新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

春近し    その1(マキシラリア) 追記します

2017-01-30 03:42:22 | その他の洋蘭



まだ1月25日で、大寒を過ぎたばかりである。

が・・・・。

この最も寒さが厳しい時期だと言うのに、植物たちはすでに春を迎える準備を始めている。

このマキシラリア。

元々寒さには強い品種なので、このようにたくさんの花芽を伸ばし始めている。

花は「春蘭」に似た感じで咲く。

が、花芽の付きは至ってよく、ざっと数えたところ「40個余り」もある。

一部三角形をしているものがあるが、これは「新芽」です。

あと2品種あるが、置いてある場所が違うので写せなかった。

人間は「寒い、寒い」と言っていても、植物たちはもう春の兆しを感じているのです。

2017.01.25.






追記と画像です。





ここは東に面した屋外の雨の当たらない軒下です。

風もあまり当たらないところではあるが、冷え込むとー4度くらいにはなるかも。

今年は今のところー3度くらいになった日があるくらい。

で、左上にあるのは「マキシラリア・ピクタ」です。


真ん中の背の高いのは「姫竹葉セッコク」で、鉢を含めると高さは80センチ近くもあります。









マキシラリア・ピクタ。

5号の鉢にあふれかえっているが、このまま育てます。

すぐに乾いてしまうので、今年は何か対策を立てる予定でいます。

将来的には、鉢を覆い隠せるように育てるつもりでいます。

よく見ると、こちらにもちらほらと花芽が見え始めています。











大きくなり過ぎて手を焼き始めてしまったこの「姫竹葉セッコク」。

マキシラリア・ピクタ同様、去年は屋内に収容していました。

それがいよいよ置き場に困るようになり、止む無く屋外組に。

ある程度のダメージが出るのは覚悟していたが、今のところは大丈夫そう。

「上手く育たない」と言う人もいるが、我が家では育ちすぎで困っている。

特別何もしていないのに、何故か勝手に大きくなってしまう。

この姫竹葉セッコク。

開花習性はかなり変わっているかも。

私も初めは咲かないのでどうすれば咲くのかと思っていたところ、4年くらい前の古いバルブに蕾が付くことが判明。

なので、これだけ大きくなっても、花はぽつぽつとしか咲きません。

最初に咲いたのは買ってから3年目。

今年で5年目なので、今年は少し多く咲くかも。

買った時は高さも30センチほどだった。

それが今では70センチを超えるほどに。

まだまだ大きくなりそうな予感が。

これ以上大きくなったらどうしよう。


嬉しい悲鳴です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬咲きクレマチス | トップ | 保険を掛けることに »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ジュメ)
2017-01-27 15:26:02
こんにちは~♪

何々この花芽の出かたはマキシラリマキシラリア?

それともポルフィロステレア マルギナータ?

他に2種類あるんですか わあ~い楽しみです


すみません (ジュメ)
2017-01-27 15:32:01
いま読み返してびっくり・・・

何々この花芽の出かたはMaxillaria marginata(マキシラリア マルギナータ)?
それともMaxillaria. porphyrostele(マキシラリア ポルフィロステレ)?
他に2種類あるんですか わあ~い楽しみです

と、書いたつもりです 笑って笑って~
ジュメさん (へそ曲がりおじさん)
2017-01-27 22:39:26
私もよくやるので笑えません(苦笑)。
これは初めから名札は付いておらず、「マキシラリア」としかわかりません。
後の2種は「ピクタ」と、小型の名無しさん。
「ピクタ」は10年以上前に買ったもので、5年前の長期入院中も真冬の屋外で過ごした強者です。
その時に半分くらいダメにしてしまったが、そこからまた復活。
近いうちに画像を載せるつもりだが、今も風のあたらない屋外の軒下に吊るしています。
6号の鉢にあふれかえっているので、屋内に収容するスペースがないのです。
ついでなので。
ジュレさんとところで作落ちしたという「姫竹葉セッコク」だが、我が家では育ちすぎで困っています(笑)。
去年までは屋内に収容していたが、ピクタと一緒に屋外にいます。
これもピクタと一緒に紹介します。
昼間見てみたが、今のところ異常は見られない。
マイナス3度くらいまでは大丈夫かも。

コメントを投稿

その他の洋蘭」カテゴリの最新記事