回覧板

ひとり考え続けていることを公開しています。また、文学的な作品もあります。

短歌味体Ⅲ 2453-2454 音色(おんしょく)シリーズ・続

2018年04月18日 | 短歌味体Ⅲ-4

[短歌味体 Ⅲ] 音色(おんしょく)シリーズ・続

 


2453
肌触れる音色が
冬から春
へと確かに流れ響いている

 

2454
日差し浴びるぬくもりの中
ぷちぷちぱち
と春が小さくはじけている

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 短歌味体Ⅲ 2451-2452 〈あ〉... | トップ | 短歌味体Ⅲ 2455-2457 いいけ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

短歌味体Ⅲ-4」カテゴリの最新記事