まっすぐ進め~

水泳コーチ岡本の日記
勝手な自論ご勘弁

いい書との出会い

2017-01-30 17:12:06 | 日記
いい書との出会いは、確実に己を見つめ直させてくれる。
私は自分が出来た人間ではないとわかっている。
いろいろ改めようとするが、なかなか叶えられない。
だから私はよく本を読む。
本を読んで成長できたらいいのだが、正直いってダメな自分にブレーキをかけているようなものである。
今日見つけたこの本は
汚れた心を洗ってくれる。
コメント

ひまわりが咲いてきた

2017-01-28 18:36:59 | 日記
意識の持ち方が変わったことが、記録につかなってきた。練習は正直でした。
ちょっとだけホッとした(*^_^*)

でもまだ終わったわけではない。
さらに上げなければ。

他のメンバーもついてこい‼️


コメント

出会い

2017-01-25 22:13:48 | 日記
稀勢の里の言葉

前代師匠と出会わなければ
今の私はない

素晴らしい

コメント

クミちゃんは今どうしてるのかな

2017-01-25 21:41:33 | 日記
それは私が20歳の頃
勤務先のスイミングスクールに盲目の女の子が入会してきました。名前はクミちゃん。

えーっ‼︎誰が担当するの?と思っていたら、何と私が教えることになりました。

生れながら目が見えないクミちゃんは、当然プールの形など何もわからないし、スクールとしても盲目の子を誰も教えたこともありません。

そこで私は、とりあえず一緒に水中に入り、彼女の手をとり壁に触れながらプールを一周しました。次に何をしたかもう覚えていないくらい必死でした。

クミちゃんは一人で泳げるようになりました。
しかし距離がどこまでなのかわかりません。つきっきりだった頃は私がここだよと教えていましたが、一人ではどうしても通り過ぎてしまうので、結局私が止めにいかなくてはならず、あっち行ったりこっち行ったりして指導していました。

そんなとき、ある一人の男の子が 「みんなで止めてあげよう‼︎ 」と提案してくれました。
それからは彼女が近づいてくると、みんなが手助けしてくれるようになり、クミちゃんも私も困ることがなくなりました。

その後私は異動となり、彼女の指導は他のコーチに引き継がれました。

約一年後、前のプールを訪ねて行ったとき、偶然クミちゃんが泳いでいました。
私は思わずプールサイドに飛び出し、彼女の名前を呼びました。

クミちゃん
誰がわかる?

・・・岡本コーチでしょ
だって声でわかるもん。

そして彼女は私に言いました。
泣いてるの?

ドラマのような
ホントの話

クミちゃんは今どうしてるのかな。
今でも私の声を覚えているだろうか。
コメント

教え子たちの活躍

2017-01-25 08:59:46 | 日記
つい最近教え子がテレビに出ていた。
教え子と言っても、同じグループ内から移籍してきた選手だ。
彼女は高校最後に悔いを残したくないという理由で私の元に来たわけだが、もちろん厳しい条件を突きつけたうえで指導することになった。

このような移籍者は過去にも数名いたな。

会社を辞めて現役復帰の吉井、大学のラストと藤嶋、田渕、高校最後にと崎本、そしてこの柴崎
崎本は大学でも残りたいと言ったが、インハイチャンピオンの彼はそりゃ〜引く手数多。早稲田大学進学を私の方から勧めた。
このほかにも私が養父市の指定管理施設に勤務しているときに、大学最後にとある選手から電話があった。
彼女は日本選手権3位になった実力者だが、そのときの私は選手を見ることができる状態ではなかったので、熱い彼女を思いを受け止めてやれなかった。

テレビに出ていた教え子に感無量
私は選手と仲良くすることが苦手な方なので、現役時代はさぞかし厳しいコーチに感じただろう。
中には選手と関係が近く、指導以外の部分でも接しているコーチもいるが、私にはできない。

こんな距離感をもつ感じでずーとやってきたが、最後の砦として選んくれる選手がいることはコーチ冥利につきる。
指導に至らなかった日本選手権3位の彼女は、過去に半年間指導しただけだが、彼女いわく、コーチは怖かったけど、よくよく考えたら怒られなかったコーチは私だけで、指導内容が納得できたから頑張れたと言ってくれた。

そんな教え子たちの活躍を見聞きするのは本当にうれしい。
テレビに出てる!わーっ、大人の対応してる⁉︎でも少し変な気持ちだな。

コメント