「お気楽」のお気楽なコメント

山登りや山スキー・競技スキーの話題、日常の出来事を感ずるままのコメントで書き綴ってます。

乗鞍岳 山スキー(3月20日)

2009年03月24日 | 山登り
最近ホームページのUPが二重生活でいろいろ面倒なのと、ソフトの調子も悪いのでこちらのBLOGにてレポUPします。




今シーズンは転勤の影響もあって山スキーやる機会が激減。
1月以来久々の2度目の出撃で日程も3連休を利用して2日間取れることになった。

今回は九州から門サラさんが遠征してきて本格的な山スキーのデビュー戦となるので、行き先を考える・・
・景色が良くて
・楽過ぎず達成感のある場所
・悪天の場合はゲレンデにも逃げれる所
・比較的天候が安定している所
・積雪の心配が無く
・雪崩のリスクがあまりない比較的安全な所
等の条件を満たす場所で選んだのが「乗鞍岳」と「御嶽山」。
3000m峰も条件さえ良ければ登頂の満足感も得られるし・・
でも時期的にちょびっとキツイかな。。

なるべくいい思いをさせてあげたいですが、
果たして結果はいかに・・。

最初は20日に御嶽、21日が乗鞍の予定だったが同行者の都合で逆に。。
(だるるに感謝かな・・TAKUちゃん。。





まずは初日(3月20日)の乗鞍岳を。


20日は朝3:00に家を出発して乗鞍高原温泉へ。

予報は雨のち曇りのち晴れ。午後には確実に晴れそうだ。
7時に到着するもやはり雨。8時になっても結構な降り。。
車の中でフテ寝を決め込む。
9時過ぎると少し青空が覗くようになって、そろそろ動こうかとと思ってたら、
だるさんがテンション高めに・・「晴れてきましたよ!」、「上の駐車場も混んできましたよ!」
って言いに来たので駐車場に移動してモサモサ動いて準備。

スキー場の雪は雨の影響で雪の中に水たまり?まである始末
ま、雪は重重だが雨が上がったので良しとしなきゃ。。

11:00リフト3本乗ってスキー場最上部にて準備完了でやっと出発!


天気は快晴になって暖かい
既に何人か先行、団体さんのような人達もいる。

こちらもゆっくり登り始める。
やはり久々の登りはキツイ・・。
だるさんはとっとと登って行き、こちらは門サラさんとゆっくりペースで登る。



暑かった登りも位ヶ原あたりで風が強くなってきて、かなり涼しくなり、
景色もど~んと乗鞍がお迎えしてくれている


しかし・・山頂付近は雪煙が上がっており、かなり厳しそうだ。。




13:20避難小屋着



避難小屋からはまた風が強まってくる。


14:10 肩の小屋着


風がビュンビュンでかなり冷えてきたし時折ガスも・・。
まだ行けそうな気もしたけど、時間も遅いので残念ながらここで撤退。
登りでいっぱい見かけた人達はいったいどこへ??
ここまで登ってくる人は少なかった



凍りついた小屋の陰に避難して滑走準備

滑るのは久しぶりで不安だったが、すぐに慣れて快適ターン。
上部はカチカチだが中盤は硬めの雪に新雪も乗っかって滑り易く気分いい♪

3連休の初日だけあって続々と登山者が登って来る中変な滑りは出来ないな~
とか考えながら滑って行く


あれ?今回は滑走写真が無い・・・・
(ご覧になりたい方は門サラさんやだるさんとこをどうぞ)


高度が下がってくると雪は次第にモナカ気味になりジャンプターンで行ってみるが、そのうちトレースだらけで荒れた状況のモナカになるとお手上げ。
怪我しないような安全策の滑りに・・(たまにはマルハもいいでしょ



15:10 最後は出発地点のゲレンデTOPに出て、ついでにそのままリフト1本分の三本滝レストハウスまで滑って終了で休憩。


天気が回復して素晴らしい景色に恵まれた
登頂出来なくて残念ではあったが満足度の高い1日でした



この日は乗鞍のペンションに泊まって温泉に浸かり翌日に備える。


翌日御嶽山につづく。
(門サラさんとこにもUPされてます)



←ちょっと下がっちゃいました。応援でぽちっとよろしくお願いします。

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« やっぱ山スキーだね♪ | トップ | 御嶽山 山スキー(3月21日) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あの風は (問題サラリーマン)
2009-03-25 05:56:20
肩の小屋付近の強烈な風には驚かされました。
下が暖かかったので大丈夫だろうと思っていたら、あんなに寒いなんて。。。

雪山のシールでの登りはほんっと楽しいですね。滑りはもちろん楽しいし。景色最高だし、空気はうまいし(薄いけど)。

いろいろご配慮いただいて、おかげさまで本当にいい山行きになりました!!
ありがとうございました&またぜひよろしくおねがいします!!!
Unknown (お気楽)
2009-03-25 20:34:09
>門サラさん
独立峰の欠点は風が強いことですかね~。
山頂方面に雪煙が上がってたのでやはりって感じでした。
OPENバーンが楽しめるとこは景色や滑りが爽快だけど強風が欠点ですね。

こちらこそまたよろしくです♪
Unknown (まきchin)
2009-03-25 22:54:10
おお、肩の小屋まで行かれたんですね!いいなぁ~。
しかもあの大斜面の快適ターン、うらやましいです!! まきchinが行ったときは、モナカに撃沈でした・・・。
すばらしいお天気と景色、サイコウでしたね。

しかも翌日は、またも単独峰の御嶽ですね。
3月上旬と比べてどんな感じになってるか、興味津々です。レポ楽しみです!
Unknown (だるふぉ)
2009-03-25 22:54:21
朝の雨を思えば肩の小屋まで行けただけでもありがたや~ですね(笑)
仮にあの風に耐えながら山頂まで行くとなると肩の小屋から往復で1時間半から2時間ぐらいはかかりそうですね?
さむそー。
Unknown (takako)
2009-03-26 02:10:07
新潟県より、お天気の回復が早かったんやね。
御嶽山も頂上直下はアイスバーンだったのでは?
あたしもたまにはリッチにペンション泊やってみたいな~
いつもd氏のテントにお世話になってます。
Unknown (お気楽)
2009-03-26 18:14:49
>まきchinさん
天気回復して恵まれました。風はしょうがないですね。
位ヶ原までは大勢の人が登っていたけど皆さん山荘の方に行っちゃったようで、肩の小屋まで行った人はほんの少数でした。
雪は上は良かったけど下の樹林の横はヒドイ目にあいましたよ。
スキー場に戻ったらかなり楽ちんでした。
御嶽お楽しみに!
Unknown (お気楽)
2009-03-26 18:17:45
>だるさん
天気の回復もうちょっと早いと思ってたんでちょい焦ったけど晴れてよかったね。
実は山頂まで行く気は少しあったけど・・あの風だとね~・・。1時間半位あれば行けたんじゃないかな~。
Unknown (お気楽)
2009-03-26 18:20:35
>たかやん
新潟側っていうか日本海側は回復遅れたみたいだね。
御嶽はアイスバーンだったけど気温が上がったせいか強烈じゃなくてエッジもかかるアイスだったんで頂上まで板上げちゃったよ。
d氏テントはペンションより快適でしょ!?
なんか楽しくて過ぎちゃった方もいたようで(笑)

コメントを投稿

山登り」カテゴリの最新記事