OPUS MAGNUM

音楽、映画、漫画、車、デジタル機器などなど…ネタがあれば随時記載~。

エレコム、史上最小クラスの超小型Bluetoothレシーバ

2016-11-28 08:13:16 | グッズ
エレコムは、イヤフォン出力を備えたポータブルBluetoothレシーバ4製品を12月上旬より発売する。
ラインナップは、2.8cm角で史上最小クラスの「LBT-PAR01AV」、細長いペンスタイルで通話用マイクも内蔵する「LBT-PAR02AV」。
それぞれイヤホン付きも発売される。


エレコムから小型のBluetoothレシーバーが発売されるようです。
今までもBluetoothレシーバーは存在しましたが、今回発売されるのは本当に小型のBluetoothレシーバー。
付属のクリップで胸ポケットに付けておいても邪魔にならないくらいです。

iPhone7の発売で徐々に増えだしたBluetoothイヤホン。
とは言っても、まだまだ有線イヤホンの方が多い事は確か。
有名メーカーでも1、2種類出てれば良い方くらいですからねぇ。

その中でどのBluetoothイヤホンにするかは非常に迷うところ。
機能や形で選ぶ程度で、音質などで選べるような状況ではないですからねぇ。
もちろん、今どきのBluetoothイヤホンはそんなに音質が悪くはないですけど。

そういう人には、Bluetoothレシーバーが良いのかもしれませんね。
気に入ったイヤホンを使って聴くことができましし。
手持ちのイヤホンが無駄になりませんし。

まぁ、音質に関しては今まで通りというわけにはいかないかもしれませんけどね。
D/Aはレシーバーが行うので、少なからず今まで通りかと言うと不明です。
iPhoneのD/Aと比べて違いがあるかもしれませんし。

でもまぁ、イヤホンが一番音質を左右することは確かでしょうからねぇ。
密閉型だとフィット感とかありますし。
レシーバーを使えばヘッドホンもBluetoothで聴けますし。

ただ、小型化で気になるのはバッテリのもち。
このレシーバーは、2時間充電で6時間ほど聴けるそうですが。
まぁ、通勤や通学なら2、3日に1回充電くらいですかねぇ。

個人的にはこの小型Bluetoothレシーバーを1つ買おうかと思っています。
今後、iPhone7に変えたらBluetoothイヤホンを使用するつもりですが、そのBluetoothイヤホンのバッテリが無くなった時の非常用に考えています。
Lightningでイヤホンジャック変換も良いですけど。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。