秋田マニア愛好会 (秋田県が好きであり、川反を元気にする団体)

一日一日を大切にし、暮らしや経済を活性化させることを1つの目的とする。

東京-新大阪の「のぞみ号」すべてが2時間30分以内に

2019-12-14 04:13:49 | 日記
 JRグループは来年3月14日にダイヤ改正を実施する。毎年のことではあるが、全国のJRグループはダイヤ改正を実施し、利用状況や経営改善を行い、ダイヤの適正化を図っている。

 東海道新幹線を走る「のぞみ号」のすべての列車が2時間30分以内で走行することとなる。ほぼすべて停車駅が東京、品川、名古屋、京都、新大阪と固定されていることや列車の統一化により、全列車の走行時間短縮につながっている。

 同新幹線ののぞみ号は現行、1時間で最大10本の運行であるが、ダイヤ改正で最大12本の運行となり、5分間隔の運行となる。のぞみ号の輸送力は増すこととなり、航空との競争にもさらに優位に立つこととなる。

 同新幹線はJR東海が経営していて、利益の8割以上を叩き出している。経営資源の多くを同新幹線に注ぐことで、さらに利益を増すことに全力を挙げているといっていいだろう。
コメント   この記事についてブログを書く
« 大塚家具がヤマダ電機の子会社に | トップ | 東北新幹線・新青森-東京で... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事