世界一健康長寿のニライの風来坊

豊饒を齎す理想郷は海の彼方の蓬莱島!ニライの島夢郷!!その桃源郷を求めて南の風来坊は今日も迷走する。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小沢一郎氏の日本の政治に突きつけたハルマゲドン!

2010年08月28日 | Weblog

日本の政治への最終通告的命運を決する選挙戦である。単なる民主党

の代表選ではない。ましてや菅総理との対抗馬としての挑戦でもないし そうい

う次元の低い党内抗争の代表選(の範疇)でもない。・・・―― コップの中の争

い と 冷ややかに揶揄する野党や御仁も居るが<政治の裏表の奥深さを知ら

ない皮相的な見方>・・・ ―― 田中角栄元首相の 政治力学 を学び 金丸信

氏 の 政治手法 を踏襲して日本の政治に対する氏の“総仕上げの最終戦”で

ある。今日(こんにち)までの小沢氏の歩みが証明している。即ち、これまでの

小沢氏の 離合集散(破壊屋としての党新設・創設と破壊) の繰り返しは、今日

の代表選出馬までの布石であった。 いよいよ表に出て来たか、という感慨を

覚える。氏の<政治哲学>の最終仕上げとしての意義を持つ。政治家としての

【“最終仕上げ”と“総決算”】である。正に日本の政治に対する「ハルマゲドン」

である。そう捉えないと 大義 が成り立たない。・・・鳩山前総理と小沢氏が共に

「政治とカネ」で表から引退した所為・訳が、分からなくなり、意味・意義不明に

なる。政治アナリストも政治評論家も総じて、そういう論評をしている。小沢氏

の本音(真相)を知らない皮相的な捉え方での論評である。テレビの解説でも、

したり顔 で批判している。「政治とカネ」で、“嘘つき小沢” としてイメージ化さ

せている。そういうマスコミの世論操作?(誘導)を見落としてはいけない。喫緊

の「世論調査」の公表でも、その事が反映している。“小沢ノー”が定着してい

る。それは、マスコミの大罪の一端である。世界的不況、非常時に、この日本

の命運を任せられるのは小沢一郎しか居ない、私は、そう思っている。単なる

手練手管で短兵急に事を処する政治手法は、この日本には適応・適用できな

い。現代は戦国時代に匹敵する。正に世界的戦国時代である。織田信長的人

物の登場が要請される。その人物が<小沢一郎>である。偏見と独断での私

見だが、一度は、この国を任せてみるべきである。“日本の政治”を任せてみる

必要がある。

※付記:小沢一郎は、一貫した “政治姿勢” とブレない “政治哲学” の<持ち

   主>である。小沢一郎をやっつける事は誰でも出来る。そういう著書も出版

   され増版されている。世の中とは、そんなものである、と私は割り切ってい

   る。何れ「政治とカネ」の問題は、本人から説明されるであろう。「政治とカ

   ネ」が政治の目的ではないことを付け加えておく。“政策遂行”が<目的>で

   あり“実を上げる事”が<目的>である。「政治とカネ」の問題は、クリーン政

   治への一ステップである。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 小沢氏の代表選出馬は与野党... | トップ | 小沢党首誕生で党首と総理は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事