央がキングの登大牙を倒せば良いのでは?


過去のクイーン、真夜がとうとう感情を出しましたね。
今までポーカーフェースだった真夜ですが、キングに吹き飛ばされた紅音也に泣いて駆け寄りました。

ちょっと裏をかいて、紅音也を奪うふりをして油断させておき、その後に麻生ゆりと一緒に倒すかと思ったのですが…。
まさか本気で紅音也に惚れていたとは…。
ま、それだから紅渡が産まれたのですけどね。

紅音也も真夜の気持ちと同じだったようです。
真夜が音楽センスを理解してくれたことに惚れたとか。
え?麻生ゆりは理解してくれなかったの?


もう気持ちが離れているのを解っておきながら麻生ゆりは真夜を倒そうとしていますね。
嫉妬心…でしょうか。
あ、戦士だからファンガイアを倒すのは当たり前か…。


モテモテの紅音也はなんやかんや言って周りからは理解されている存在になっていましたね。
人徳でしょうか。

前回、絶滅の危機を逃れるために紅音也を倒せと言われたアームズモンスターたち。
紅音也にそれとなく近付くけど、やっぱり倒すことが出来ず。

ラモンは紅音也にマッサージをしてあげている間にハンマーで殴り倒そうと計画します。
しかし、遂行することは出来ず、力はが居たとハンマーを持ったまま退散…。

次浪さんは紅音也の入浴中に侵入!
そして、背中を流してあげている隙にガルルになって襲おうと試みますが…。

しかし、いつもの紅音也節に負けてしまいます。
たまに男同士で風呂に入ると友情が芽生えるな!って感じの言葉にガルルは号泣…。
そりゃ倒せないわ…。


結局、紅音也を倒せなかったアームズモンスターたちはキングから逃げるために3人バラバラで行動することに…。
しかし、あっけなく見つかり絶滅タ~イム?!

と思ったら、あっけなく見つかって彫刻にされてしまいました。
絶滅は逃れられたようですが、封印されてしまったようですね。
襟立健吾たちの友情も雨降って地固まりましたが、こちらは身が固まってしまいました。

それにしても、ダークキバットベルトに装着されていたバッシャードッガ、ガルルフエッスルってどういう意味があったのでしょうね。
絶滅種族のために用意しておいたのかなぁ?


やっぱりキング=ダークキバは強いですね。
イクサで立ち向かう紅音也…というところで終わりましたが、とても勝てそうにないです。

結局、現代ではキングが居ないと言うことは倒されるはずですが、誰が倒すのでしょうね?
紅音也も居ないってことは相撃ち?!


先代キングが残したダークキバの力を継承したい登大牙は真夜に渡して欲しいと頼みに行きます。
しかし、時はまだ来ていない感じですね。
いつかダークキバが現代パートでも登場するのでしょうかねぇ?

今のままでも結構強い登大牙=サガ
今回はなんとサガの親玉「マザーサガーク」まで登場させます!
「ククルカン」以来の巨大浮遊物です。

またてっきり飛翔態になってくれると思ったのですが、今回はザンバットソードで一撃。
そんなに強いのか?!ザンバットソード!!!
そんなに弱いのか?!マザーサガーク!!!!

ま、強いのは制作部の上司で、弱いのは費用面…ってとこかねぇ。
CG制作は高いし…。


紅渡は、誰とも友達にならない、一生家から出ないって感じでしたが、今回のうちに打破して自分らしく生きると元通りになりました!
これでやっと色々なことが元通りになって最終戦に立ち向かえるようですね。
良かった良かった!

でも、まだ7話くらいはのこっていますから最終戦には早いですよね。
どうやって繋げるのか。

伏線とか謎とか残されたところを解明していくのかな?
残る謎は…、麻生恵の父親は誰?とかかね?


最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。