新へそ曲がりおじさんの花便り(旧へそ曲がりおじさんの、へそ曲がりなオカヤドカリ飼育法)        

わけあってリニューアルオープンします。オカヤドカリの飼育はやめたので、花便りがメインになります。

かろうじて生き残っていた「白花タイツリソウ」

2018-05-12 23:38:51 | 山野草



今年は消えてしまったと思っていた「白花タイツリソウ」が、たったこれだけだが生き残っていた。

が、何とも頼りなげな感じなので、来年は消えてしまうかも。








赤花はすでに盛りを過ぎているが・・・・。









これは同じ仲間の「アメリカコマクサ」。


日本のコマクサと近縁らしいが、こちらはいたって丈夫で、秋遅くまで咲いてくれる。


簡単に種ができるうえに、その種でよく増える。








ネット上では「半日陰でないと」と書いてあるが、ここは日当たり抜群で、夏は灼熱地獄にもなる。

そう、真夏の日中では「10分もいるとめまいが」というところなのに、そんなことはお構いなしに生えている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« また買ってしまったが・・・・ | トップ | 期待のし過ぎ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山野草」カテゴリの最新記事